読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公開質問状に回答せよ

サンクチュアリは、家庭連合に2月5日を回答期限とする公開質問状を送りました。
「真のお父様はご聖誕時には原罪がおありだったのですか。」

回答に注目が集まります。もし、無視するのならば、公開討論会で家庭連合は、失格です。不戦敗です。反則負けです。

そして、回答があった場合、もし、Yesならば、家庭連合の存在自体を根底から破壊することになります。もし、Noならば、お母様の発言を完全に否定することになります。

おそらく、まともには回答せず、引き延ばしたり、
論点をすり替えたり、誤魔化したり、と姑息な手を使ってかわそうとするのではないでしょうか。

今までは、真の御父母様は一体です。地上でお母様のなさる言動は、霊界のお父様の意思でもあるのです。と誤魔化していました。

今度は、信仰の対象がお父様からお母様に移っただけですよ。メシアに救われることには変わりはないですよ。お父様を解放するための独生女なんだから。とでも言うのでしょうか。

でも、騙されてはいけません。お父様への不信は大罪です。

真の神の日の亨進二代王様のみ言と質疑応答、その内容が伝わって来る前に、深刻さが先に届きました。左翼が忍び寄って来ています。注意しなければなりません。そして、私たちは、騙され易い存在なのだということを自覚しておくことも必要ではないでしょうか。例えば、下記の問題を2問とも正解できる方は、少数派では、ないでしょうか。


(問題1)
ナポレオンは、毎週日曜日になると緑色のズボンつりを使用していました。では、なぜ、ナポレオンは、毎週日曜日になると緑色のズボンつりを使用していたのでしょうか。
(答えは、次の問題の下方にあります。)


(問題2)
ある日、口のきけない人が歯ブラシを購入しようとして、歯をみがくジェスチャーをすると、店員に上手に伝えることができ、歯ブラシを購入することができました。別の日に、目の見えない人が、自分の目を隠すためサングラスを購入しようとしていました。彼は、どう表現すれば、店員に上手く伝えてサングラスを購入することができるのでしょうか。
(答えは、文末にあります。)(ズボンつりを使用しないと、ズボンがズリ落ちてしまうからです。曜日も色も関係ありません。)


歴史を通して、どれほど多くの聖人・義人・中心人物がサタンに翻弄されてきたことでしょう。騙そう、誤魔化そう、とする悪の主体は、人間の弱点を知り尽くしているサタンであることを忘れてはいけません。むしろ、私たちは騙され易い存在なのだと謙虚に受け止め、サタンと戦う際には、お父様とひとつになって立ち向かって行くしか勝ち目はないと思います。(普通に口頭で伝えます。)
by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

自由を尊重すべし

昨日、名画「着衣のマハ」「裸のマハ」をサンクチュアリカテゴリーで載せましたが、眉をひそめる方もいらっしゃっただろうと思います。

公共言論においては、情報提供者の表現の自由を保護することは、その情報を害悪とみなしている人の権利を侵害し、公共の風紀を乱す場合があります。

では、誰が基準を決め、違反の判断をし、対策を実行すべきでしょうか。難しい課題です。

サウジアラビア人からすれば、着衣のマハですら、害悪情報となるでしょう。

では、人類の至宝であるミケランジェロダビデ像を扱う場合、腰にモザイクを掛けた写真とすべきなのでしょうか。芸術の冒瀆にはならないのでしょうか。

私の意見は次の通りです。「インターネットにおける表現の自由は、可能な限り認めるべきで、規制するとしても最小限に留めるべきである。」

よって、中学高校の教科書に載っている程度の写真なら、インターネットにアップしても問題なし。と言う考えです。これも規制するのは、むしろ、自由を抑圧する弊害の方が大きくなると思います。

ただし、「自由を尊重すべし」の支持者が、問題提起のためとはいえ、前回アップした件で、不快感・嫌悪感を持たれた方がいらっしゃることも把握しております。この場を借りて、お詫び申し上げます。

自由と責任については、さらに重いテーマであり、取り違えると大変なことになってしまいます。

スターリンの時代にも、自由と責任はありました。
スターリンに対する拍手を続けるか止めるかは、各自の自由です。ただし、最初に拍手を止めた方には、粛清によって責任を取っていただきます。という笑えないブラックジョークになってしまいます。

まだ、フルシチョフ時代のジョークの方が無難です。

ある男が、モスクワ赤の広場
「フルシチョフは、知能が低い。」と叫びました。
彼は、直ぐに逮捕され、裁判で懲役30年の刑を言い渡されました。内訳は、
国家元首侮辱罪で5年、
国家機密漏洩罪で25年。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

魅力的な日本

日本は、
f:id:hamamatsu3000:20170129004739j:plain


ただでさえ、魅力的に映ります。
f:id:hamamatsu3000:20170129004907j:plain


堕天使の目からは、こう見えます。
f:id:hamamatsu3000:20170129005000j:plain


だから、神の武具で身を固めよう。
f:id:hamamatsu3000:20170129005054j:plain


今回は、自由と責任、公共言論、表現の自由、におけるテーゼです。別に哲学用語を持ち出して煙に巻こうと言う意図はありませんが、アンチテーゼのある方は、どうぞ。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

地動説から新天動説に変わる時

天基八年、明けましておめでとうございます。

突拍子もない題名を付けて何が言いたいのだ。と思われたことでしょう。

パラダイムシフトと言う言葉があります。ウィキペディアによる説明は、次の通りです。
「その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。」

典型的な例に地動説の登場があります。

それ以前の常識は天動説であり、宇宙の中心は地球で、地球の周りを太陽が回っているという考え方です。

コペルニクスは、宇宙の中心は太陽であり、太陽の周りを地球が回っていると言う地動説を唱えました。

この影響力は大きく、キリスト教の教義を元にして、地球や人間を中心に捉えていた常識を崩すことになりました。教会の権威が揺らぎ宗教改革の土壌となりました。また、人間は特別な存在と言う立場から降ろされ、猿から進化した存在と見なす進化論につながりました。

私たちは、統一原理に出会うことによって、
人間は天宙の中心存在であり、太陽などの万物は人間のために創造された被造物であることを知りました。

統一原理を世界に広め
人間の周りを天体などの万物が動いていること(新天動説)、宇宙の中心である人間は特別な存在であることを伝え、世の中の常識を覆す後天時代のパラダイムシフトを起こしたいと思います。

1月7日 王の報告の中で、姜賢実先生が語られました。
「お父様は今日、ここに、私たちとともにおられます。お父様とともに、私たちは成し遂げることができます。ここにおられる皆さん、最前線に立って、アメリカを変えましょう、サタン世界を変えてきましょう。」

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

本日天気晴朗ナレドモ波高シ

明日、天基八年を迎えます。

ところで、タイトルは、司馬遼太郎作「坂の上の雲」の主人公となった秋山真之中佐が、日露戦争日本海海戦直前の連合艦隊出動時に大本営へ送信した打電文です。

短い文の中に、天候状況と出撃準備完了の報告、更には、機雷を使わず、砲撃戦になるだろうという作戦展開予想まで伝えています。

これが通説です。しかし、百年以上前の打電文が現代に伝わることに、何か深い意味を感じ、こじつけですが、強引に解釈してみました。

本日は日本を、天気は天基を連想します。八の形は高波のようです。

それで、「日本は天基八年に霊界晴々天運到来となって激動期を迎えるでしょう。」

「沈黙を破って」から、わずか2年です。

昨年2月13日から、1年にもなりません。

摂理の進展は、時進週歩です。

天基八年を迎えるにあたり、意識して行きたいヨナ王妃様のみ言をFollow My Heartさんブログより見つけました。

「私の柔術に対する動機は、お父様でした。お父様が大変、柔術のある動きが好きなのを覚えています。お父様は私のオーナーです。これが私の最初の動機です。」

天基八年は、お父様を最初の動機とするような発想を心掛けて行きたいと思います。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

トランプ大統領のために祈りましょう

天一宮入宮式、大統領就任式、と無事に行われ、一息つく間も無く、天基8年の幕開けが目前に迫って参りました。お父様と絶対善霊が、ますます強く風を送ってくださっているようです。

マクロ世界における摂理的な中心がトランプ大統領であることに疑問の余地は、ありません。トランプ大統領のために祈って行きたいと思います。

そこで、アメリカ大統領を身近に感じ、祈りやすくなればと思い、大統領に関するジョークを紹介します。緊迫する摂理の最前線を歩まれるサンクチュアリ食口の皆様にとり、日々のストレスを癒し、また本格的ブログを読まれた後のリラックスタイムとなることを願っています。

ーーーーー
ジョージ・ワシントン

先生: 「ジョージ・ワシントンは、彼の父親の桜の木を切り倒しただけでなく、自ら切り倒した事を認めた。では、ルーシー、なぜ彼の父親は息子を罰しなかったのでしょう?」
ルーシー: 「はい!ジョージが手に斧を持っていたからです。」
ーーーーー
アブラハム・リンカーン

父「アブラハム・リンカーンがお前と同じ年のころ、暖炉の明かりで本を読んで勉強していたんだぞ」
息子「リンカーンがお父さんと同じ年のころ、アメリカ合衆国の大統領だったけどね」
ーーーーー
ロナルド・レーガン

ロナルド・レーガン「私はアメリカ大統領としての資質をすべて備えている。
第一に抜群の記憶力、
第二に・・・えーっと、何だったかな?」
ーーーーー
ブッシュ・ジュニア

ブッシュ大統領の記者会見で,記者団が質問した。
「それで,大量破壊兵器が存在する証拠はあるのですか」
「もちろんだ。米国の企業に領収書が残っている」
ーーーーー

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

サンクチュアリ川柳

もともと硬派とは言えない当ブログですが、今回はコーヒーブレイクと致します。最近は、ハードパンチ記事を連発される本格的なブログが林立していますし、特に、ここ一両日は一触即発のような緊張感すらありました。そこで、皆さまの憩いのひと時、息抜きになれば、と思ったしだいです。(こんなのん気なことを言っていると、江利川会長の公開礼拝の動画をご覧になった方から、お叱りを受けそうですが、・・)

まずは、一般社会の「サラリーマン川柳 歴代1位」からご覧ください。

http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/archive/

次に、サンクチュアリ川柳 10連発をどうぞ。

サンクチュアリ、分派じゃなくて、本流だ」

「亨進ニム、まるでお父様だと、皆思う」

「国進ニム、初めて立てた、カインの基準」

「姜先生、不屈の信仰、シックの鑑」

「サタンから、日本を守る、メスライオン」

「善霊は、ペンシルベニアへ、大異動」

アベルだと、信じていたら、詐欺集団」

「聖書にも、ないこと語る、独生女」

安楽死、一歩違えば、殺人罪

大本営、真の父母は、一体です」

(注)かって、お父様が江利川会長をメスライオンのようだ。と褒められたことがありました。

by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村