読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

激動の世界情勢を読み解くにあたり

激動の世界情勢を読み解くにあたり、軸とすべきは言うまでもなく亨進二代王様のみ言です。

https://nqj17437.wordpress.com/2017/04/12/危機的状況-トランプがトランプであり続けるた/

【危機的状況-トランプがトランプであり続けるために祈るべきです KINGS REPORT4月11日(火)】

この中で、ハッキリと教えてくださいました。

クシュナー、イヴァンカ、マクマスター、プリーブスがネオコン側・エスタブリッシュメント側であり、トランプ大統領やティラーソンに影響を与え取り込もうとしている。

シリアのアサド政権にサリンを使用する動機はありません。偽旗作戦です。撃つべきはアサドではなくISIS(イスラム国)です。

ロシアとグルだという非難を晴らすために戦争を仕掛けるなんて許されません。(参考、青山繁晴氏によれば、大統領選挙にロシアの関与があったという疑惑をFBIが調査しており、最悪の場合トランプ大統領弾劾となる可能性すらある。戦争が起きると米国民の注目は戦争に集中するので疑惑隠しのための戦争ではないかと噂されている。)

正しくないシリア空爆をしてしまったが、トランプ大統領を支持し続けます。トランプ大統領の良心が目覚めるように皆で祈りましょう。

ーーーーー

次に参考とすべきは、1日にして既に多くの方が紹介してくださいました。

馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第44回】



【概要+α】
キーワードは、イラン、ロシア、アメリカのネオコンです。北朝鮮を温存することはネオコンの政策であり、北主導の半島統一を狙っている。ネオコン共和党主流派)は反ロシア、トランプ大統領はロシアと協調、FBIの捜査はバノン降ろしフリン降ろしだった。シリア空爆ネオコンのガス抜き、ロシアにも毅然とした姿勢を取ることを示すため、敵であるロシアに事前通告して、シリアに限定的な空爆をした。プーチンはトランプ大統領からのメッセージを理解しており、表向きは非難反発はしても対立がエスカレートすることはない。ネオコンはロシアがアメリカに立ち向かわせるように仕向け、それを利用してロシアを追い詰めようといている。トランプ大統領もプーチンもその気はない。トランプ大統領からすれば、ネオコン共和党主流派)の協力を受けなければ、政策(オバマケアなど)を遂行できない。つまり微妙な国内事情のよる空爆であり、ネオコンに寝返るなどトランプ大統領の信念が変わった訳ではない、ギリギリの妥協であった。ネオコンの最終目標(グローバル市場から始めて世界を統一し、少数のエリートによって人類を支配する。その過程で世界大戦が起き人口が激減しても、エリートが生き残れるなら気にしない。)にとって、健全な強いアメリカは必要ない。クシュナー(ユダヤ教徒)、イヴァンカ(ユダヤ教徒に改宗)はイスラエル擁護派であり、イスラエルの敵はイランである。イランと北朝鮮は核とミサイルで技術協力してきた。ネオコンは北を温存したがトランプ大統領は異なる。もしアメリカが攻撃すれば、北朝鮮は一瞬にして潰されるイランへの牽制にもなる。もしもトランプ大統領がネオコンになったらアメリカは終わりだ。

■摂理観、神、メシアと言った言葉を使わないだけで、極めて真っ当な事を語っていらっしゃいます。

ーーーーー

そして、一般社会、キリスト教世界において、聖書を根拠にした未来の予言があります。

http://tocana.jp/i/2015/05/post_6343_entry.html

【抜粋】
欧米社会では急速に「終末」を意識する人が増えている。彼らの終末観のイメージの元になっているのが聖書の記述である。有力な説によると、それはロシアとその同盟国によるイスラエル侵攻を指しており、時期はエルサレム再建(1948年)から69年後(2017年)。この時に、予言されていたメシアが到来する。

■実は私も頭の片隅で、このイメージを信じているところがあります。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村