ブーメランの衝撃ライダイハン、亡国ナビゲーター文在寅

【DHC】9/20(水) 藤井厳喜井上和彦居島一平虎ノ門ニュース】

(その2)




【内容】


開始後88分〜103分


ライダイハン(韓国人兵士とベトナム人女性間の混血児)問題が、従軍慰安婦で日本の責任を追求してきた韓国社会に衝撃のブーメランとして返ってきた。左翼組織の挺対協がソウルのベトナム大使館前で謝罪デモを行い「日本のように戦時被害者を否定してはならない」と主張した。冷戦時代に朝鮮半島でもベトナムでも南北対立があり、韓国軍もベトナム戦争に参加した。1990年代までベトナム政府は韓国政府を追求しなかったので、韓国社会に、この問題は知られていなかった。勘違いしてはいけないことは、日本の慰安婦問題とは全く別の問題である。日本の問題は、純然たるプロの売春婦の問題であり、日本軍としてはベストを尽くした解決策だった。戦時中に日本軍は支那大陸などに進軍し、その後引き上げたが、現地に落とし子の問題はなかった。日本軍は道徳的にもレベルの高い軍隊だった。ベトナム戦争での韓国軍の宿舎には、行き場のない戦争孤児のベトナム少女がいて、性的サービスをさせていた。韓国軍による虐殺もあった。韓国で極左政権ができ、挺対協など左翼組織が、韓国軍を蔑めるために軍を叩き、軍の士気も下がる。同様に日本を責めることもできるので一石二鳥だ。


国際社会が一致して制裁をする時に、此の期に及んで文在寅政権は、人道支援は別枠だと言い出し支援しようとした。日米韓で韓国政権だけが、突出して別の方向を向いている。北朝鮮が9月3日に核実験をし、トランプ大統領が「韓国も、ようやく分かってきたんじゃないの、対話対話と言っても無駄でしょ」とツイートし、国際的な反響を呼んだ。大衆の面前で文在寅を叱責したと受け取られた。このように文在寅は一見すると右往左往しているように見られがちだが、実は韓国自虐史観を持つ固い信念の人だ。韓国は日本とアメリカの介入により成立した国であり、本来あるべきではない生まれてはいけない国だった。と過去に著書で述べている。正しい朝鮮のナショナリズムを代表しているのは北朝鮮だと考えている。しかし、北朝鮮ソ連によって作られた国なので、矛盾している。





【感想】


運勢がなくなり韓国の凋落を象徴する出来事です。お父様御存命中には、ライダイハンと言う言葉すら知りませんでした。主の国・父の国・信仰の祖国として世界に向けて号令を掛ける位置を約束されていながら、今では、自ら放ったブーメランで、世界から見下され笑い者にされそうな情け無い状況です。


かつて、日本と韓国は父母の国として運命共同体の意識がありました。しかし、今では、韓国聖殿以外の韓国関連とは距離を置く方が無難だと思っています。韓氏オモニの堕落により、韓国は首の皮一枚状態まで押し込まれましたが、新しい姜賢實真のお母様の出現により、韓国の運勢を盛り返す可能性が少しだけ芽生えたように感じます。


姜賢實真のお母様の出現は、家庭連合のシックにとっては激震となりました。今まで、家庭連合からサンクチュアリに移るシックは、調査・熟慮・学習などの後に、結果として、韓氏オモニの嘘と背信を認め、出口として、サンクチュアリに入会しました。今からは、韓氏オモニを盲信する者にとり、姜賢實真のお母様の存在は、サンクチュアリの入口に向かう第一歩が、とてつもなく難しいものになりました。



by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

日本を思いつつ南アジアを鳥瞰する

【DHC】9/20(水) 藤井厳喜井上和彦居島一平虎ノ門ニュース】

(その1)




【内容】


開始後39分〜55分

アフガンに米軍3千人増派を発表した。アフガン問題でトランプ大統領は、いい意味で公約を破った。大統領選挙中にはアフガンからの撤退を言っていたが、それをするとタリバンが息を吹き返してしまう。ISはラッカが間もなく陥落し終結する。イラク内のクルド自治共和国が完全独立の道を進む。アフガンを安定させるには、ロシアとイランの協力が必要である。現在、ロシアは大軍事演習をしているが、トランプ大統領は国連演説でロシアの軍事演習について何も言及しなかった。アフガンのタリバンを全滅させることは不可能であり、ロシアとインドの影響を受ける北部同盟と言うアンチタリバンとバランスが取れればいい。カブール周辺だけアメリカの息のかかった政権が統治すれば、アメリカは軍事顧問だけ残して大部隊はアフガンから撤収できる。そうなれば、東アジアに集中できる。アフガンは世界の阿片の7割以上を生産している。結局、先進国に流れ込むため、この問題は放置できない。


トランプ大統領の国連演説は、全体を見ればバランスのとれたいい演説だった。万が一の場合は北朝鮮を破壊する能力はあるから話し合いに応じろよと言うのは外交の王道である。話し合い話し合いと言っても、北朝鮮が出てきて独りよがりな主張をするだけになる。外交交渉が破綻したら軍事力行使ですよと言うのは、外交交渉の当たり前の姿だから、戦争するよりは話し合いましょうと言って落とし込んで行く。軍の重要な役割は外交交渉をスムーズに行かせること、これは軍の存在価値である。軍が背後にあってこそ、まともな交渉ができる。


アフガンは、パキスタンとイランの間に位置する。1980年にソ連はアフガンに侵攻した。インドは日米と歩調を合わせようとする。パキスタンと中国の繋がりは強い。アメリカのアフガンへの3千人増派は対中牽制の意味もある。地政学で大切なことは挟み撃ち、中国とパキスタンでインドを挟み撃ち、インドとアフガンでパキスタンを挟み撃ちとなる。トランプ大統領の演説でパキスタンが問題の国とした。ビンラディンが殺害された、すなはち、パキスタンがかくまっていた、つまり、中国がかくまっていたとほぼ同じ。インドは味方でパキスタンは敵とした。国際情勢において、パキスタン北朝鮮の立ち位置は似ている。パキスタンも厳しく取り締まって、アフガンを安定させる。日本にとってインドは重要な国である。インドと中国は国境紛争があり、背後から睨みを効かせてくれている。





【感想】


アフガン、パキスタン、インド、中国、ロシア、イランの相関関係の解説を聞くことができ、視野が広がった。朝鮮半島危機真っ只中でも、日露、日印、の首脳会談で絆を深めた。国連では世界に向けて強固な日米関係をアピールできた。急所を押さえた安倍外交は申し分ない。


メディアの予想を裏切ってトランプ大統領が当選したように、メディアの予想を裏切って自民党が単独3分の2を獲得し、安倍首相に縦横無尽の大車輪の活躍をしてもらいたい。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

天地人真の父母様 天宙完成 祝福聖婚式に象徴的に同参して

今回の記事は個人的な見解です。


天地人真の父母様おめでとうございます。天宙完成祝福式に象徴的ですが同参する恩恵を与えていただき心より感謝致します。ありがとうございました。



新しく姜賢實真のお母様が出現されることにより、天宙の様相は一変しました。まず、お父様の役事が地上で現れやすくなりました。いつどこで、成約のペンテコステが起こっても不思議ではありません。



また、今後、韓鶴子オモニをお母様と呼ぶことはなくなりました。今までは真の母の立場の者が、偽りを語り、背信をしたため、霊界が雑然とし混乱しました。今後は霊界がスッキリ整理され、浮遊霊が惑わしたり悪戯したりすることが少なくなります。



そして、真の母の位置を兼任されていたヨナ王妃様の霊的負担が軽減され、王妃として二代王様の妻と信俊様の母の立場に専念できるようになりました。これにより、私たちも余計な疑問を抱えて悩む必要がなくなりました。(例、真の父母は永遠に1組と語られていたがどうなるのだろう、お父様は永遠に相対を迎えられないのだろうか、ヨナ様が霊界に行かれたらどのような立場になるのだろう、・・)



真の父母の概念が分かりやすくなり、腑に落ちました。すなはち、メシアであられる文鮮明師お一人で完璧に真の父母であり、様々な条件が満たされた場合に限り、メシアであられる文鮮明師とメシアの妻に当たる女性を合わせて、お二人を真の父母とお呼びすることもできる。天の血統とりわけ王統に関しては父母からではなく父親から息子に継承される。天聖経の第2編「真の父母」が訓読しやすくなった。



家庭連合の理論では、地上の韓氏オモニと霊界のお父様は一体化されているので、地上で韓氏オモニが、どのような言動をされても、それはお父様のご意志でもあると信じています。そのため、今回の慶事は絶対に受け入れず、王冠と銃の摂理とは比較にならないほど、激しく反対するはずです。お父様ご存命中に、懸命に献金し必死に侍ってきたことを条件として、お父様の権威に戻る猶予期間として2016年2月13日が与えられました。その後、公開質問状や救命ボートから救いの試みがありましたが、全て跳ね除け、とうとう2017年9月23日、空前絶後、驚天動地、摂理歴史に燦然と輝く金字塔の慶事を迎えるに至りました。天の時計は、個人や組織の事情に構うことなく非情に時を刻み時代は移り変わりました。今後、家庭連合のシックがサンクチュアリの真のお父様の権威に戻って来るための最低基準は、姜賢實真のお母様を受け入れることになりました。つまり、韓氏オモニの嘘と背信を認め、お父様は韓氏オモニと一体化しておらず離婚されたことを認め、お父様は新しく姜賢實真のお母様と天宙完成祝福聖婚式を挙げて天地人真の父母様になられたことを受け入れることとなりました。結果的にハードルが一気に上がりました。



一方、キリスト教に関しては、真のお母様は、再臨主を伝道しようとした筋金入りのキリスト教の伝道師でした。亨進二代王様はイエス様と同じで庶子の立場となられました。サンクチュアリ教会では家庭連合はもちろん統一教会時代よりも説教などで聖句を多く引用しています。クリスチャンを自然屈服させるための最後の決戦の準備が着々と進んでいることを感じます。



瀕死の韓国にとっては、ささやかな朗報になりました。但し真のお母様はペンシルベニアにご在住ですので、過度の期待は禁物です。



日本は、かつて母の国として歩ませていただきましたが、家庭連合の裏切りの罪が負の遺産としてのし掛かっている。とくに地球外生命体(ET)指導者が韓氏オモニの真実(お父様は原罪を持って生まれた発言など)を知っていながら、一般信者に真実を隠して騙し続けた罪は大きく神様の悲しみとなった。せめてサンクチュアリメンバーだけでも、真のお母様が、たとえ死んでもお父様の元に近づきたいと決死の覚悟で渡米された絶対信仰を見習って、受け継げるかどうかが、日本存亡のキーポイントとなる。



真のお母様が心情を投入されたロシアは、急成長して、摂理の表舞台に彗星の如く登場する可能性がある。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

安倍首相トランプ大統領の靖国神社参拝を願って

馬渕睦夫『和の国の明日を造る』第65回「テーマ:八紘一宇の精神とグローバリズム




【内容】


開始後4分〜6分

トランプ大統領の国連演説で、「アメリカファースト」と言ったが、その時に「各国ファースト」と付け加えている。この姿勢は大統領選挙中から一貫している。ようやく産経新聞が両方の文言を報道した。他のメディアは、依然として後者の句を無視して、アメリカ中心の孤立主義のような印象操作をしている。そして、演説の中で「アメリカは自国の価値観を他国に押し付けない」と言った。これは、アメリカの世界戦略の大転換だ。




開始後50分〜51分

馬渕先生は安倍首相に「ジャパンファーストのために、まず靖国神社に参拝してください」と話されました。11月にトランプ大統領が来日された時、2人並んで靖国に参拝されることを希望します。かつてブッシュ・ジュニア大統領の時代で、当時の小泉首相に、いっしょに靖国に参拝しないかとオファーがあった。もし実現していれば、現在の中韓との関係は異なる様相となっていた。




【感想】

ブッシュ大統領からの靖国参拝オファーを断ってしまった。実に勿体ない残念なことをした。昨年、安倍首相とオバマ大統領は互いに広島と真珠湾を訪問し合った。今年、安倍首相はアーリントン墓地で献花をした。11月にトランプ大統領が来日された際に、戦没者慰霊のため2人で靖国神社に参拝することは、むしろ自然な流れである。親密な関係だからこそ「ジャパンファーストのために、ひと肌脱いでもらえないでしょうか。中国への牽制にもなりますよ」と持ち掛けてもらいたいものである。朝鮮半島危機に対しても良い影響がある。更には、東京裁判自虐史観を覆し、戦後レジュームからの脱却の起爆剤となる。



そして、いよいよ9月23日を越えました。聖書のヨハネの黙示録は、天体の配置を通して、この日の「天地人真の父母様 天宙完成 祝福聖婚式」を予言していました。正に聖書は神の霊によって書かれた神霊の書でした。お父様ありがとうございました。新しい姜賢實真のお母様おめでとうございます。たとえこの先、どんな天変地異が起ころうとも、真っ直ぐ、お父様と新しい真のお母様と亨進二代王様を見つめて歩んで参りたいと思います。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

拉致事件は人道問題より以上に主権問題

【DHC】9/18(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】

(その4)



【内容】


開始後111分〜113分


安倍首相が、圧力をてこに拉致問題を解決すると語った。

15年前の小泉訪朝は、拉致問題をさっさと片付けて、日朝国交正常化したかったのが本音であり、帰国した5人は北朝鮮が勝手に決めた。





【感想】


拉致事件は本質的に人道問題と言うより国家主権問題だと思う。例えば、人命が犠牲となったり、人生を棒に振ることになるような、強盗事件、交通事故、医療ミスなどは、枚挙に遑がない。ただ、これらと北朝鮮による拉致事件オウム真理教による地下鉄サリン事件とが根本的に異なる点は、後者が国家主権の侵害を企てている点にある。つまり、私は次の考え方を正しいと思うが、これらの事件では人命尊重は当然ですが、より以上に国家の威信と法治国家の秩序を守る国家主権護持に重点を置いていると思われる。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

米国民の6割が北朝鮮との戦争を支持に関して

【DHC】9/18(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】

(その3)



【内容】


開始後107分〜110分


北朝鮮は、絶対に核放棄しない。北朝鮮は中東でビジネスして、イラクフセインリビアカダフィも核開発を放棄して殺されたところを間近で見てきた。結局、戦争して北の核を叩き潰すか、裏合意して北朝鮮核兵器が残り、周辺国が次々と核武装することになるか、二者択一である。


アメリカでは、もし北朝鮮と戦争になった場合、韓国人や日本人だけでなく、米国人も含めて、何百万人も犠牲者が出ると報道されているが、それでも、戦争を支持する人が6割いることは、凄いことだ。




【感想】

国外亡命という選択肢は無いのだろうか。制限時間が決まっている番組なので、このニュースには、もっと時間を配分して深い内容をお聞きしたかった。



何百万人もの犠牲者を出す北朝鮮との戦争を米国民の6割が支持していると言うよりも、将来北朝鮮に米国本土を核攻撃させないためなら、現時点で北朝鮮と戦争することを米国民の6割が支持していると言うことだと思う。この2通りの捉え方に関して、自己犠牲と自己中心の間での振れ幅は小さくない。それにしても、より大きな犠牲を防ぐためなら、小さな犠牲は許容すると言う危機管理の考え方が、米国民には浸透している。だから、ハイジャックされた航空機を最終的には撃墜するコンセンサスも取りやすい。米国世論6割の支持は、いざという時のトランプ大統領の力強い後ろ楯となる。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

自分にとって報道とは

【DHC】9/18(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】

(その2)




【内容】


開始後37分〜42分

Jアラートの出る範囲が広すぎると言う非難は、無茶苦茶な言い掛かり、危機管理とは大半が無駄になるもの。




開始後52分〜53分

国連制裁決議で、石油禁輸の上限は昨年実績となった。北朝鮮は去年までの実績で核開発してきた。これは、ほとんど、お笑い国連安保理である。




開始後55分〜56分

記念日路線は、やめた方がいい。建国記念日には撃たなかった。北朝鮮なりに、戦争準備や脅迫のスケジューリングをしていて、記念日に合わせたお祝いの花火ではない。おバカニュースは、やめた方がいい。




【感想】

今回の国連制裁決議は、上限によってではなく、チェックにより締め上げる性格のものと思う。海上封鎖や臨検をしてでも厳格に決議を履行すれば、効果はあるはずだ。特に石油精製能力を持たない北朝鮮にとって、原油の上限よりも、ガソリンの55%減の方がダメージは大きい。また、一旦、全会一致が成立し、その後、北朝鮮が再び横暴な行為に及べば、更に厳しい全会一致が形成し易い。なぜなら、その時に抜け駆けする国は、国際社会からの非難を浴びることになる。だから、全会一致の国連制裁決議の意味は大きく、表から裏から側面支援した安倍外交は素晴らしい。是非とも次回の解散総選挙では、自民党単独3分の2を確保してもらいたい。



北朝鮮が記念日に合わせて、誕生日を祝う花火のようにミサイルを打ち上げてきたのも、国威発揚の国内向けプロパガンダとして、今までは意味のあることであった。しかし、今では、戦争準備として、また国外向け威嚇として、の意味合いが大きい。



青山議員は、フェイクニュースに比べれば、遥かに真相に近い報道をしてくださる。しかし、ただ鵜呑みにするのではなく、考えながら受け取って行きたい。


自分にとって報道とは、送り手だけの行為を指すのではなく、受け手の自分の考え方や捉え方も含めて報道と呼ぶのだと感じている。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村