NATO新時代 安全保障で二つの脅威、二つの不安

https://www.sankei.com/article/20220630-5JU6QVFMLBPCJIMRBEKAPEKCGI/

欧州とインド太平洋が、安全保障の弧で結ばれた。29日に開幕した北大西洋条約機構NATO)首脳会議は、まさに「歴史的」と呼ぶのにふさわしい。
NATOが採択した戦略概念はロシアを脅威とみなし、中国についても「体制上の挑戦」を突き付けていると明記した。NATOには北欧のフィンランドスウェーデンの加盟が固まり、日本や韓国、オーストラリアなどアジア太平洋のパートナー国が寄り添う。地球儀を見れば、中露を大きく囲んでいるように見える。2陣営に分かれた世界を「新冷戦」と呼ぶ専門家もいる。

(以降、URL参照)








【感想】

トルコがNATO寄りの態度を取ったことが大きい。もしトルコがロシア・イラン寄りの行動を取り、イスラエルと対立するようになれば、ウクライナ戦争がエゼキエル戦争さらには核兵器使用までエスカレートする危険性を危惧していた。三大王権の勝利圏が、こうした分野でも影響力を及ぼし、トランプ大統領が再登板して解決してくれるまで時間稼ぎをしているように感じた。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村