中国共産党大会の注目ポイント

中国共産党大会が18日開幕 習近平主席、長期支配へ布石打てるか


http://www.sankei.com/smp/world/news/171016/wor1710160044-s1.html




ニュース女子』 #128(トランプ政権・中国共産党・政治家)



開始後28分〜41分



【内容】

中国共産党全国代表大会が10月18日に開催され、この党大会で今後5年間の党内での地位・序列が決定される。習近平が総書記を更に5年続けることは確定的だが、ポスト習近平を巡る権力闘争は熾烈を極めている。中国には3つの派閥があり、江沢民派の上海閥胡錦濤派の共青団習近平派の太子党がある。習近平は就任以来、汚職摘発で政敵を排除してきた。ポスト習近平胡錦濤派の胡春華孫政才が有力であったが、陳敏爾がポスト習近平に内定したと報道されたがどうなるか。中国共産党組織図では、政治局常務委員7人、共産党員9千万人、となっており、序列は習近平李克強張徳江の順で、68歳以上は引退するため5人が入れ替わる。習近平文化大革命の時代に穴蔵生活をして苦労し、表情がなくなった。王岐山は秘密警察のトップだったが引退するだろう。ポスト習近平の常務委員候補は、胡春華、栗戦書、陳敏爾である。習近平は半永久的独裁を望んでおり、安倍首相との相性が悪い。




【感想】

激しいミクロの動向にあわせ、マクロでも、18日から中国では共産党大会、22日に日本の総選挙、11月3~14日にトランプ大統領のアジア歴訪と半島危機の行方に直結する大きな動きが連続する。


中国は建国以来68年を経過した。共産主義が70年を越えられないことを思うと、5年後の次回共産党大会はないかもしれない。艱難時代の後半も習近平体制となり、安倍首相との相性は悪い。


世界が注視する中国共産党大会の注目ポイントは、ポスト習近平とチャイナセブンが決まる点である。


独り善がりのヘンな喩えで恐縮ですが、中国は覇権を狙う野心家の伊達政宗、アメリカは徳川家康、日本は二代将軍徳川秀忠、秀忠は家康と一体化していれば、政宗を恐れることはない。家康のカリスマ性と秀忠の立ち振る舞いが優秀だったので、徳川260年の基礎を築くことができた。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

トランプ大統領、アジア歴訪日程の凄味

【ワシントン=黒見周平】


http://sp.yomiuri.co.jp/world/20171016-OYT1T50082.html?from=ytop_ylist


ホワイトハウスは16日、トランプ大統領が11月3~14日に予定する初のアジア歴訪の日程を発表した。
ハワイ州を経由し5日に来日する。6日に安倍首相と会談し、北朝鮮による拉致被害者家族と面会する。

 7日には韓国の文在寅ムンジェイン大統領と会談する。韓国国会で演説し、北朝鮮への圧力を最大化するため、国際社会に団結を呼びかける見通しだ。8日は北京に移動し、中国の習近平シージンピン国家主席と会談する。

 10日にはベトナム・ダナンでアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席。関連会議でインド・太平洋地域について演説する。フィリピン・マニラでは東アジア首脳会議(EAS)に参加する。





【感想】

この記事を読み、正直、驚きました。最初の訪問先を日本として、拉致被害者家族と面会されることもさることながら、韓国での日程に国会演説や宿泊も含まれ、平和時の歴訪と変わらないことに、アメリカの凄味を感じました。


トランプ大統領と金正恩が罵倒し合い、ミサイル発射と軍事演習を見せつけて、まるで開戦前夜の様相を呈する中で、肝っ玉の座った訪韓である。よく警備担当部署が許可を出したものだと感心しました。DMZに隣接する多連装ロケット砲など問題外と言っているに等しい日程です。国会演説中は米軍ヘリを待機させ、宿泊は米軍基地内で離陸準備したエアフォースワンの中で休まれるのだろうか。


心配し出すとキリがないのですが、潜伏している工作員によるテロも、ドローン来襲も、米国内での反対デモや暴動計画も、あらゆる状況を想定し、大丈夫と自信を持っての日程発表ですから、言外に「オラ、腰抜け野郎、かかってこいや」と威嚇しているようです。


日米首脳会談では有事の際の後方支援などで突っ込んだやり取りが予想され、韓国の国会演説では、北朝鮮への圧力を最大化するため、国際社会に団結を呼びかけ、米中首脳会談では、戦闘行為や戦後処理に対する最終確認が詰められるだろう。トランプ大統領の決意を各国首脳に直接伝える最終的な戦争準備のための歴訪になると思う。


トランプ大統領がアジア歴訪を終えて帰国した後には、何が起きても不思議ではない。韓氏オモニの背信で韓国は条件をなくしており、亨進二代王様が何度も審判について語られていることを思うと、戦争が起きずに何ヶ月も経過することを想像することができない。


歴訪中のトランプ大統領の安全を心からお祈りします。



by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

江利川会長の礼拝ビデオを拝見して

天地人真の父母様】天宙完成祝福聖婚式にあたって


https://nqj17437.wordpress.com/2017/10/14/10月8日礼拝ビデオ【天地人真の父母様】天宙/



【感想】

整理された内容をお聞きしながら、頭の中でいくつも脈絡のない思いがよぎりました。


愛唱歌「涙の歴史」の歌詞「血のにじむ 戦いの中で ただひたすら 待ち続けた 真の母を捜して」が頭をよぎり、胸に染み入ってきました。お父様は、真の父母として立つため、凄まじい執念でご自分が聖和され霊界に逝かれた後でも、生きて働き、摂理の先頭を歩まれていらっしゃると痛感しました。


お父様のみ言に「息子がお母さんをいつでも選ぶことができる」と言う衝撃的な内容があり、亨進二代王様が精誠を積み重ねて尋ねると「生年月日を調べなさい」と示され、そして確信を得て、康賢実真のお母様に伝えると「自分には、そんな資格はありません」と仰いました。実際には、言葉にはできない深い心情世界と神秘的で霊的な交わりがあったことは想像に難くありませんが、少し教えていただいただけでも深い感動がありました。


礼拝の中で「お父様は、ご存知で準備しておられたのではないだろうか」と語られていました。お父様がサタンよりも知恵深いことを考えると、万一将来、韓鶴子オモニがサタンに持って行かれた場合に備えて、康賢実真のお母様を密かに準備されていたのだろうかとも思えてしまいます。実体的に36家庭とはせず、聖人アウグスチヌスと霊界祝福を与え、緊急事態に備えた天の秘密兵器として温存されていたのであろうか。一般シックに天の奥義を推し測ることは出来ませんが、康賢実真のお母様のおかげで、天の摂理が守られ、人類に救いの道が残されたことは限りない感謝です。


どんな奇想天外な小説よりも奇抜なストーリー展開の摂理の真っ只中に自分がいることが不思議でなりません。何ら条件も実績も能力も功労もなく、ただ一方的なお父様の役事によって救われました。たまたま、目の前にあった蜘蛛の糸を掴んだカンダタ(犍陀多)その者でした。決して傲慢にはなれません。決して安心はできません。伸るか反るか真剣な勝負処は、もう少し先にあると感じています。その時には、真のご父母様と共にサタンとの一戦に臨みたいと思います。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

アメリカ人の銃規制の考え方

【DHC】10/11(水) ケントギルバート・半井小絵居島一平虎ノ門ニュース】





開始後97分〜118分


【内容】

日本では徳川時代に銃を禁止し、取り締まる側の幕府も銃を捨てた。西洋では考えられない究極の性善説だ。アメリカでは、新大陸に渡った人は銃を持っていた。猛獣や原住民から自分の身と家族の安全を守った。その後、イギリスから独立する時、銃があったからゲリラ戦をして独立でき、銃のおかげで自分たちの自由が守れるという考え方がある。銃による事件が起きると「銃があるから人が殺された」「銃が人を殺したのではない。人が人を殺したのだ」両方の意見が出る。合衆国憲法修正第2条に人民の武装権が謳ってある。「人民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない」州は規制することができるが、連邦政府は侵してはならないと言われている。とは言え、一般人は機関銃を持つことはできない。また、製造・流通・販売には様々な規制がある。銃規制に関するアメリカ世論は真っ二つに分かれる。共和党が銃規制に賛成すると全米ライフル協会の票が入らなくなるので政治的な自殺行為となる。レーガン大統領暗殺未遂事件や仮装した服部君射殺事件は、社会に衝撃を与えた。ブレイディ法が可決されたが、憲法違反と言う判決も出た。アメリカ人の考えは、銃が絶対必要だと思っている。アメリカでは約半数が銃を所持している。普通の生活の中では銃でしか守れないと言う場面はあまりない。面白いことに、許可証があれば銃を隠し持って歩き回っても良いと言う州では犯罪率が低い。シカゴは毎月100人以上が銃被害で亡くなっている。麻薬やギャングと関係している者が多い。




【感想】


天一国合衆国憲法の武器の保有は、明らかにアメリカ合衆国憲法の考え方を土台としている。ケントギルバート氏の話から、機関銃は禁止されていること、隠し持って良い州の犯罪率が低いこと、など興味深い内容を聞くことができた。自由を守ると言う言葉はあったが、主権のためと言う発言はなかったので、アメリカ人の発想には、自由のために銃を所持すると言う思想が強くあり、主権を守るために銃を保有すると言う考えは強くないと感じた。また、銃犯罪を減らすには、銃規制よりもドラッグ撲滅の方が効果的だと感じた。


銃のない社会で生まれ育った日本人には、なかなか銃の所持に関する感覚がピンと来ないが、江戸時代の武士が、刀を武士の魂として持っていたように、武器としての意味以上に信念として保有する感覚に近いと感じた。



by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

文化破壊、地域大国、日韓関係、について

馬渕睦夫『和の国の明日を造る』第67回「テーマ:いよいよ総選挙に突入」

(その3)




【質疑応答の内容】

開始後46分〜50分

マルクス主義の変種であるフランクフルト学派による新しい革命戦略に従って文化侵略を行っている。映画監督や俳優には左翼が多く、意図的に文化を乗っ取る内部破壊工作をしている。日本の伝統的な秩序と文化を破壊するところの行き着く先は、天皇の破壊となる。日本を守るとは天皇・皇室を守るということ、リベラルは反日である。文化侵略に対して自衛する必要がある。




開始後56分〜59分

トランプ大統領の時に日本はリージョナルパワーにならなければならない。安倍総理もその観点から首脳会談をしている。以前では、ブレジンスキーは日本はリージョナルパワーにならず国際貢献さえすれば良いと主張していた。現憲法では国防軍さえ持てずリージョナルパワーにはなれない。この点が問われているのが今回の総選挙でもある。




開始後59分〜60分

韓国は外交も経済も酷い状態でニュースにもならない。韓国は既に半分は北朝鮮になっている。大統領が親北で韓国に渡した情報は北朝鮮に渡ってしまうため、アメリカは韓国に情報を渡さなくなった。韓国とは価値観を共有しているので支援しようと考える必要はない。韓国とは関わらないこと。





【感想】

伝統文化や秩序の破壊が進めば、皇室攻撃や家族制度・性道徳のの崩壊となり、内部破壊による変種の共産革命を許すことになると思う。


リージョナルパワー(地域大国)となれば、専守防衛の枠を越えて、地域の平和と安定に責任を負うことになる。現憲法の下ではイメージすらできない立場に立つことになると思う。


長年、日韓関係は特別な関係と見なしてきた者としては複雑な感覚があるが、9月23日を越えて、家庭連合や韓国との対し方を心情的にも整理し、ある意味でケジメを付けなければならないとも思っている。



by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

リベラル勢力の動向、日本流の二権分立

馬渕睦夫『和の国の明日を造る』第67回「テーマ:いよいよ総選挙に突入」

(その2)





開始後23分〜32分


【内容】

いよいよ総選挙に突入した。党首討論を見ても安倍総理以外の党首の言うことは矛盾の塊である。共産党は矛盾していないが、最初から立ち位置が間違っている。間違った上でブレてないだけだ。


今回の選挙の争点は、有事の際に日本を誰に任すべきかの一点に尽きる。これに対応できる党は1つしかない。今回の選挙は、野党の再編ではなく、保守の再編だ。結果的に左派リベラルの自滅となるだろう。


自民党の中にもリベラルがいる。対外的には北朝鮮問題であるが、国内的には皇室問題がある。保守を再編して、日本を守らなければならない。すなはち、皇室を守らなければならない。リベラル側の第一歩は、女性宮家の創設である。


日本は、権威と権力の二権分立である。権威は天皇陛下、権力は内閣となっている。





【感想】

安倍自民党の勝利は揺るがないとして、解散直後に民進党が解党し、民進リベラルが追い出され、立憲民主党から立候補する選挙区には希望の党から刺客が送られる状況となり、リベラル衰退の流れができていた。しかし、小池氏不出馬で希望の党が失速すると、立憲民主党が反安倍の受け皿として浮上してしまった。当初は、自民290、希望100、公明35、その他となるところが、与党は予想通りとして、希望60となり、希望で取りこぼした分が、立憲民主や無所属に流れ、リベラルが自滅せずに、延命してしまう可能性が増大し、将来の火種を残すことになり残念である。


私見ですが、将来的に日本流の三権分立を目指せば良いかと思います。血統及び宗教的権威の王権、地方自治の最高権威で国民統合の象徴としての天皇、具体的な権力機構の国会・内閣・裁判所、そして、いずれにしても、日本国の将来を真剣に考えるなら、真面目に天皇制について学ばなければならないと思っています。



by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

シリア内戦とメディアの姿勢

馬渕睦夫『和の国の明日を造る』第67回「テーマ:いよいよ総選挙に突入」

(その1)





開始後12分〜21分


【内容】

シリアのダマスカスに入った産経記者のルポは書き出しで「2011年3月の反政府デモへの弾圧から始まった内戦は」とあり、最初からアサドは悪、反政府は善という構図から出発しているので、ルポ全体が歪んでいる。


シリア問題とは、2011年から吹き荒れたアラブの春の最終的なターゲットだった。反政府デモは自然発生した訳ではなく、アラブの春を演出した勢力がやったことであり、アサド政権として抑え込むことは当然のことである。


中東の国は、議会制民主主義の国ではないので、町に肖像画が溢れていることは普通であり、それをもって政治的プロパガンダの国と言うことはできない。中国の方が遥かに酷い。


産経新聞の記事では、シリアのダマスカスが安定しているのは、アメリカやトルコが過激派を攻撃しているからと報道している。しかし実際は、過激派その中でも特にISが弱体化したのは、ロシアが本格的に参戦したからである。産経新聞は、ロシアの役割を意図的に無視して排除するスタンスなので、それでは、シリアの真実は伝わらない。


つまり、メジャーなメディアから、真実は分からない。すなはち、形を変えた洗脳である。それでも産経新聞は、まだましな方で、もしも産経が朝日毎日レベルに落ちたら、日本のメディアは自滅となる。




【感想】

国際金融資本家がシナリオを書いたアラブの春を、オバマとヒラリーが実行した。アラブの春リビアベンガジ米国領事館襲撃事件、更にはヒラリー私用メール問題は密接に関係していた。アラブの春では、独裁者を倒して民主化を目指す時代の流れと言う報道とは裏腹に、実態は、混乱と内戦に乗じて武器商人が儲けていた。アラブの春の最終ターゲットはシリアのアサド政権であり、反政府組織と過激派組織ISとの三つ巴の内戦となり、テロリストを含むシリア難民が大量にヨーロッパに流入し、グローバリストの企み通り、ヨーロッパでテロ事件を起こした。オバマ政権下の米軍やトルコはISを攻撃しているフリをしていただけで、ISは勢力を拡大していた。しかし、ロシアが本気でISへの空爆を開始すると、急速に弱体化し、壊滅寸前まで追い込まれた。


日本のメディアの中で最もまともな産経でさえ「反政府デモへの弾圧から始まった内戦は」と言う書き出しの記事であり、最初からボタンを掛け違えている。そして、グローバリストにとり、ロシアのプーチン大統領は排除したい敵なので、ロシアの攻撃が、自称イスラム国を土俵際まで押し込んでいることを意図的に無視して報道しようとしない。これでは真実が伝わるはずはなく、グローバリストが操るメディアの誘導通り、アサドは悪い独裁者であり、テロリストを含むシリア難民を輩出するISを壊滅寸前まで追い込んだのは、ロシアではなくアメリカとトルコであると言う、間違った世論が形成されてしまう。



by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村