中止となり泣きっ面に蜂の金正恩

トランプ氏「私たちの核兵器の方が大量で強力だ。使わずに済むことを神に祈る」 対話機運一転

米朝会談中止

http://www.sankei.com/smp/world/news/180525/wor1805250001-s1.html

トランプ米大統領が6月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談の中止に踏み切ったのは、北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ政権の求める「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」に応じる意思が確認できないと判断したためだ。米政権は今後、軍事的選択肢も視野に入れつつ、北朝鮮が改めて対話の意思を表明しない限りは最大限の圧力をかけ続ける「抑止と封じ込め」路線に回帰することになる。

トランプ氏が会談中止を決断する決め手となったのは、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が24日の談話でペンス副大統領を「政治的なでく人形」と罵倒した上に、米朝の「核戦争」にまで言及したためだ。
 
敵対的発言に激怒

 ポンペオ国務長官は、米朝会談で北朝鮮に「完全核放棄」を迫るため、「万全の準備を整えていた」と強調する。しかし、北朝鮮によるここ数日間の敵対的発言に加え、会談準備で米政権の求める「条件」に関して明確な回答がないなどの事態が目立ち始め、トランプ政権は、会談を有利に導くための「揺さぶり」の域を超え、会談自体を「成功」させる意思がないと受け取った。

 トランプ政権高官が米メディアに語ったところでは、トランプ氏は北朝鮮の談話に激怒し、24日朝になって金氏に対して会談中止を通告する書簡の作成に取りかかったという。

 トランプ氏の態度は、会談中止を反トランプ勢力から「政治的失点」と攻撃されるリスクを冒してでも、北朝鮮に対して「あくまで完全非核化」を要求していく立場であることを明確に打ち出すものだ。

 北朝鮮が24日、北東部豊渓里の核実験場を「閉鎖」したことに関しても、「恒久的かつ不可逆的な閉鎖が重要だ」(ナウアート国務省報道官)と指摘。専門家による検証がなされない以上は、「非核化」とは無関係の政治ショーだと冷静に受け止めていた。

 トランプ政権はむしろ、会談中止は北朝鮮への打撃になるとみる。そもそも会談を要請してきたのは北朝鮮であり、会談が実現すれば金氏が自らの「歴史的偉業」として喧伝(けんでん)していたのは明白だからだ。
 
軍事攻撃の警告も

 ただ、トランプ政権としては外交解決の道を完全に放棄したわけではない。むしろ、金氏に「完全核放棄」を受け入れさせる確証のないままに会談に突入するよりは、より綿密な準備のための期間を確保できたとも言える。

 最大の問題は、北朝鮮が今後どう出てくるかだ。

 トランプ氏は金氏に宛てた書簡で、拘束されていた米国人3人の解放に感謝した上で「素晴らしい関係が築かれつつあった」と指摘し、「気が変わったら遠慮なく電話や手紙を下さい」と手を差し伸べた。

 ただ、トランプ氏は一方で「私たちの核兵器の方が大量で強力だ。使わずに済むことを神に祈る」と述べ、軍事攻撃で金体制を壊滅させることもできると警告するのも忘れなかった。

 金体制の生殺与奪の権は、引き続きトランプ政権が握っている事実に変わりはない。(ワシントン 黒瀬悦成)







【感想】

ディールの達人トランプ大統領の面目躍如となる中止発表であった。驚いたのは、金正恩以上に習近平と文在寅だっただろう。世論は中止を支持しており、米政府にとり状況は更に良くなった。大連での中朝首脳会談を境に金正恩の態度は豹変した。しかし、米中貿易戦争で弱い立場の習近平は、金正恩が期待するほど制裁破りの支援はできない。そのため、金正恩が根を上げるのも時間の問題である。もし、金正恩が再度、米朝首脳会談を求めるにしても、今度は手ぶらでは行けず、核爆弾・核原料・核施設の自己申告リストくらいは手土産として持参することになる。そして、軍事的圧力もレベルアップされる。金正恩が隠れている地点までステルス戦闘機が超低空で侵入し一気に急上昇して爆音を轟かすくらいやるかもしれない。私も以前、自衛隊のエアフェスタでF15の急上昇を真下で見たことがあるが、ド迫力の爆音だった。恐怖映画で実証済みだが、「音」の活用は不安や恐怖を掻き立てる効果が絶大である。






by ロード





クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

豊渓里の核実験場を爆破する茶番劇

北朝鮮が核実験場の坑道爆破を実施 外国報道陣に公開

激動・朝鮮半島

http://www.sankei.com/smp/world/news/180524/wor1805240046-s1.html


【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は24日、北東部、豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の坑道を爆破した。AP通信などが報じた。実験場の廃棄式典は午前11時に始まり、昨年の6回目の核実験などが行われた坑道や地上の観測施設を爆破。午後4時17分までにこれまで未使用の2つの坑道も爆破された。

 韓国や米国、中国など5カ国メディアの報道陣が、プレスセンターが置かれた東部、元山から専用列車などを乗り継いで現場入りしており、廃棄の模様を見守った。

 北朝鮮は、廃棄を核実験中止の透明性を保証するため、「わが国が主導的に講じる極めて重大な措置」と強調。非核化意思を目に見える形で示し、6月に予定された米朝首脳会談を優位に進めるのが狙いだ。

 金正恩朝鮮労働党委員長が立ち合ったかも注目されている。

 豊渓里には、計4つの坑道があるとされるが、北朝鮮は、全ての坑道を爆破・崩落させ、入り口を完全に封鎖した後、観測施設など地上の施設を撤去する手順で封鎖を行うと説明していた。

 韓国統一省当局者は24日、気象状況から廃棄が24日中に行われる確率が高いとの見通しを示していた。北朝鮮は実施期間を25日までとしていたが、現地は25日午後から雨が降る予報だった。

 外国報道陣は、通信機器の持ち込みが制限されているともみられ、詳細な報道や映像の配信が25日以降にずれ込む可能性もある。







【感想】

岩盤崩落して使えない豊渓里(プンゲリ)の核実験場を法外な取材料をボッタクリして、既に見破られ冷やかに見られている非核化ショーを行った。このショーは、米政府の求める、完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄(CVID)の始めの一歩にもなっていない。では、非核化へのロードマップを考えてみる。いつでも交渉決裂・軍事オプション行使の切り札を切れる状態にしておいて、米情報機関が把握している情報は公表せず、まず、北朝鮮から核爆弾・核原料・核施設を自己申告させる。半年を限度とする解体期限を決める。現地解体または米国へ運搬後解体を実施する。その後、IAEAまたはCIAが米国独自の情報に基づいて核査察を実施し、並行して関係者の事情聴取を行う。約束違反なく核廃棄が完了したことを確認後、制裁を解除し、経済支援を開始する。


なんと、米朝首脳会談が中止になったニュースが出ていた。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

もがけばもがくほど状況を悪くする金正恩

トランプ氏、米朝会談中止の可能性に言及「十分ある」

米韓首脳会談

http://www.sankei.com/smp/world/news/180523/wor1805230003-s1.html

【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスで韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。北朝鮮が6月12日に予定される米朝首脳会談の中止に言及したのを受け、トランプ氏は文氏からの「意見聴取」を通じて北朝鮮に完全非核化の意思が本当にあるのかを見定め、米朝会談を決行するかどうか判断したい考えだ。

トランプ氏は会談の冒頭、記者団に、北朝鮮金正恩キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が「非核化に真剣だと思う」との認識を明らかにした上で、金氏が米国の求める条件に応じない場合は「会談は行われない」と指摘。会談中止に踏み切る可能性も「十分にある」とした。

 トランプ政権は、北朝鮮が16日、「米国による核放棄の強要」を理由に米朝首脳会談の中止を示唆したことに関し、「予想していた」(サンダース大統領報道官)と冷静に受け止めつつも、文氏が南北融和を促進させたい思惑から、北朝鮮の非核化の意思を誇張して米国に伝えたとの疑念を抱いているという。

 このため、トランプ氏は文氏に対し、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」が実現しない限り、北朝鮮への制裁圧力は緩和しないとの立場を改めて打ち出す方針だ。加えて北朝鮮が求める、非核化に向けた措置に合わせて段階的に制裁を緩和する「行動対行動」に同調しないよう文氏に念を押したとみられる。

 ペンス副大統領も事態を受けて21日、FOXニュースの報道番組に出演し、「北朝鮮は守る気のない約束で米国から譲歩を引き出すようなまねはしない方がいい」と指摘。金氏がトランプ氏を翻弄できると考えているとしたら「大きな間違いだ」と警告した。

 ペンス氏はまた、外交的解決の道が閉ざされた場合、軍事的選択肢の行使の可能性を「一切排除していない」と語り、北朝鮮を強く牽制(けんせい)した。

 ただトランプ氏は、朝鮮半島での戦争を回避したい文氏から「対話解決」を懇願されるのは必至だ。トランプ氏もこの日、会談を一時延期し、北朝鮮と調整を重ねる可能性に言及した。







【感想】

事態が混迷すると、10人の解説者が10通りの解説をする。私の見立ては下記の通りです。金正恩習近平に泣き付くことで、制裁破りの支援を受ける言質を取り、アメリカを揺さぶりに出た。文在寅は自称仲介役だが、北朝鮮から門戸を閉ざされ、アメリカからの信頼も失墜し、哀れな役回りである。「段階的な非核化」や「行動対行動」などは米政府の眼中になく、制裁を破る国は、たとえ中国でも韓国でも、アメリカから締め付けられる。昨年まで、北朝鮮の背後に国際金融資本家が付いており、米国内にも息のかかった勢力が存在したので、北朝鮮は挑発ができた。しかし、今年に入り、グローバリストは北朝鮮から手を引いた。この状況で、金正恩がアメリカを挑発すれば、墓穴を掘ることになる。米政府は米国内の世論には関心があるが、最終的には国連や国際世論を気にしないで決断する。中国は貿易摩擦でZTEが倒産間近になり、ファーウェイも先細りとなっている。本音では、制裁破りをして、これ以上アメリカを刺激したくないと思っている。





by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

北朝鮮終焉へのカウントダウン

米副大統領、北朝鮮に警告「トランプ氏をなめるな」 非核化意思ないのなら会談とりやめ

米朝首脳会談

http://www.sankei.com/smp/world/news/180522/wor1805220014-s1.html

【ワシントン=黒瀬悦成】ペンス米副大統領は21日、FOXニュースの報道番組に出演し、北朝鮮米朝首脳会談を中止する可能性に言及したことに関し、北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ大統領を翻弄できると考えているとしたら「大きな間違いだ」と警告した。

ペンス氏は米朝首脳会談について、「北朝鮮が韓国を通じて非核化の意思を表明し、対話を求めてきたから応じた」と指摘した上で、米国が求めているのは「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」だと改めて強調した。

 また、「北朝鮮は守る気のない約束で米国から譲歩を引き出すようなことはしない方がいい」と強調。米国としては北朝鮮の核・弾道ミサイル問題の「平和的解決を望む」としつつ、北朝鮮が非核化に応じるまで「最大限の圧力」を緩めることはないと表明した。

 また、北朝鮮に非核化の意思がないと判断した場合は、トランプ政権の側から6月12日に開催予定の米朝首脳会談を「疑問の余地なく」取りやめると明言した。対話解決が頓挫した場合の軍事的選択肢の行使に関しても「一切排除していない」と語り、北朝鮮を牽制(けんせい)した。





【感想】

金正恩が揺さぶりをかけても、トランプ大統領は全く動じない。一度だけノーベル平和賞による板門店開催の誘惑に騙されそうになったが、ペンス副大統領ら側近の諌言に耳を傾ける理性は保っている。北朝鮮から非核化の意思を示し米朝首脳会談を求めておきながら中止となれば、誇り高い米国民を愚弄したことになり、米国世論を結束させ、自衛的先制攻撃に踏み切らせる大義名分となる。亨進二代王様を始めアメリカ政府中枢や米軍幹部の多くが、金正恩は核放棄する意思はないと見ている。北朝鮮の核爆弾を朝日新聞は12個と報道したが、青山議員によれば、それは誤報で日本の情報機関が証拠をつかんだだけでも27個、米国の情報機関は最大80個と見ている。もし米朝首脳会談で非核化を約束した後に、北朝鮮が核爆弾を隠し持っている証拠が上がると、その時、北朝鮮は世界地図から消えてなくなる。





by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

亨進二代王様が絶賛されたカリスマスピーチ

ファンクラブさんブログより

生きたキリストと連結される銃器所有保守派達■亨進二代王■2018年5月16日水曜礼拝韓国語

http://h2fanclub.blogspot.jp/2018/05/2018516.html?m=1




Mark Robinson at Greensboro NC City Council on Gun Show(日本語字幕)


【動画の説明文】

ノースカロライナ州グリーンズボロ市議会が、ガン・ショー(銃器展示見本市)のキャンセルを検討する中、「大多数」の市民を代表してマーク・ロビンソン氏が議会のポリティカル・コレクトネスを正し、米合衆国憲法における正当な権利を主張した。FOX8の2018年4月7日の報道によると、FaceBookでシェアされた演説動画の視聴回数はその時点で300万回を超えていたという。




【字幕】

私の名前はマーク・ロビンソンです。サウスコート4015に住んでいます。
ずっとここグリーンズボロ市に住んでいます。
私には気の利いた演説を書く時間はありません。
あの学校で英語の先生に付いてもらって原稿を書き、
ここに持ってきたり、練習したりするための資金もありません。
私がここにきた本当の目的はこうです。
ここにいるたくさんの人たちが今夜、
あれこれの団体、国内の暴力事件、
黒人とこちらの少数派あちらの少数派について
話しているのを聞きましたが、
私が知りたいのは、みなさんは
いつになったら多数派のために立ち上がるのか?ということです。
ここにいるのが多数派です。私こそが多数派です。
私は法律を遵守する市民であり
誰かを撃ったこともなく、深刻な罪を犯したこともなく
重罪を犯したこともありません。そのようなことは全くしたことがありません。
しかし、こういった銃撃事件が起きるといつでもそうですが、
責任を負うべき者を非難しようという人が誰もいません。
つまり、それは銃撃犯のことです。
責任を私に負わせたいと思っています。
方向転換して私の権利を
紙にちゃんと書かれている憲法上の権利を制限したいということです。
私が銃を買って、みなさんが今夜ここで話しているような
まさにそういう人から自分を守る権利を制限したいというのです。
ばかげたことです。ロッド・サーリングであっても
もっとましな脚本を思いつくとは思いません。
全く筋の通らないことです。
この地域と全国の様々な地域の法律を遵守する市民
こういうことが起きた時、その私たちが真っ先に税金を払っているのに、
最後まで顧みられません。
そして真っ先に罰せられます。
私たちの権利が奪われているからです。
私がここに来たのはそういう理由です。
ガン・ショーをやるのかやらないのか、NRAに賛成か反対か。
私は法律を遵守する市民のために戦うために
ここに来ています。
私は何が起きているか話そうとしているからです。
あなたたちは、全員が望んでいるように私たちから銃を奪えます。
みなさんが法律を作り、私は法律に従います。
私は自分の銃をここに持ってきます。提出します。
ところがここで何が
町の向こう側にいるクリップスとブラッズのギャングは、
銃を提出しないでしょう。
彼らは銃を手放しません。
それを取り上げるために警察を送らないといけないとすれば、何が起きるでしょうか?
警察はほとんど、その法律をそのごとくに執行できません。
それが私の見解です。私たちは警察を悪者扱いし、
警察を犯罪者と見なして中傷しています。
そして犯罪者を被害者として扱っています。
その上で銃規制について話し合うというのですか?
警察がもう骨抜きにされているのに、どうしてそんなことをしようというのですか?
この犯罪者たちから銃を取り上げることはできないでしょう。
すると犯罪者たちは銃を手放さないということです。
そのまま銃を持っています。私の家に押し入り、その銃で私を撃つでしょう。
では被害を受けるのは誰だと思いますか?それは私になるのです。
さて、今夜私がここに来て伝えたいことは、
戦いなしには始まらないということです。
戦いというのは、銃で撃つことではありません。
拳を振るうことではありません。
左翼のいかれた人たちがやるように、
この市議会に来て騒ぎ立てるという意味です。
あなたたちが、この町の大多数の人たちの声に耳を貸すまでです。
私はその多数派です。
この町の大多数の人は法律を遵守しています。
法律に従っています。またその人たちは、
武器を携帯するという憲法上の権利を求めています。
ガン・ショーに行ってハンティングライフルやスポーツライフルを
買えるようにして欲しいと思っています。
ガン・ショーで軍用の武器は販売されていません。
AR-15は軍用兵器ではありません。
AR-15を持って戦場に行くのはバカです。
半自動の22口径ライフルです。
そんなものを持って戦場に行けば、15分で殺されるでしょう。
そういった神話を全て一掃する必要があります。
こういったものを全て止めさせる必要があります
ここで続けられているこのような分裂全てを
銃が好きでも嫌いでも、修正第2条は(憲法に)書かれています。
全ての人のために書かれたものです。
そして私はその全ての人の1人であり
この町の法律を遵守する市民は、その全ての人に含まれるます。
私たちは自分たちの権利を必要としており、権利を守りたいと思っています。
そして神に懸けてそれを守ります。
たとえどんなことがあったとしても





【み言】

とにかく私たちのマーク・ロビンソン(Mark Robinson)も、一度つけて下さい。オーディオ(の音を)下げて、一度つけて下さい。この人もどれほど有名なのか。今年、この黒人の方がどれほど有名になったのか。このスピーチを通じて全国的に有名になりました。数千万人もの人が見ました。そして数千万人の人が拍手して、数千万人の人がファンなりました。

マーク・ロビンソンと言う一般の人です。一般の人。ノースカロライナ州に住む人々ですが、あ!私達がブレードショーに行ったらマーク・ロビンソンに会えるかな?行こうか?ノースカロライナはすぐ隣ですね。ジョージアのすぐ隣はノースカロライナ州じゃないの?私たちマークに会いに行こうか!?ご馳走してあげようか?

とにかく、この人が狂ったように有名になりました。どれほど有名になったかというと、NRAのコンベンションで、NRAショーでお話してほしいと要請までしながら、ダラステックスまで連れて行ったのです。この人がNRAコンベンション、トランプが演説した場所で同じ場所で話をしました。今回。ものすごく大きなスターになってしまいました。瞬間的にインターネットを通し、鼓舞的に出たから。

この人がどれだけ上手く話をしたのか、準備もなしに、ただ心情から弾け出す、感情的ですが合理的で、表現も凄くてスタイルも凄くて、黒人の奴隷の歴史もあるから人権のために戦ったかっこいい英雄のような・・・、うわ~!とにかく物凄いカリスマ性があります。この人が。物凄いカリスマです。

今回、昨日だったかな。マーク=ロビンソンは、キングスリポートに出ました。アジュ(拍手)、私たち楽しく過ごしましたね。約一時間の間。 聖書の内容をわーっと皆様に説明したことを全部この人に説明しました。この人は完全に正しい、正しい、正しい、正しい、正しいと言いました。王冠も必要である。鉄の杖も必要である。正しい、正しいと。






【感想】

言うまでもなく、現在の摂理の中心は「鉄の杖」です。ただ、日本に住んでいると、実物のAR-15に触れる機会はなく、銃の事件もほとんどないので、このようなスピーチに対しても、どうしても身近な感覚が希薄となってしまう。しかし、心霊を研ぎ澄まして尋ね求めると、世界中のどんな出来事よりも「鉄の杖」の問題が重要であると本心で感じる。





by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

アジア・オセアニアで反中勢力の巻き返し

【DHC】5/11(金) 上念司×大高未貴×居島一平虎ノ門ニュース】





開始後92分〜102分

【内容】

マレーシアは92才で反中のマハティール氏が勝利した。親中で前職のナジブが選挙直前まで有利だったが、大逆転で親中政権を倒した。一昨年の台湾の蔡英文がアジアにおける反中政権誕生のスタートを切った。ベトナムは共産政権で選挙はない。フィリピンのドゥテルテは親中と見られていたが日本を尊敬している。インドネシアでも親中派が失脚した。オーストラリアでは中国の不正工作を暴いている。ニュージーランドでも親中派が窮地に立たされている。タイの軍政は親中で民政のタクシンも親中だ。カンボジアも親中、ラオスも親中、ネパールも王族が倒された親中である。台湾の蔡英文政権は安倍首相が支えた。日本は親中の政治家が多い。






【感想】

マレーシアと台湾は、対中国の砦となり力強い。ただ上念氏の言うように反中政権樹立ドミノとなるかは不透明である。大半の親中勢力は、中国の裏金にすり寄っていたり、中国軍の脅威に怯えている連中であり、信念はない。


東南アジア情勢を聞きながら、中国軍のA2AD(近接阻止・領域利用拒否)は戦略として既に成り立たず、南シナ海のサンゴの上に築かれた人口島の要塞化は困難であり、巡航ミサイルの的になるだけ、など興味深い内容もあった。


近隣地域で、これだけ中国離れが進んでいると言うことは、各国が欺瞞に満ちた一帯一路などから、中国の魂胆を見抜くようになってきた。日本は安倍首相を前面に立て、日米同盟を基軸としたインド太平洋戦略が、結局のところ、この地域の各国にとって最も有益であると地道に説明し訴えて行けば良い。そして、この地域の安定の観点からも憲法9条の改正は必要である。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

金正恩独裁体制が継続した場合の難しい日本の立場

トランプ大統領、北が非核化すれば「正恩氏を保護」「リビア方式」は否定


米朝首脳会談


http://www.sankei.com/smp/world/news/180518/wor1805180012-s1.html


【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は17日、記者団に対し、北朝鮮が非核化すれば「(金正恩朝鮮労働党委員長は)保護を得られる。取引に応じるのが最善の道だ」と述べ、核放棄と引き換えに金体制の存続を保証する用意があるとの立場を示した。「保護」の詳細については明らかにしなかった。

トランプ氏はまた、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が先に言及していた、完全な核放棄の実施後に制裁緩和などの見返りを提供する「リビア方式」に関し、「リビアでは(当時の最高指導者)カダフィ氏の保護を確約しなかった」と指摘し、北朝鮮の体制保証を図ろうとしている点で「リビア方式とは異なる」と強調した。

 北朝鮮ボルトン氏がリビア方式に言及したことに対し、体制崩壊への懸念から強く反発していた。

 さらに、北朝鮮米朝首脳会談を中止する可能性に言及した問題では、「北朝鮮とは、何事もなかったかのように(会談準備で)協議を進めている」とし、6月12日に予定される米朝首脳会談の開催に影響はないとの見通しを示した。

 会談については「恐らく大成功する」とする一方、「会談が実現しなければ、次の段階に進む」と語り、北朝鮮への圧力を一層強めていく考えを示した。

 一方、サンダース大統領報道官は17日の記者会見で、米朝首脳会談の目的が北朝鮮の「完全な非核化」であることに「何の変化もない」と強調。また、北朝鮮が非難した米韓共同訓練「マックス・サンダー」の実施計画を変更する意向もないと表明した。





【感想】

北朝鮮金正恩独裁政権が存続する中での拉致関連の交渉は困難を極める。日本の警察が北朝鮮に入り込んで主導的に捜査することは難しい。北朝鮮にとって都合の悪い情報を知ってしまった方は隠しておいて、無難な被害者だけを一方的に選んで提示した場合に日本政府は厳しい判断を迫られる。もしも他に生存する被害者がいた場合、その方は祖国に見捨てられてしまう。どのような状況になり、どのような基準で制裁を解除し、経済支援に踏み切るか、アメリカ政府とよく連携し、政府内でもよく検討しておかなければならない。世間に知れ渡り世論の後押しのある拉致問題でも、このように難しいことを考えると、表面的には自己決定して北朝鮮に渡った日本人妻の問題は気が遠くなるほど困難に思えてくる。


ちょうど1ケ月前、亨進二代王様が「トランプ大統領とアメリカは末期癌である」と語られました。米朝首脳会談まで1ケ月を切った今、癌の症状はどれくらい回復したのであろうか、とても心配です。



by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村