読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプ大統領、銃所持に寛容姿勢

[NewsJet]トランプ氏、銃規制緩和へ ライフル協会で異例の演説

http://this.kiji.is/230809368013227512?c=156318895817932804&platform=line

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は就任99日目の28日、南部ジョージア州アトランタで開かれた有力ロビー団体全米ライフル協会」(NRA)の年次会合で演説し「国民が武器を持つ権利を決して侵害しない」と述べ、オバマ前政権が進めた銃規制強化の緩和に意欲を示した。米世論を二分する銃規制を巡り、銃所持に寛容な姿勢を鮮明にした。

 銃愛好家団体のNRAで現役大統領が演説するのは1983年のレーガン氏以来で異例の対応。全米各地で銃犯罪が多発する中、銃規制強化を求める市民から懸念の声が上がりそうだ。

ーーーーー

【感想】

摂理的な大統領は、レーガン大統領といい、トランプ大統領といい、銃所持支持だと言うことがよく分かります。ライフル協会で演説されたことが、将来、亨進二代王様・国進様につながる条件になったのではないかと感じました。銃規制緩和が犯罪増加の原因となっているのか、犯罪減少につながるのか、客観的データの裏付けを取る必要性があると思います。日本には、銃砲刀剣類所持等取締法(略称は銃刀法)が存在し、天一国合衆国憲法を広めるにあたって、ひとつのハードルになっていると思います。国進様の思想、全米ライフル協会の主張、トランプ大統領の演説などを理解して、準備を進めたいと思います。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村