日本は世界一長い歴史を持つ現存する国家

よく分かる 古事記と日本人についての講義 竹田恒泰 先生



全34分間


【内容】

・全世界190数ヶ国の中で、最古の国は日本です。歴史上それより古い王朝も存在しましたが全て滅びました。

・以前は古事記はウソだ神話だと思われていたが、最近の考古学の研究で、古事記の記述が史実であると証明されることが出てきた。(例、国譲り)

・日本は4世紀ごろ、戦争をしないで統一王朝ができたが、世界史上このような例はない。

日本書紀古事記天武天皇が編纂を命じて国家が編纂した正式な日本の正史です。日本書紀は国外向け、古事記は国内向け、と使用目的は異なる。

古事記は日本と関係ないことは書かない方針だった。日本列島が、どのようにできたかは書かれているが、朝鮮半島や中国大陸がどのようにできたかは一言も書かれていない。

天皇だけが神の子だとよく勘違いされているが、私たち日本人は全て神々の子孫である。

・著名な歴史家トインビーは「13歳までに神話を学ばなかった民族は例外なく滅んだ」と言った。


【感想】

「日本は、現存する国家(王朝)の中で、最も長い歴史を持っている。」と聞くと、どこか誇らしく気分が良く愛国心が高揚する。

欧米人における聖書のような書物が、日本人において古事記であるならば、機会があれば読んでみたい。


by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

中国外交を読むために、中国の内部事情を知ろう

河添恵子※神解説※リアルタイム実際の世界の動きはこうだ!日本はハイリスクにさらされている!メディアでは報じられない深い闇。



【随筆】

中国通の川添恵子氏の歯切れの良い解説です。もともと中国指導層の人名などに関する知識が乏しいこともあり、文字起こしは諦めましたが、中国の外交や、中国による日本侵略脅威を語るなら、中国内部事情の知識は必要だと感じた。しかし、一般メディアは中国の内政事情を報道しない。今や、すっかり立ち位置を変えたロシアに代わり、中国が悪の黒幕の役割を担っている。川添氏は、いろいろな人間関係も披露した。習近平派と江沢民派は文字通り生きるか死ぬかの死闘を繰り広げ、胡錦濤江沢民の傀儡政権だった。習近平金正恩は敵対関係にあり、江沢民派はクリントン財団と利害関係が一致しており、トランプ大統領は、できないと分かっていて、習近平北朝鮮の締め付けを依頼して中国より上に立った。プーチン大統領は中国内の権力抗争の状況を全て把握していて余裕があり、4月の半島危機の際にチャイナセブンの3人がプーチン詣でをした。秋の中国共産党大会までは、不確定要素が多く、中国の動きは読みづらい。ソ連時代のクレムリンのような不気味さはないが、共産党独裁国家であることを忘れてはならない。日本は憲法を改正してフットワークを軽くし柔軟に対応できるように備えておくべきである。


by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

世界情勢の見方の一端

【DHC】7/24(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】



【内容】

開始後98分〜100分

北朝鮮は核保有国を前提にして出口を探している。よく北朝鮮は、モンゴルを仲介として当てにしていると言われているが、実は北はモンゴルには期待しておらず、イギリスを頼みにしている。



開始後113分〜118分

共和党民主党の指導部がロシアへの制裁強化法案で合意した。

・これは、共和党指導部が溺れかけているトランプ大統領に救命具を投げ入れたようなこと。

・ロシアゲートでは、ロシアのおかげで選挙に勝ったのではないかと疑惑をかけられている。共和党指導部は、トランプ大統領がロシアへの制裁強化に同意して疑惑を払拭させられるように温情を示した。



【感想】

いつも、青山議員の情報収集分析力には驚嘆しているが、今回は、少し首をひねって聞いてしまいました。

イギリスのメイ政権の基盤は脆弱で、とても北朝鮮問題の仲介役を担えるとは思えません。それを北が期待しているとすると、見当違いも甚だしい。

共和党指導部はネオコンとつながっており、彼らは救命具を差し出すふりをして、G20で近付いたトランプ大統領とプーチン大統領の間を離反させようと企んでいるだけではないだろうか。


by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

映画「南京の真実 第一部」を観て

水島総】「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」特別編集版[桜H27/3/21]



全172分間


【感想】

・長時間映画なので観るのも大変でした。

・前半は、東京裁判で処刑された7人の死刑囚に焦点を当てながら、南京大虐殺がウソである多数の証拠映像や証言を含んでいました。後半は、処刑執行告知から処刑執行までの最後の一日を描いていました。

・死刑執行映画は、生死の問題を扱うのでトラウマになるほど強い印象を残します。昔、観たアランドロンの「暗黒街のふたり」、トムハンクスの「グリーンマイル」も強烈でしたが、これらは個人の罪に対する刑罰でした。それに対し「南京の真実 第一部」では、国の代表としての処罰でした。

・映画の中で、ひとりの死刑囚が語っていました。「自分の処刑には、3つの意味がある。1つ目は国民に対する謝罪、2つ目は国家再興の礎となる、3つ目は天皇陛下に累が及ぶことを防いだ」正に日本の人身御供でした。

・ところで、中国や韓国の主張に耳を傾けると「7人を始めA級戦犯が合祀されている靖国神社に、首相や閣僚が参拝すると外交・政治問題となる」だが、本当にそうであろうか。

・また、馬渕先生は、日米関係を安定化させるため、安倍首相も靖国神社を参拝をして日本ファーストを行うべきだと主張しています。映画を観ながら、東京裁判外交問題靖国問題、いろいろ繋がっているなと改めて感じました。


https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/region/amp/170531/rgn1705310063-a.html



by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

映画「南京の真実 第三部」のPV

【7月22日松本上映会】映画「南京の真実支那事変と中国共産党」上映スケジュール [桜H29/7/8]



全4分間


【意見】

あの水島監督の渾身作「南京の真実 第三部」のプロモーションビデオで、インパクトの強い予告編に仕上がっています。

第一次世界大戦は再臨主を降臨させるため、第二次世界大戦は再臨主が公生涯を出発するため、摂理的に避けて通れぬ戦争ではありました。

日本は有史以来、天皇を中心とした和の国でしたが、その国体とは決して打ち解け合うことのできない唯物主義のソ連南下の脅威が迫って来ました。本来なら民主主義陣営の国家と手を組んでソ連に対抗すべき時代でしたが、こともあろうに国際金融資本家に操られたルーズベルトは日本を締め付けに掛かりました。日本はやむなく自衛戦争を始めるしか選択肢がなくなりました。国際金融資本家の狙いは、日本を押さえ込んで、中国を共産化させることでした。戦後日本は、まんまと自虐史観を植え付けられ、中国は思惑通り共産党独裁国家となりました。

そして今、真実を知るべき時代となりました。この映画は、チャンスがあれば必ず観たいと思っています。


by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

皇位継承問題の解説

青山繁晴さんが皇位継承問題を解説



全24分間


【意見】

青山繁晴氏が国会議員のなる前の野田政権時代における動画ですが、とても分かりやすいと思います。さらに前の小泉政権時代には、皇統の危機が報道され、有識者会議により女系天皇容認の流れができた時、高天ヶ原から神風が吹き日本は守られました。秋篠宮家の紀子様がご懐妊され、悠仁親王がお生まれになりました。

・昨年、今上陛下の生前退位のお気持ちを宮内庁の不届き者がリークし、今年、眞子様ご婚約に関して、又してもリークがあった。反皇室勢力に加担する由々しき行為である。彼等の最終目標は女系天皇即位による国体破壊であるが、その第1ステップとして女性宮家の創設を目論んでいる。

・そして、女性宮家創設のタイムリミットは、眞子様ご結婚までである。なぜなら、女性宮家眞子様ご結婚までに創設されなかった場合、その後、佳子様ご結婚前に、創設の議論はバランス上、出しづらく国民感情的にも受け入れ難い。それで反対派にとって、時間は限られ焦っている。

・保守陣営は、眞子様ご結婚まで、女性宮家創設を阻止し、その後は正攻法で、旧皇族皇籍復帰を目指した議論をすれば良い。

・ところで、日本の皇室に関して亨進二代王様は説教などで言及されたことはないので、摂理とは関係ないのではないかとお考えの方も多数いらっしゃるのではないかと推察します。私は、女性宮家に反対するか否かは、左翼工作に抵抗する意思があるかないかのリトマス試験紙(分別基準)になると思います。亨進二代王様が安倍首相支持を示されたなら、私たちは、政策面でも、憲法改正賛成、女性宮家反対を明確にして、安倍首相を応援して参りたいと思います。


by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ロシアのおかげで、分裂を免れたアメリカ

馬渕睦夫『和の国の明日を造る』第56回 テーマ:「マスゴミ化するマスコミと民主主義」



開始後7分〜11分


【内容】

・アメリカで反ロシア報道が過熱しているが、トランプ大統領にとってはロシアは友人である。

南北戦争の時に、当時の帝政ロシアのアレクサンドル2世が北部を支援し、そのおかげでアメリカは分裂を免れた。南部を支援したのはイギリスとフランスであった。ロシアはアメリカの恩人となる。

・トランプ大統領が、南北戦争の原因は奴隷解放ではないと口を滑らせたことがあった。



【感想】

・ロンドンに拠点を置く国際金融資本家は、アメリカのチカラを削ぎ、アメリカの通貨発行権を牛耳って、武器商売で甘い汁を吸おうと企み、南北戦争を画策した。始めからアメリカ人同士が血を流し合うことなど気にもせず、アメリカを分裂させる目的で謀略を立てた。

・その時、ロシアだけが、リンカーンを応援した。分裂を阻止したリンカーンは歴史に名を残す偉大な大統領となったが、その影にあったロシアへの恩を忘れてはならない。

・イエス時代のローマ帝国のような国を、神は再臨主を降臨させる前に準備しなければならなかった。ロシアは19世紀に、その神の摂理に貢献したが、残念なことに20世紀には、共産陣営の盟主として、サタンの手先となり猛威を振るってしまった。しかし、21世紀になり、放蕩息子ロシアが神側に戻ってきた。トランプ大統領もプーチン大統領も、本人が気付かぬうちに摂理の方向に沿って進んでいる。


by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村