尖閣周辺で「常在化」進む中国公船 今年もハイペース

尖閣周辺で「常在化」進む中国公船 今年もハイペース

https://www.sankei.com/smp/world/news/210130/wor2101300012-s1.html

 尖閣諸島沖縄県石垣市)周辺では、中国海警局所属の船が今年もハイペースで現れている。昨年は領海外側にある接続水域内で確認された日数が最多を更新。30日にも中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。今年は昨年に次ぎこれまでに24日間、海警局の船が接続水域内で確認されており、尖閣諸島周辺での「常在化」が進んでいる。

 海保によると、1月は13日から3日間連続で中国公船が領海にも侵入。3日連続での侵入は昨年10月以来で、14~15日は周辺で操業していた日本漁船に接近してきたため、海保は漁船の近くに巡視船を配備し、安全を確保した。

 昨年、接続水域内で中国公船が確認されたのは333日間。最多を更新した一昨年の282日間を大幅に上回った。領海に侵入したのも29日間に達した。

 海保関係者は「海が極端に荒れているとき以外はほとんど尖閣周辺に常在している状況を作ろうとしている」と分析。船の大型化も進んでおり、「中国はより天候に左右されない体制も整備してきた」という。

 接続水域では中国公船は4隻出没することが多く、1隻は機関砲のようなものを搭載。定期的に別の公船と交代しながら4隻が常駐する状況が続くことが多いことから「動きがよりシステマチックになってきた」とみる海保関係者もいる。

 海保は大型巡視船を令和3年度は69隻から70隻に増強。定員も増やす見込みで、4年度以降も体制の強化を図る方針だ。(荒船清太)



f:id:hamamatsu3000:20210201010358j:plain







【感想】

尖閣周辺における中国からの圧力は益々強くなってくる。台湾に対しても露骨に挑発しているが、もし台湾で衝突すれば戦争に発展する公算は大きく、台湾側は死に物狂いで応戦するため、中国としても簡単には手が出せない。中国にとって、香港は既に手に入れた。中国国内の様々な不満の吐け口として、対外的な領土拡張を自国民に宣伝するには、南シナ海尖閣が狙われそうだ。目の上のたんこぶのトランプ大統領を追い出すことができ、組み易いバイデン政権なので、中国は領土的野心を隠そうともしない。かつて中国はアメリカに向かって太平洋を二分して統治し、ハワイ以西は中国が管理すると言い放った。もしウイグルチベットでの人権弾圧を批判されれば、アメリカは原住民・黒人奴隷にどんな仕打ちをし、ハワイ併合はどうだったのかと暴論を返してくる。こんな横暴な中国が、もし尖閣に上陸したら、もし領海内で武器を使用したら、もし日本船舶に体当たりしたら、日本政府は、どんな対応をするつもりだろう。日米安保に基づく米軍支援を期待するなら、大前提として自衛隊を始めとする日本国民が必死に戦う姿勢を見せなければ、米軍は決して動かないと肝に銘ずるべきである。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村