読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論理学的な考察

すでに①という結論を出している者が、今さらですが、客観的且つ一般的に論理学的な考察をしてみました。(厳密な思索をした場合、議論の余地があることは認めます。ただ、こうした分析・思考をする者もいることの紹介も含めて書きました。)始めに4つに分類…

国家存亡の霊的支柱

お父様は、かつて「統一教会は国家存亡の霊的支柱である。」と語られました。江利川会長が徳野会長に「会って話し合いましょう。」と言うと「絶対に会いません。」と応えたと聞きました。文字通り話にならない言動です。もし、サンクチュアリが間違っている…

人は見かけによらぬ者

トランプ大統領が正式に誕生します。選挙戦序盤では、彼はマスコミを騒がしており、どこか、うさん臭い感じで見ていました。亨進二代王様から彼こそ神様が準備された大統領候補だと教えていただいて、彼を見る目が一変しました。復帰摂理歴史を通し、神様が…

トランプ大統領就任式を目前にして

天一宮からの亨進二代王様による毎朝の「王の報告」は、トランプ大統領が無事に就任式を迎えられるよう身の安全を願う精誠条件でもあるとお聞きしました。日本では、江利川会長を先頭に全体が4300双に向かって戦っています。私たちが天運に乗る秘訣は、…

同時通訳に挑戦しましたが・・

本日、王の報告のライブ映像を見ました。 視聴者数は約百名でした。地上に70億人の人類がいて、再臨主の正式な相続者が渾身のみ言を最も普及している英語で語ってくださっているのに、リアルタイムでは一握りの者しか見ていないことに申し訳ない気持ちにな…

固定観念を打破しよう

1月13日 王の報告(ファンクラブさんブログより)「神様はいつも人を愛しています。しかし、彼は、罪人を憎んでいます。それは、罪人は、道徳を持たない代理人だからです。彼は、邪悪であることを選んだのです。だから、神は罪だけを憎むのでなく、邪悪を…

メシアに褒められた名物男

太った体型と強烈な個性で、数回講話を聞いただけでも、しっかり印象に残ってしまうH本部長という名物男がいました。ある日、お父様が彼の顔をジックリ見ながら 「君は、いい顔をしてるね。」 とおっしゃいました。 「皆さん、メシアから、いい顔してるね。…

パウロ、マッカーサー、パクポーヒ

今回の記事は、個人的な意見です。キリスト教の基礎を築いたパウロは、ヨーロッパを股にかけた大活躍をされました。神様は、再臨主が公生涯を出発する際に、パウロ的人物としてマッカーサーを準備されました。フィリピンからオーストラリアに落ち延びる際に…

ユーモアのお手本

1月8日 亨進二代王様説教より「(姜)夫人を迎えることは大きな恵みであり、間もなく二階に上がるリフトなどを用意して(天一宮で)共に暮らす予定です。訓読会の後に「聖霊」が登っていく様子を中継しましょうか。(笑)」「毎朝訓読会を共にして「聖霊の…

日本におけるメシア再降臨準備時代

今回の記事は、個人的な意見です。摂理の中心史であるキリスト教において、メシア再降臨準備時代は、1517年ルターの宗教改革から1918年の第一次世界大戦終了までです。日本史は摂理的には周辺史のためタイムラグがあり、メシア再降臨準備時代は、戦…

姜賢実先生のお話を拝見して

姜賢実先生の日本語によるお話を拝見しました。 明晰な頭脳から流暢な日本語で語られる絶対信仰と心情世界は見る者に感動を与えます。「この方が認知症ですって、何かの間違いじゃないですか。」と言う感覚です。お父様も亨進二代王様もヨナ様も姜賢実先生も…

本人も気付かぬ秘められた能力があるはず

数年前に高校の同窓会に参加しました。 その時、旧友から「おまえは、典型的な理系人間だったよな。数学や物理は、少しセンスあったけど、国語や歴史は、全然ダメだったよな。」と言われました。「おいおい、そこまでハッキリ言うか。」と答えて笑い合いまし…

監獄からの大脱走

2017年1月8日 亨進二代王様礼拝説教にある「韓国からの脱出劇」は将来必ず映画化されるスリリングなストーリーだと思います。「姜夫人は「友達に会いに行く」とかなんとか言ったと言います。そうしてソウルの南に至りました。それを家庭連合はGPSで…

信仰とは

大上段に構えたタイトルで若干恥ずかしい気持ちもありますが、自戒の念も含めて考えてみました。まず、新約聖書ヘブル人への手紙に信仰に関する聖句があります。◼️「信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである。」一般論…

戦艦大和、魚雷命中、傾斜復旧見込み無し

家庭連合で、お父様有原罪誕生発言が炸裂しました。ついに、事ここに至りました。家庭連合の一般食口の皆様は、一刻も早く救命ボートに乗り移ってください。セウォル号が転覆した後では脱出できません。墜落している航空機が高度100mになってからでは、パラ…

真のご家庭のお写真を拝見して

サンクチュアリNEWS「【フォト】2017年1月1日天一宮入宮式PART2」 にアップされていた写真の下から2番目に目が釘付けになりました。その神々しい本質的な美しさに見とれてしまいました。表情も配置も最高です。神様と一体化されているお父様(正)を…

70年の時を超えた同時性を期待して

今回の記事は個人的なインスピレーションです。イエス様の時代に天は洗礼ヨハネを準備されました。洗礼ヨハネは旧約時代を通して最高の信仰基準と能力を備えた人物でした。時は流れ、お父様は1945年に再臨摂理を出発されました。その時、天は金百文牧師…

亨進二代王様の「王の報告」が始まって

洋介さんのブログを少しのぞくと、鬼気迫るみ言に圧倒されます。み言の洪水が押し寄せて来ました。み言の火炎放射器が悪を焼き尽くします。み言の審判の時代です。男性の子女様は、どなたも迫力あるお話しをされましたが、お父様と一体化されている亨進二代…

太田講師の勘違い

真の父母様宣布文サイトに太田氏の動画がアップされていました。サンクチュアリ教会問題に、『2012年1月19日の「宣布式」の真相―「真のお母様は堕落した」という批判に対する応答』の映像(26分)を掲載しました。都合良くお父様のみ言を取捨選択してお母様…

全自動同時翻訳機ができたらいいな

いつも、翻訳してくださる皆様方の多大なるご苦労に感謝します。現在は翻訳者の方々のひた向きな努力にもかかわらず、それを越える膨大なみ言が英語と韓国語で押し寄せて来ています。ドラえもんのポケットから全自動同時翻訳機が出てきたら解決ですが、こん…

最終的には本人の決断

韓氏オモニは、12月25日には教会幹部16人に対し、12月30日には元老指導者約100名に対し、 「アボジは原罪をもって生まれました。」と語られました。(シャボン玉さんブログなど)家庭連合は、もはや隠すことも、ゴマかすことも、できなくなりました。韓氏オ…

新時代の幕開けに同参した感想と要望

ファンクラブさんのブログを通し少しだけ、天一宮入宮式に同参させていただきました。感動と共に、多くの目新しい事に驚くばかりでした。まず、ユーチューブなのにライブブロードキャストとなっていました。本当にリアルタイムの実況中継かと疑うほどクリア…

荒野路程を終えて新時代に向かう時

紀元前1600年頃モーセはピスガの頂からヨルダン川の彼方に夢にまで見た約束の地を眺めてモアブの地で死んだ。モーセの遺志を継いだヨシュアとカレブがヨルダン川を渡ってカナンの地に入った。そして、3600年の時が流れお父様は指折り数えて待ち焦が…

裸の王様(家庭連合編)

実に、示唆に富んだ、哀愁感漂う、風刺の効いた、啓示的な童話です。ウィキペディアのあらすじを紹介します。 ーーーウィキペディア引用開始ーーーある国に、新しい服が大好きな、おしゃれな王様がいた。ある日、お城に二人組の男が、仕立て屋という触れ込み…

魂を揺り動かすクリスマス礼拝

2016年12月25日クリスマス礼拝-文亨進二代王/姜賢實先生何と表現すれば、いいのでしょうか。 間違いなく、歴史に残る礼拝だと思います。お父様の神霊に満たされ、 クリスチャンの霊的役事を感じ、 魂を揺り動かされる感覚です。時を超え、 イエス様…

天一宮入宮は驚天動地の摂理歴史的大事件

お父様が、亨進二代王様を通して姜賢實先生に 「おまえは、少しも変わっていないね!」 と声をかけられました。江利川会長は、クリスマス礼拝で、 「先生が語ったことがあるだろう。」 というお父様の御声に導かれたと証しされました。ますます、サンクチュ…

姜賢実先生が戻られた意義に関する考察

韓氏オモニのクーデタによりお父様の基盤は全てサタンに奪われ、相続人である王子は追い出されてしまいました。想定外の中の想定外、神様にも想像できなかった状況で、亨進様・国進様が勝利されたことは、奇跡的な出来事でありました。本妻と基盤を全て失っ…

今年一年を振り返って(個人路程)

個人的な出来事に関して、今年一年を振り返ってみれば、トップは脳梗塞による2週間の入院でした。後遺症なく無事に退院でき、現在は元気に歩ませて頂いております。3年ほど前、当時所属していた家庭連合のS教会長が脳出血で入院されました。私と年齢も体…

現代史の学習の薦め

トランプ氏が過半数の選挙人を確保して正式な次期大統領となりました。懸念事項のひとつが解消され少しだけホッとしました。 もしもヒラリー候補が当選していたら核戦争になっていたと亨進二代王様が教えてくださいました。キューバ危機以上の緊迫した状況を…

今日のホームページから

本日、日本サンクチュアリ協会の公式HPを開くと、いくつも大きなニュースがアップされていました。 ひとつ目は、神山威元会長聖和の記事がありました。ご冥福をお祈り致します。神山会長は率直な方で、お父様にとても愛されました。日本統一運動のアベル型革…

信仰者の美学

マタイ福音書 7:13 「狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。 命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない。」この聖句は、私にとって信仰的戒めとなって心に残っていま…

安楽死問題とは殺人未遂事件なのか?

小冊子「真のお父様の涙」P.53ーーー引用開始ーーー 当時には真のお父様には意識があったといいます。目も開けているときもあったそうです。ところで韓鶴子オモニは真のお父様の安楽死を強く推進しました。 霊媒キム・ヒョナム(金孝南)は霊界で真のお父様…

最終一体圏の背後に存在した秘密の約束

小冊子「真のお父様の涙」P.45「天暦2010年5月15日、その日が重要です。早朝3時25分、これがお母様とお父様が最後に宣言した秘密文書です。それは夜昼の神様も知りまん。・・・ (説明)これはとても重要な御言です。2010年5月15日午前3時25(35)分にお母様は…

混乱する家庭連合の神観

小冊子「真のお父様の涙」P.38より「真のお父様も天の父母様という用語を何度か使われました。・・・家庭連合で使用している天の父母様とは、父なる神様と母なる神様がおられるという意味になります。即ち、男性神と女性神、二人の神様がいるという話しです。…

小冊子「真のお父様の涙」を手にして

世界平和統一聖殿 韓国協会 で発行された「真のお父様の涙」の日本語版を入手しました。小冊子ですが製本された紙媒体のみ言を訓読することは久しぶりだったので貪るように読み耽りました。印象に残った箇所を、いくつかご紹介します。P.22 「李妍雅様が、責…

霊界晴々・天運到来・栄光在天

三代王権・サンクチュアリ教会、真の御父様に帰ろう!ブログの「懇談会最後の死線マルスム」を思い起こしながら、息が詰まるような深刻な気持ちで早朝より開票速報を見始めました。亨進二代王様は、おっしゃいました。 「イサクは100%死ぬ覚悟で祭壇に上りま…

最も長い一日を迎える前の最後の一日

その日を前に、イエス様はゲッセマネで血の汗を流して祈られました。ワシントン大会を前に、お父様は昼とも夜とも分からない程、集中して過ごされました。人は明日、霊界に往くことが分かっているとき、今日一日を真剣に生きます。いよいよ明日となりました…

悔い改めよ、天国は近づいた

マタイ福音書4:17 まさに今この瞬間、圧倒的存在感で迫ってくる聖句です。摂理が極限まで緊迫すると私は己の無力さを痛感します。そして悔い改めて無私の心情となり、お父様とひとつとなって、天運と共に前に進もうとします。でも、十分な基準における悔い改…

摂理史を賭けた3日路程

バルチック艦隊との日本海海戦に際し東郷平八郎元帥は、「皇国の興廃この一戦にあり。各員一層奮励努力せよ」とZ旗を掲げて全軍の士気を鼓舞しました。久保木修己名誉会長が、1968年に日本人として初めて430双の祝福を受けられた際に、お父様より「日本の情 …

一筋の光明

江利川会長の緊急報告に亨進二代王様のみ言(10月31日)が載っていました。「審判は来ますが、アメリカがヒラリーを選択すれば、全世界に審判が及び、市民にまで及んでしまいます。ヒラリーはロシアと闘おうとしています。6万もの核弾頭を持つロシアと…

日々の原理本体論

ブログ村サンクチュアリカテゴリ内で、意外な程、引用が少ない、韓国サンクチャリーの山口聖殿どのをご紹介します。 心に染み込む心情的な原理本体論の解説をしてくださり感謝しています。 ビジュアル的なセンスも高く一見の価値はあると思います。http://sa…

三代王権の主体は、アブラハム・イサク・ヤコブの神

今回の記事は、個人的なインスピレーションであり、根拠となるみ言を探すことはしていません。アダムとエバの堕落、ノア家庭のハムの失敗、と続き次は必ず勝利しなければならない三度目のアブラハムが、三種の献祭で失敗したとき、神様は茫然とされました。…

導火線点火で、カウントダウン開始

ヨイド敗訴で500億円の賠償金が決まったらしいとの情報が飛び交う中、ボストン教会売却を皮切りに、イーストガーデン・ベルベディアの売却検討に着手なる話も耳にしました。もしも、これらの内容が本当ならば、哀しい限りですし、素人目から見ても、この…

叩けば神様が扉を開いてくれます。

今日、ささいなことで、いい気分になれなかった! そのとき、ピンポイントに、 神様が答えを与えてくださいました。2016年9月18日 亨進二代王様説教「教化される王国」より「私たちは、真実を追求しなければなりません。真実を求めれば、神様が答えを…

訓読会の一つの形態

今回は、前回の記事の派生とも言える記事です。我が家は、オリジナル天聖経を1冊だけ所有しております。そのため、複数人で訓読会を行なう場合、以前は、ひとりがオリジナル天聖経を手に持ち声を出して訓読し、他の参加者は、聴覚のみで参加するという形態を…

テキスト読み上げアプリのおかげで

テキスト読み上げアプリのおかげで、み言に接する機会が増え感謝しています。本来ならば、毎朝5時に家族全員が祈祷室に集まって、オリジナルの天聖経を用いた訓読会を行うことがベストだと思います。しかし、様々な事情や環境により、ベストな実施方法が難…

ブッシュクラフトからイメージすること

亨進二代王様は、ブッシュクラフトを強調されます。皆様は、ブッシュクラフトと聞いて、どのようなことを連想されますか?例えば「メイン州でオーシャン・ブッシュクラフトを楽しむ亨進ニムの御家庭」このような表現から、多くの方は休日のアウトドアレジャ…

アジアのオリンピックと摂理

1964年 東京オリンピックで戦後復興を世界にアピールした。インフラを整備し高度成長期のスタートラインについて、エバ国として摂理を支える準備を開始した。1988年 ソウルオリンピックには、真の父母のもとに世界中の子女たちが集うという意味が隠…

日本が天一国となるシミュレーション

現実を見れば、絵空事にも思えそうなテーマを真面目に考えることは、当ブログの真骨頂とも言えます。今回は、SF小説のように・・2034年(信俊様 満30歳)世界を見渡すと数ヶ国が、天一国合衆国への加盟申請を検討する状況となっていた。遡ること10年前の2024…

7年間の大艱難について

亨進二代王様は、7年間の大艱難と語られています。悲惨なシナリオは、いくつも考えられます。 第二次朝鮮動乱、中台紛争、南海トラフ、世界恐慌などさて、原理講論より 第五章 メシヤ再降臨準備時代 第四節 世界大戦 (四)第三次世界大戦 (1) 第三次世界大…