グローバリズムとナショナリズム、憲法9条は隣国のため

馬渕睦夫『和の国の明日を造る』第72回「テーマ:トランプ大統領のアジア歴訪を総括する」





【内容】


開始後42分〜43分

世界大戦は既にグローバリズムナショナリズムの思想戦において始まっている。そして、どちらに振れるかによって、軍事的な戦争になるかどうかが決まる。昨年まではグローバリズムが優勢だったが、今はがっぷり組んでいて、逆転には至っていない。




開始後52分〜53分

改憲反対の人は、9条を守ると言う人だが、何のために9条を守るのか、隣国のためである。彼らは、日本は自衛してはいけないと言っている。そんな政治家には、レッドカードを突き付けなければいけない。中国の日本侵略のために日本を無防備にしようとしている政治家がいることが、日本の構造的な問題である。






【感想】

グローバリズムを、地球一体化主義とか人類平等主義と捉え、ナショナリズムを、国粋主義とか民族主義と捉えることは、イメージを誤導する捉え方である。これらは、偏向報道によって刷り込まれた結果のイメージである。むしろ、グローバリズムとは、1%未満の特権階級が、富と権力の独占し、99%以上の一般大衆を抑圧し、搾取の対象とすることを目指す思想であり、正に現代版の共産主義と言える。それに対し、ナショナリズムとは、各国の国家主権を尊重し合って、自由と繁栄を追求する極めて健全な思想である。




憲法9条平和憲法と呼び、改憲推進派を戦争推進派と決めつける人たちの本当の狙いは、中国や北朝鮮が、日本を侵略しやすくするために、無防備にして自衛させなくすることであった。そう言った主張を、声高に叫ぶ政治家の多くは、福島瑞穂氏や辻元清美氏を始め在日の帰化議員であった。帰化議員の鳩山由紀夫氏や菅直人氏は内閣総理大臣に登り詰めて国益を損なう政策を連発した。また、北朝鮮による拉致被害者は、憲法9条の被害者とも言える。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

トランプ大統領の一貫した哲学と黒幕との闘い

【Front Japan 桜】アメリカの力を見せつけたトランプ大統領のアジア歴訪 / 映画館は映像よりも音が重要だった~「CINEMA Chupki TABATA」 その後[桜H29/11/13]





【内容】

開始後13分〜16分

トランプ大統領のAPECでの演説に、主権国家を重視するという彼の一貫した哲学が現れている。そして、主権を大切にする海洋国家が集まって自由で開かれたインド太平洋地域を作ろうと主張することで中国に対して警告している。また、主権の延長にアメリカファーストがあり、彼は、その言葉を言った後で必ず、各国ファーストと言っている。各国の主権を尊重すると言う思想である。今回の歴訪で、アメリカの力を見せつけた。アメリカが本気を見せると世界は震え上がる。今までのアメリカ大統領は、アメリカが本来の力を出すことを自分を大統領にしてくれた勢力(黒幕であるネオコン)から止められていた。オバマは大統領の実力を備えた器ではなかったが、1つだけいいことをしたのは、2期目の途中から、操られていることが馬鹿らしくなって(ネオコンと)付き合うのをやめてしまったことだ。ただし、そのためアメリカ外交は一層混迷を深めた。我々は、大統領が全て決めていると思っていたが、決してそうではなかった。そこにトランプ大統領が出てきて、自分で決めると言い出したので、今まで大統領を操ってきた人たちは慌ててしまった。これが、アメリカの国内政治情勢であり(トランプ大統領ネオコンの間で)まだ決着はついていない。




【感想】

偏向報道では、アメリカファーストを孤立主義とする印象操作をしたり、酷い場合には、国際協調路線に対抗する国家エゴのような扱いをすることもあった。しかし、トランプ大統領の一貫した哲学は、各国の主権を尊重する思想である。黒幕であるネオコンとの決着がついていない状況でのアジア歴訪を心配していたが、無事に終わりホッとしている。一部報道では、訪韓時に危険なタイミングもあったようだ。米空母3隻が朝鮮半島近海に集結した臨戦態勢は解除されたが、軍も外交も戦争準備は完了している。北朝鮮が核爆弾をICBMに搭載させる技術の獲得が半年後になると仮定して、それまでに、ハワイ近海などに向けてICBM発射実験などしようものなら、トランプ大統領も黙ってはいないだろう。国際社会による経済制裁の効果は疑わしいが、北朝鮮から核放棄を前提にして対話を求めてくるなら、新しい展開となる。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

半島有事における尖閣侵略に対する備えは万全か

【DHC】11/13(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】

(その3)





開始後113分〜116分


【内容】

尖閣諸島周辺に中国船 4日連続」このニュースは、日本の報道では「日本が実効支配している尖閣諸島に中国の武装船が近づいたので警告して追い払った」となっているが、中国の報道は真逆で「中国が実効支配している尖閣諸島に日本の武装船が近づいたので警告して追い払った」と世界に向けて発表している。最近ペースが上がってきたのは、半島危機が実際に戦争になった場合に、どれくらい尖閣に侵攻できるのかを試している意味合いが強くなってきた。報道には海上保安庁の悪戦苦闘だけが出ているが、海上自衛隊は徹底的に情報収集しているので、如何なる小さな動きも見逃していない。偵察能力は中国軍より上であり、米偵察衛星の協力も十分あり、もし半島で戦争になった場合に、中国軍尖閣に、空軍、海軍、陸軍、民兵偽装難民を出した時に、アメリカの空軍、海軍、海兵隊と日本の海上保安庁海上自衛隊の連係が、どうなるのか。特に、難民と称して尖閣に上陸した場合に、米海兵隊が、どう出るのか様子を計っている形跡が濃厚になった。いろんな意味で、戦争の準備が進んでいる。





【感想】

尖閣が最も危険なのは、半島が有事となった時である。政府も国民も自衛隊も米軍も意識が半島と本土に向くため、尖閣が手薄になりやすい。偽装難民尖閣に上陸し、偽装漁船が取り囲んだら、主権国家に対する侵略行為である。警告だけで撤退するとは思えないので、武力を伴う実力で排除しなければならない。海上自衛隊と米海兵隊が協力して交戦し、侵略者を追い返すだけの、戦闘装備と法整備及び日米安保適用の確認が急務と思われる。万一、上陸を許すと、数日で小屋を建て、数ケ月で軍事拠点を築き、1年後にはミサイルを配備して、沖縄在日米軍をグアムまで後退させ、九州と北海道に住む親中派と結託して侵入して来ると言う恐怖のシナリオを百田尚樹氏が警告していたことを思い出した。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

金正男氏暗殺を決意させた情報は日本から漏れた

【DHC】11/13(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】

(その2)





開始後30分〜38分


【内容】

マレーシアのナジブ首相やインドネシアのジョコ大統領が、北朝鮮への制裁を完全履行すると発言したが、これは疑わしい。金正男氏暗殺事件に関して各国の情報機関の調べが進み、日本にも大量の情報が入るようになった。金正男氏は生活が乱れ資格に欠けるとも思われたが、しかし金正恩の後釜は彼しかいないという結論になったところ、あっと言う間に北朝鮮に漏れた。日本はスパイ防止法もなく朝鮮総連は自由に活動できるので、日本が情報漏洩の原因である可能性は高い。金正恩は決断が早い。殺害を指示された部署は、自分の身が危なくなる前に、警戒が緩く実行しやすい友好国の空港で殺害した。現状では、マレーシアやインドネシアはもちろん、かつて中越戦争で中国を跳ね返したベトナムでさえ、中国の圧力に屈している。首脳会談で制裁履行を言ったとしても、それだけで日米寄りの判断をするようになり、制裁履行するかは不明だ。各国には各国ごとの事情がある。





【感想】

日本は、スパイ防止法のない世界でも珍しい国です。1980年代に世間の注目を集めましたが、反日左翼勢力の反対で不成立となりました。今年の6月に、犯罪を計画段階から処罰できるようにする「共謀罪」の趣旨を含む改正組織的犯罪処罰法が成立しました。日本を守り、世界から信頼されるためにもスパイ防止法を成立させて、憲法改正に弾みを付けていただきたいと思います。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

安倍首相がイニシアチブを取るインド太平洋戦略

【DHC】11/13(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】

(その1)





開始後20分〜25分


【内容】

虎ノ門ニュースは、ニューメディア、ネオメディアと名乗って良い。トランプ大統領の弾劾の可能性は小さくなった。米国防総省は、まだましだが、国務省は人員が全く不足している。トランプ大統領は賢いので、米政府は正道・王道に戻っている。安倍首相の役割は本当に大きい。典型的な事例として、自由で開かれたインド太平洋構想は、優れたコンセプトだと、トランプ大統領もティラーソン国務長官ホワイトハウス国務省国防総省・米軍も認めている。直接的には、南シナ海での中国独裁主義を抑え込むためであり、トランプ大統領と、このような話し合いができる人物は安倍総理だけである。そして、総選挙で安倍首相が安定勢力を確保したことが、海外でこれほど響くのかと実感した。トランプ大統領プーチン大統領習近平からも、これだけ安定政権を確保したんだから、安倍の言うことは聞かざるを得ないなという雰囲気が満ち満ちている。






【感想】

https://www.google.co.jp/amp/s/www.jiji.com/jc/amp%3fk=2017110201281

紛れもなく、安倍首相は歴代最高の内閣総理大臣です。かつて、日本のリーダーが世界に向かって号令をかける姿を見た記憶がありません。中国が国際的な非難を無視して南シナ海に膨張政策を推し進めて、ふと周りを見渡すと、インド太平洋構想に包囲され封じ込められていたとするため、日米豪印が、各国の主権を大切にしながら戦略的な対話を模索しています。インド太平洋構想の推進は、南シナ海問題尖閣諸島問題に対する有効な取り組みであると思います。世界に誇れる頼れるリーダー安倍首相を応援します。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

プーチン大統領の政治理念

馬渕睦夫『和の国の明日を造る』第71回「テーマ:ロシア革命100周年に思う」

(その2)





開始後31分〜39分


【内容】

プーチン大統領は安定を強調している。2001年にプーチン大統領が書いた論文の要点は、


「ロシアの新しい理念は、人道主義に基づく世界の普遍的価値と、二十世紀の混乱も含めて、時の試練に耐えたロシアの伝統的価値とを、有機的に統一するときに実現するだろう」


人道主義に基づく世界の普遍的価値とは、欧米の近代的価値を指す。二十世紀の混乱とは、ソ連共産主義体制のことを指す。時の試練に耐えたロシアの伝統的価値とは、スラブ主義が共産主義の試練に耐えて伝統的価値を守ってきたことを指す。有機的に統一するとは、両方とも生かすという意味になる。つまりプーチン大統領は、西側世界を否定しておらず、欧米主義(今で言うグローバリズム)とスラブ主義(ナショナリズム)を共に生かし調和させることを、ロシアの新しい目標としている。


そして、明治以降の日本は、この手本になっているので、帝国主義の時代に独立を守った日本の努力と経験に学びたいと言っている。これが安倍首相の8項目の提案につながっている。また、来年3月にロシア大統領選挙が行われる。その後に、北方領土問題は動く可能性がある。ところで、プーチン大統領の支持率は80%あり、共産主義体制に戻りたいと思っているロシア人は、まずいない。




【感想】

多くの日本人は、終戦直後のソ連軍侵攻及び蛮行、シベリア抑留の共産主義国ソ連のマイナスイメージの延長線上にロシアを見ています。しかし、西ドイツがナチスと手を切って西側主要国となったように、ロシアも既に共産主義と袂を分かって再出発しています。過去を水に流すことは簡単ではありませんが、北方領土を返してくれたら協力しましょうと主張して、ロシアを日米陣営から突き放してしまうことは国益に反すると思います。安倍首相の8項目の提案は、日露関係を改善する可能性を感じるので支持します。


土地に対する愛着と素朴な国民性は日本とロシアで共通しています。ロシアの民衆は、ロシア革命で2千万人が虐殺され、スターリンの粛清を受け、第2次世界大戦でも2千万人が犠牲(日本の犠牲者は3百万人)となりました。共産体制で70年間苦労し、ソ連解体後に民主的な近代化を試みてグローバリストの喰い物にされました。同情できる点もあります。そのロシアが日本に教えを求めるならば、協力したいと思います。かつて日本はアメリカと戦争をして、完膚なきまで叩きのめされ、東京大空襲や原爆投下、そして東京裁判史観を押し付けられましたが、今では強固な日米関係を構築して先進国の仲間入りを果たしました。同様にロシアとも仲直りできる可能性はあると思います。但し、プーチン大統領も指摘しているように日露平和条約の締結までには多くの課題があり、時間がかかるかもしれません。


ロシア人は、純粋で素朴な国民性を持っています。康賢実真のお母様の運勢圏から三代王権に相対し、つながるロシア人が多数現れることを願っています。



by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

歴史の謎を紐解く圧巻の解説

馬渕睦夫『和の国の明日を造る』第71回「テーマ:ロシア革命100周年に思う」

(その1)





開始後8分〜31分


【内容】

トランプ大統領が「戦略的忍耐の時代は終わった」と発言した意味は、今までのエスタブリッシュメント(支配階級)による朝鮮半島政策の変更を宣言し、今までのところトランプ大統領の意見は通っている。ネオコン北朝鮮を混乱に導く道具として意図的に生かしてきた。トランプ大統領ネオコンのシナリオに反してアメリカ国民の利益を第一に考えるアメリカファーストを掲げた。アメリカ孤立主義ではない。なぜ小国北朝鮮が大国アメリカを挑発できたかと言えば、ネオコン北朝鮮を裏で支えていたから。トランプ大統領は、この構図を根本的にひっくり返そうとしているので、反発を受けている。トランプ大統領が主張しているインド太平洋戦略の強化とは二国間関係(対日本、対インド、対オーストラリア、など)の積み重ねなので、多国間交渉には興味がない。



バルフォア宣言とは、百年前にイギリス外相バルフォアがロスチャイルドに宛てた書簡で、パレスチナにおけるユダヤ民族居住地建設をイギリスが支援する宣言だった。しかし、実は三枚舌外交だった。同時にパレスチナへのアラブの独立も約束し、英仏露で中東分割協定も結んだ。今回は詳しく説明する時間がないが、バルフォア宣言は、第一次世界大戦アメリカ参戦とも、ロシア革命とも、表裏一体の関係にある。



プーチン大統領が先月モスクワにある悲しみの碑に花束を捧げた。今、ロシアではプーチン大統領の下で、歴史の見直しが行われている。ソ連時代に弾圧で虐殺された人々の慰霊碑に対するプーチン大統領の行動に、人権活動家が反対した。この出来事は現在の世界を理解する鍵になる。ロシア革命を遂行した者の末裔が人権活動家になり、反プーチン運動をしている人権活動家は、ロシア革命を肯定しており、事実上2千万人の虐殺が正しかったと主張している。



ロシア革命の革命家は大部分がユダヤ系だった。ユダヤ人は帝政ロシアに虐げられたとはいえ、ロシア革命で一般人への大量虐殺を行った者がユダヤ人であったことは歴史の中で隠されてきた。この時のソ連共産主義の非人道さが総括されてないことは世界7不思議の1つだ。ヒトラーユダヤ人虐殺以前に、ソ連の地で大量虐殺が行われた事実が歴史から隠されている。今、歴史修正主義が少しずつ出てきたが、本当の意味で歴史を修正するには、ロシア革命の真実を知らなければならない。正統な歴史家は、なぜルーズベルトスターリンが組んでヒトラーと戦ったのかに対して合理的に説明できない。最近、ルーズベルトの容共姿勢や日本を挑発する行為を問題視する研究家が現れてきた。彼らは、ロシア革命を正当化する勢力から歴史修正主義者のレッテルを貼られている。ウィルソンやルーズベルトの動機が解明されてないという意味で、ロシア革命の総括がされていない。これは、単に歴史認識問題だけではなく、今でもロシア革命の時の構図が生き続けておりグローバリズムとなっている。20世紀に徘徊した妖怪は共産主義で、21世紀に徘徊する妖怪はグローバリズムだ。グローバリズムの正体はロシア革命を支援した人たちと同じだった。ウォルストリートの資本家が、なぜ資本家を否定する共産主義を支援するのか、普通の人は、頭が混乱して理解できない。大資本家の目的は自由競争を尊重することではなく、富と権力の独占であった。共産主義も独占なので底流で結び付いており、論理的に説明がつく。つまり、大富豪と共産主義者は裏で結託しており、実は大富豪は共産主義者である。このように頭を切り換える必要がある。





【感想】

歴史の謎を紐解く圧巻の解説です。

馬渕先生のお話から、原理に出会った時の感動に次ぐ感銘を受けました。

共産主義は、プロレタリアートから搾取する上層ブルジョワジーに対抗する勢力と思い込んでいたが、実際は、大富豪も共産党幹部も人民から搾取し、富と権力を独占する特権階級という点において共通していた。

ユダヤ系の革命家がロシア革命で一般大衆を大量虐殺した。上層部のユダヤ人が加害者であるという事実を歴史上から隠すために、ヒトラーを極悪人として強調し、ホロコーストユダヤの大衆が被害者となった歴史でカモフラージュして欺いた。

ロシア革命を総括する書籍の出版が待ち遠しくなった。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村