読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神を信じる有名な科学者

ある日、ニュートンは、太陽系の模型を上手な機械工に作らせた。その太陽系模型は、惑星を表す球体が実物そっくりに連動しながら軌道上を回るように作られていた。数日後、1人の無神論者の友人が彼を訪ねた。友人は模型を見るとすぐにそれを操作し,その動きの見事さに感嘆の声を上げた、「誰が作ったのかね?」。 彼は答えた。「誰が作ったのでもないさ。偶然できたんだよ。」 無神論者は言い返した。「君はきっと、私のことを愚か者だと考えているのだろう。勿論、誰かが作ったのに違いないが、その人は天才だな。」 彼はその友人に言った。「これは、君もその法則を知っている、遥かに壮大な体系のごく単純な模型に過ぎないものだ。私はこの単なる玩具が設計者や製作者なしに存在することを君に納得させることができない。それなのに、君は、この模型の原型である偉大な体系が設計者も製作者もなしに存在するようになったと信じている、と言うのだ!」 その友人は神の存在を認めるようになった。

アインシュタインも神の存在について、こう語っています。「今日の科学が神の存在を証明できないのは、科学がそこまで発展していないからだ。神が存在しないのではない。人間の五感は限られており、神の存在を感じることはできないからだ。科学も神の存在を否定はできないのであるから、われわれは神の存在を信じるべきである。」

そして、ガウスパスツールエジソンケプラー・・・神を信じる科学者は枚挙に暇がありません。


by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村