1人でいられる『隅っこ』がほしい

サンマ焼く母の首を絞め放火 捨てられ、40年引きこもったという男の「我慢の連続」



http://www.sankei.com/smp/premium/news/171208/prm1712080004-s1.html



「1人でいられる『隅っこ』がほしい」。同居する母親の首に背後からヒモをかけ絞め殺した男は、こう書き残して群馬県高崎市棟高町の自宅に火を放った。11月22日、前橋地裁の鈴木秀行裁判長は、殺人と非現住建造物等放火の罪に問われた無職、湯本直木被告(41)に懲役11年を言い渡した(求刑20年)。犯行は「冷酷で悪質」と指弾されたが、裁判長は「我慢の連続で辛かっただろう」とも口にした。公判で明らかになったのは、育児放棄して出奔し、約20年後に舞い戻った身勝手な母親と息子との、やり切れない葛藤の記録だった。


母出奔「お前は、この家の子ではない」

 「記憶にない人」。湯本被告は母親のことを、そう語った。

 生まれて、ほどなく母親は被告と3歳上の兄、そして夫の3人を残し、出奔(しゅっぽん)した。その後、離婚が成立、父親は5歳になった湯本被告を、祖父母らが暮らす母親の実家(高崎市)に押しつけるようにして置いて、去った。「警察を呼べ」。祖父が叫ぶほど、有無を言わせぬ対応だったという。

 「お前は、この家の子ではない」。幼い頃、祖母にそう言われたこともある。20歳で家出した母親が勝手に夫と結婚し、被告らを産んでいたせいもあるだろう。小学生になって、祖父母と名字が異なることをからかわれ、引け目も感じた。

 「なぜ育ててくれないのか」。父も母もいない境遇に、物心ついた頃、浮かんだ言葉を湯本被告は、法廷でも吐きだしている。

 こんな幼少期を経て内気な少年になった被告に、祖母も「高校くらいは行け」と地元の農業高校進学を進めた。だが、なじめず半年で退学。在学中に経験したアルバイトも「人と接することができない」と1日でやめている。社会に順応できず以後、犯行までの25年間、働かず、外出は買い物程度で家に引きこもる生活が続いた。

 
母、帰る「絶望感を感じた」

 平成11年、出奔した母親が突然、実家に戻った。22歳になっていた湯本被告には衝撃だった。すでに祖父は亡くなり、祖母と2人暮らし。母を名乗る中年女性は、ただの「記憶にない人」で、「突然、現れ、ショックで絶望感のようなものを感じた」。

 しかも「身勝手で、自分のことしかやらない」(湯本被告)母親は、アルバイトのチラシを配らず家に持ち込み散乱させるなど「好き放題に汚した」(同)。きれい好きな被告は反発したが、母親と衝突したのは祖母だった。もともと「反抗的で社会性がない」(親族)母親は、実家に戻ってからも祖母と、しばしばぶつかり、15年には、祖母をいたぶる母親の顔を被告が殴打し続け、傷害容疑で逮捕されている(執行猶予付き判決)。「(直木は)私をかばったんだ」。後に祖母は親族に語り、被告を擁護したが、事件後、被告は母親と一切、口をきかなくなった。



決定的だったのは25年3月、祖母が介護施設に入り、母との2人暮らしが始まったことだった。土地を貸すなどして得ていた月15万円ほどの収入は母親が握り、祖母から受け取っていた月1万円ほどの小遣いもなくなり、母親は1円も被告に渡さなかった。被告側弁護士によると、湯本被告は貯めた小遣いと叔母から受け取った5万円で犯行までの約3年半、細々と食いつないだという。



きっかけはずさんな料理と笑い声

 家事の担い手がいなくなり、放置された食べ物にカビがはえ、信じられないことに母親は浴室に排泄したこともあったという。後始末で腹をたてても、口を開くことはない。黙って処理するうちに、被告の中の負の感情が膨らんでいったとみられる。

 それが、一気に爆発したのは昨年11月18日の午後、きっかけは母親のずさんな料理だった。母親は、よくガスコンロの上に薄い餅網を置き、その上で魚を焼いた。魚の脂で網もコンロも脂やススだらけになるが、後片付けもしない。片付けは被告の役だったが、この日は16日から3日連続の魚料理で、いずれの日もサンマだった。

 午後1時ごろ、もうもうと煙が上がる中、「焼いている最中に(母親の)笑い声が聞こえた。絶対的な怒りを感じた」。自室にあったジャージーのひもを手に背後から近づき、首にかけた。

 「ごめんなさい」「新しいのを買うから」。母親の断末魔の声を被告は覚えている。しかし、手は緩めなかった。気がつくと、母親は台所の床に倒れ、息絶えていた。

 冒頭陳述などで、詳しい犯行状況の説明を聞いた湯本被告は、起訴事実を認めた上で、語った。

 「罪悪感はあった。ただ、安らいだ気持ちも同時にあった」

 
原因は母性の欠如と人間関係の一貫性の欠如

 犯行から3日間、遺体はそのままにして、過ごした。母親の携帯の着信音が何度か鳴った。「死んで償おう」。手首に刃物を当てたが、痛くてためらい、首を吊ろうとしたが、苦しくてやめた。

 「1人でいられるような『隅っこ』がほしい」という遺言は、このとき、書いた。そして、ストーブの灯油をまき、火をつける。

 5歳から育った祖母の家は、ほぼ全焼したが、途中で熱さに耐えきれず、2階のベランダから飛び降りた。

 「母を殺しました」。救急搬送される車内で、そう告げた。

湯本被告は公判前、精神鑑定を受け、他者とのコミュニケーションに支障をきたす自閉症スペクトラム障害と診断された。精神科医は「(幼少期に母の愛情を受けられなかった)母性の欠如と人間関係の一貫性の欠如が見られる」とし、「40年も(精神的に)引きこもっていたわけだから、自閉症の症状は軽くない」と指摘した。判決理由で鈴木裁判長は「被告人はひたすら我慢し続け、怒りや恨みをため込んでいたことなどが犯行の原因」「犯行に至る経緯に障害が相当程度影響を及ぼした」と弁護側の訴えを認めた。



すべてを言い渡した後、裁判長は静かに語りかけた。

 「これまでの人生、我慢の連続で辛かっただろう。それでも、亡くなった母の人生も振り返ってほしい」。ジャージー姿に坊主頭の湯本被告は、黙ったまま、深く一礼を返した。

                  
(前橋支局 住谷早紀)





【感想】

富岡八幡宮事件の陰に隠れて目立たなかったが、胸の締め付けられる記事があった。まったく、やり切れない、切ない事件だった。まるで芥川龍之介の短編小説のように登場人物の心の裏表を考えずにはいられなかった。湯本被告の魂は、裁判長の「我慢の連続で辛かっただろう」の言葉で少しは慰められたことであろう。1人でいられる『隅っこ』も与えられない可哀想な人生であった。そして、身勝手な母親にしても、不幸な人生を送って、最期は息子に殺されてしまい悲惨極まりない生涯となってしまった。この方たちのために祈りたいと思った。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

女性宮家創設、及び、立憲民主党の党綱領

【DHC】12/6(水) 藤井厳喜井上和彦居島一平虎ノ門ニュース】

(その2)





【内容】

開始後43分〜50分

女性宮家創設に61%賛成との世論調査が出たが、おそらくアンケートを受けた方は女性宮家の意味が良くわかっていない。この流れが皇室典範の改正につながり、女系天皇の誕生で2600年続いている日本の伝統破壊に行き着く。女性宮家皇位継承権がないことを明記すべきだ。女性として皇族にお生まれになった方が一代限りで女性宮家として公務を助けられるなら結構なことだ。虎ノ門ニュース番組視聴者へのアンケートでは、女性宮家は創設すべきではない95%という結果が出た。見識が高い。




開始後56分〜65分

立憲民主党の党綱領改定案で、本来なら二次的な国家の目標である草の根や多様性を重視し過ぎであり、国家の目標とすべき安全保障と経済が軽視されている。ローマ時代のキケロは、国民福祉が達成されるなら共和制でも帝政でも問わないと言った。日本は立憲君主制だ。多様性だけ認めて法治国家としての均一性がなくて良いはずはない。アメリカンデモクラシーでも枠組みを受け入れた上で様々な価値観がある。草の根から、一般庶民が好き勝手なことを言って、政治で全て対応できるはずはなく、集約して整合性ある政策にするのが政治家だ。草の根や多様性は二次的目標なので、党綱領として政治哲学的に及第点は与えられない。そもそも選挙とは草の根からやるものであり、多様性を重視し過ぎて少数意見をあたかも国民の声のように扱うことこそ立憲主義に反している。民主政治では、ルールに則ったプロセスであれば正当と言える。異なる意見が通ると、横暴な強行採決と批判することこそ非民主的だ。採決とは反対意見があっても、どこかの時点で強行するものである。立憲民主党の党綱領に「国」が一度も出てこない。




【感想】

ただ、ボーッとニュースを聞いていると、「そんなものか」と流されてしまう。通常、沈黙は消極的な賛成とみなされます。例えば、選挙においても、棄権は消極的な現状肯定行為となります。摂理に逆行する考えに対しては、根拠を挙げて明確に反対意見を述べられるよう準備しておかなければならない。立憲民主党は党綱領を見る限り、政党と言うよりも市民グループの色合いが強い。このグループには国の舵取りは任せられない。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

Xデーは12・18前後か

米の北朝鮮攻撃Xデーは12・18前後か 最強ステルス戦闘機「F22」投入の狙いは?


http://www.sankei.com/smp/world/news/171204/wor1712040027-s1.html


2017.12.4 11:04


朝鮮半島の緊張が続いている。北朝鮮金正恩キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が、平和的解決を求めた中国の「特使」と会わずに“追い返した”ことを受け、ドナルド・トランプ米大統領北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定したのだ。北朝鮮による「核・ミサイル開発」の加速化と、各国の情報当局が警戒する「北朝鮮攻撃のXデーは、12月18日の新月の夜前後」という情報とは。ジャーナリストの加賀孝英氏の緊急リポート。(夕刊フジ



驚かないでいただきたい。今、次の極秘情報が流れて、各国の情報当局関係者が極度に緊張している。

 《米国は、北朝鮮が平和的解決を拒否したと判断した。トランプ氏がついに『北朝鮮への予防的先制攻撃』(正恩氏斬首作戦)を決断し、作戦準備を命じた。第一候補のXデーは12月18日、新月の夜前後》

 旧知の米軍情報当局関係者は「この裏には、3つの重大な理由がある」と語った。以下の3つの情報だ。

 (1)米本土を攻撃できる北朝鮮ICBM大陸間弾道ミサイル)「火星14」の開発が、年内にはほぼ完了する。米国には時間がない。

 (2)北朝鮮は10月中旬から、核弾頭の量産体制に入った。日本や韓国、米領グアムの米軍基地を狙う、中距離弾道ミサイル「ノドン」「火星12」に搭載可能になる。日本と韓国に潜入した工作員(日本約600人、韓国約5万人)の動向が異常だ。急激に活発化している。

 (3)北朝鮮への経済制裁が効いてきた。軍部は飢餓状態だ。正恩氏はクーデターを阻止するため、父の金正日キム・ジョンイル)総書記の命日である12月17日か、来年1月8日の正恩氏の誕生日前後に、日本海の北部か太平洋上で、核実験(水爆の可能性も)を強行、暴走する可能性がある。

 正恩氏は“狂気”に走っている。

 米韓両軍は12月4日から8日まで、朝鮮半島周辺で、史上最大規模の合同軍事演習「ビジラント・エース」を行い、戦闘機約230機が結集する。米軍からは、空軍や海軍、海兵隊などの兵士約1万2000人が参加する。

 ここに、米空軍の最新鋭ステルス戦闘機F22「ラプター」6機と、同F35A「ライトニングII」が3、4機投入されるという。

 問題はF22だ。

 同機は「レーダーにまったく映らない。過去撃墜されたことが一度もない。敵を100%倒す」(防衛省関係者)と恐れられる、世界最強の戦闘機だ。F22が、朝鮮半島に6機も展開すれば初めてである。その狙いは何か。

 米軍関係者は「正恩氏に対する『白旗を上げろ! 米国は本気だ!』という最後通告だ。正恩氏は『F22に狙われたら命はない』と理解し、脅えて震えているはずだ」といい、続けた。

 「米軍は2005年、極秘作戦を強行した。F22の原型である世界初のステルス戦闘機F117『ナイトホーク』を、平壌ピョンヤン)上空に侵入させ、正日氏の豪邸に目がけて、急降下を繰り返した。正日氏は手も足も出ず、死を覚悟して震えていたとされる。その絶対恐怖を息子が忘れるはずがない」

 重大な局面が迫っている。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。




【感想】

新月の夜、核弾頭の量産体制、工作員の動向が活発化、2005年F117の平壌急降下、など初めて聞く内容もあった。現在は、引き金に指がかかった状態である。このまま1ケ月間、何事も起こらないとは考えにくい。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

健全な報道のための、既得権益メディア再編

【DHC】12/5(火) 百田尚樹高橋洋一居島一平虎ノ門ニュース】





開始後95分〜109分


【内容】

官房長官が電波オークション導入に前向きな姿勢を示したがオールドメディアは報道しない。オークションとは入札であるが、現在の日本で電波は割当制である。OECD経済協力開発機構)加盟35ケ国の内、日本だけが電波オークションを導入していない。電波利用料は極端に安い。電波は結構、空きがある。オークションにすれば地上波を扱う会社が増えるかもしれないが設備投資が必要だ。次は放送法だ。放送法表現の自由があるから本来はなくすべきだ。60年間テレビ局は既得権益になっていて、新規参入できない。この状況である限り、公共性を重視し放送法を守れとなる。BPO放送倫理・番組向上機構)もいらなくなり自由競争となり、最後は視聴者に委ねられる。今は放送局は潰れない。新聞にも特権が1つある。日刊新聞紙法で株式の譲渡制限がある。通常、株式会社に譲渡制限はないが、この法律により、誰も新聞社を買えない。つまり、新聞社の社長はクビにならない。その新聞社がテレビ局を買っている。地上波に新規参入できるようになると、新聞社とテレビ局の連結決算でテレビ局の利益が大きいので、メディアの再編が進む。こう言った内容を地上波で言うことはできない。日本のメディアは特殊な状況だ。規制改革会議の報告書が出ていて、電波オークション先送りとなっているが、誤報だ。オークションになったとして、手を挙げる経営者がいるだろうか、10年前なら孫正義氏はやる気だったが、今では既得権益者になってしまった。ただオークションで面白いのは、誰も買わなかったら、価格が1円になる。それなら買う人はいるだろう。仮に落札できても初期投資が莫大になるが、個人に、その資金がなくても、百田氏がメインで、高橋氏がサブなら、スポンサーがついて資金調達できるかもしれない。新聞に関しては軽減税率の対象になるかの議論で、新聞は公共財だからと主張した。スローガンは「米・味噌・醤油・新聞」だった。よく言えるねという感覚だ。新聞の既得権には、日刊新聞紙法・価格カルテル・軽減税率・子会社テレビ局新規参入困難、があり守られているが、電波オークションとなるとガタが来る。オークションでも外資はダメになっている。今でも中国資本韓国資本に乗っ取られているメディアがあるんじゃないか。



【感想】

フェイクニュース、印象操作、偏向報道のオールドメディアを正すために、オールドメディアを見ない買わないは、消極的な取り組みに思える。電波オークションを支持して、既得権益のテレビ局に新規参入を許可させ、放送法を事実上廃止して、新聞業界も自由競争させ、本当に、国民・有権者・視聴者がメディアと報道内容を選別できる仕組み作りをする方が、むしろ、フェイクニュース撲滅の近道とも思える。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

米韓軍事訓練「ビジラント・エース」の解説

【DHC】12/6(水) 藤井厳喜井上和彦居島一平虎ノ門ニュース】

(その1)





開始後36分〜40分


【内容】

史上最大規模の米韓軍事訓練「ビジラント・エース」を8日までの予定で開始した。航空機230機が参加し、北朝鮮弾道ミサイル移動式発射台や南北軍事境界線付近の野砲やロケット砲の破壊手順の確認を目的とする。随分具体的ですね。韓国にとっての最大の脅威は短距離弾道ミサイルと北側国境付近に並ぶ8千〜1万本の長射程砲である。人口の4分の1が集中するソウル近郊は国境から40kmの近さで、仁川空港・金浦空港もソウルに隣接している。ここが攻撃されると政治・経済・交通が遮断される。米韓軍は並んでいる砲と指揮命令系統を最初に潰す。もし北から一斉射・二斉射・三斉射されると、短時間に約3万発の弾が飛んでくる。米韓軍がソウルを守ろうとすると先制攻撃でないと難しくなる。日本にも複数の中距離弾道ミサイルが飛んで来て、国内はパニックになる。なお、この訓練期間中に北朝鮮から攻撃を仕掛けてくることはない。




【感想】

生々しいほど具体的な軍事訓練である。F22ラプター6機が参加し、1千発の巡行ミサイルのシミュレーションと230機の航空機による先制攻撃手順の最終確認である。別の報道では在韓米国人退避訓練に関して取り上げられていた。年末から年始にかけて半島危機は極限的なピークを迎えることになる。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

現代の功山寺決起、志のため命を捨てる覚悟

【DHC】12/4(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】





開始後49分〜61分


【内容】

青山繁晴が憎くて、いないことにしたいのが、共同通信・NHK・朝日新聞などオールドメディアである。どうせ死ぬ覚悟はできているから、後ろからでも襲えばいい。あなたがたは、ちっとも怖くない。しかし、国民が選んだ総理の重要な答弁をなかったことにするのは犯罪行為である。国会の総括質疑を無視して国民を愚弄している。有権者国民は決起してオールドメディアを見ないようにすべし。モリカケについては、徹底的に論破し、安倍首相と昭恵夫人は完全に冤罪だと示した。旧ソ連や中国の報道機関より日本のオールドメディアの方がもっと悪質だ。なぜか、旧ソ連や中国の国民は報道が勝手に操作されていることを知っているが、日本では自由に報道されていると思っている。本当の安倍総理のご意向は、国家戦略特区をちゃんとやらないと日本がダメになることだった。残り時間00分になったら質問を止めると言うルールを野党は平気で破るので、与党質問こそ範を示すべきと考え01分で止めた。国会のテレビ中継ではヤジの音声を拾わないフィルターを使用しているので、テレビ放映に乗らないように工夫して汚いヤジ嫌らしいヤジを言っている。もともと世界観が違う生き方が違う人たちであって、何を言っても聞く耳を持たない。同じ日本の伝統を背負い人のために生きている国会議員とは思えない。国会議員とは、命もいらない、金もいらない、名誉もいらない、地位もいらない(であるべきだ。ところが、ほとんどの国会議員に)そんな考え方ありませんから、自由民主党がそうだ(自己中心的)と思っているでしょう、野党は特にそう(自己中心的)です。保身・保身・保身・保身・保身、テレビに映ってなければ、何をやってもいいと思っている。有権者は舐められている。傍聴席から見ている数名がネットを活用して拡散する。これが現代の功山寺決起だ。当初は狂ったと思われた高杉晋作が、自分は一人でもやると言って立ち、彼について行った数名が世の中を変えたんです。それを今はネットを使ってそれ程リスクを負わずにできる。




【感想】

青山繁晴議員、魂の叫び、一見に値します。
高杉晋作の信念が伝わりました。

長州の安倍総理、今度内閣改造する時には、青山議員を入閣させてください。



by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

米中関係の推移、及び、在日米軍の存在意義

報道特注【北朝鮮緊急撮って出しSP後編】 米本土攻撃可能なICBM発射!

(その3)





開始後2分〜11分


【内容】

4月の米中首脳会談で100日間の猶予を与えて、中国に北朝鮮を締め付けさせたが上手行かず、中国はアメリカにボールを投げ返し、アメリカが先制攻撃をしても1951年の中朝軍事同盟を発動しないという約束を公開往復書簡でした。8月10日の環球時報で、アメリカが先制攻撃した時に静観してもいい、ただ北朝鮮の体制変更をして資本主義化しようとすれば断固反対すると書いた。その4日後のウォールストリートジャーナルに返答としてマティス国防長官とティラーソン国務長官の連名で、体制変更させる意思はないと書いた。と言うことは、アメリカは先制攻撃する意思があり、中国は静観すると約束したことになる。11月の米中首脳会談で次元を上げた石油と金融の制裁を行うことを中国が呑み、北に特使を送った。一説によると、最近木造船の漂流が急増した理由は、中国が本気で石油制裁のバルブを閉め燃料が不足したからとも言われている。



日米デカップリング理論(切り離し、在日米軍撤退)はないと思っている。その理由は、アメリカは中東で事を構えようとしている。現在、サウジアラビアイスラエルは仲が良い。その理由は共通の敵イランがいるからだ。もし中東で戦闘となれば、どこに後方支援(補給・修理など)をさせるか、佐世保や横須賀で修理したり、嘉手納の航空機が空爆したり、相模原に弾薬を保管したりする。アメリカがイスラエルを支援し、サウジアラビアが武器の顧客である限り、在日米軍基地は必要である。在日米軍海兵隊・空軍・海軍で出て行く戦力であって、日本を守るために存在しているのではなく、中東に向けた最前線基地であり、不沈空母である。




【感想】

金正恩が特使に会わず門前払いしたことは、中国の外交的メンツを潰したことになる。中国が本気で石油輸出のバルブを閉めたとすると、中国は米朝開戦が不可避と判断して、戦争を回避するための最大限の努力をしましたよと言うアリバイ作りのためかと勘繰ってしまう。


在韓米軍は陸軍が主力なので、韓国を守るための戦力だが、在日米軍は日本を守るためと言うよりも、中東を向いている不沈空母の役割が大きいと言った話しを聞くと、かって中曽根元総理が日本列島を不沈空母にすると発言して大騒ぎになった時代を思い出す。今から考えると中曽根元総理は日本の防衛だけでなく世界戦略を考えていたのかと思える。ところで、安倍政権は長期政権になるが、ポスト安倍は不透明である。お父様は中曽根元総理に期待していました。中曽根康隆氏が急成長して、パフォーマンスの上手な小泉進次郎氏に追い付き、ポスト安倍の本命になって欲しいと期待しています。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村