読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖酒について

聖酒には何が入っているかといえば、父母の愛を象徴するものが入っています。そして血を象徴するものが入っていなければなりません。ですから、それを飲めば父母の愛と一体となり、また血と一体となります。このようなことが聖酒の内容なのです。それでは、聖酒はどのようにつくられるでしょうか。それは地と海と天を象徴し、全体を象徴するものからつくられた酒です。聖酒には三種類の酒が入っています。それ以外にすべての万物を象徴するものが入っています。これを飲むということは、霊的に生まれ、肉的に生まれることを意味します。
(『祝福家庭と理想天国Ⅰ』913ページ)

今回は、聖酒に関する仮説を論じます。

全ての食口は、聖酒は特別なものと信じています。

上記の、み言を素直に読めば、
聖酒には真のご父母様の愛と命と心情の
全てが込められ、
聖酒によって重生される、と理解できます。

ところで、亨進二代王様は、
お父様の精子について強調されます。

言うまでもなく、
私はお父様の精子の特別な価値を
100%信じます。

そこで、今回の記事の結論を申し上げます。
聖酒には、お父様の精子が含まれている
と信じています。
というよりも、「是非とも聖酒には、
お父様の精子が含まれていて欲しい。
と強く望んでいます。」
という表現の方が近いと言えます。

さらには、聖酒には、お父様の苦難の人生と
限りない愛情が込められています。
それを象徴するお父様の7つの体液、
すなはち、
精液・血・汗・涙・鼻水・唾液・小水
も含まれています。

お父様の精子を遺伝学的に受け継ぐ方は、
真のご子女様だけです。
お父様の精子に生理学的に
触れることが許された方は、
お母様と6マリアの先生方だけです。
それ以外の全人類に対して、
お父様の精子に物理的にあるいは象徴的に
触れる道を密かに開いてくださっていた。
と思います。

堕落人間が、お父様の精子
物理的に触れ合う機会は、
聖酒と聖巾しか考えられません。

このように考えた方が、むしろ合理的
ではないでしょうか。

by ロード
クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村