自分にとって報道とは

【DHC】9/18(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】

(その2)




【内容】


開始後37分〜42分

Jアラートの出る範囲が広すぎると言う非難は、無茶苦茶な言い掛かり、危機管理とは大半が無駄になるもの。




開始後52分〜53分

国連制裁決議で、石油禁輸の上限は昨年実績となった。北朝鮮は去年までの実績で核開発してきた。これは、ほとんど、お笑い国連安保理である。




開始後55分〜56分

記念日路線は、やめた方がいい。建国記念日には撃たなかった。北朝鮮なりに、戦争準備や脅迫のスケジューリングをしていて、記念日に合わせたお祝いの花火ではない。おバカニュースは、やめた方がいい。




【感想】

今回の国連制裁決議は、上限によってではなく、チェックにより締め上げる性格のものと思う。海上封鎖や臨検をしてでも厳格に決議を履行すれば、効果はあるはずだ。特に石油精製能力を持たない北朝鮮にとって、原油の上限よりも、ガソリンの55%減の方がダメージは大きい。また、一旦、全会一致が成立し、その後、北朝鮮が再び横暴な行為に及べば、更に厳しい全会一致が形成し易い。なぜなら、その時に抜け駆けする国は、国際社会からの非難を浴びることになる。だから、全会一致の国連制裁決議の意味は大きく、表から裏から側面支援した安倍外交は素晴らしい。是非とも次回の解散総選挙では、自民党単独3分の2を確保してもらいたい。



北朝鮮が記念日に合わせて、誕生日を祝う花火のようにミサイルを打ち上げてきたのも、国威発揚の国内向けプロパガンダとして、今までは意味のあることであった。しかし、今では、戦争準備として、また国外向け威嚇として、の意味合いが大きい。



青山議員は、フェイクニュースに比べれば、遥かに真相に近い報道をしてくださる。しかし、ただ鵜呑みにするのではなく、考えながら受け取って行きたい。


自分にとって報道とは、送り手だけの行為を指すのではなく、受け手の自分の考え方や捉え方も含めて報道と呼ぶのだと感じている。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村