読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xデイを間近にして

この数週間で、多くの政治コメンテーター、外交評論家、軍事アナリストらの論説を読みました。その中で最も説得力のある主張は、狐狸庵さんの記事でした。


亨進様は「自由のために戦った愛国者たち」の解怨をされ、お父様は天軍を組織されます。


http://2000green.blog.fc2.com/blog-entry-391.html

ーーーーー

以下は、私の個人的な意見を含めた感想です。

まず、金正恩はトランプ大統領を取り違えていた。オサマビン・ラディンイラクフセイン核兵器を持っていなかったので滅ぼされたのであり、アメリカは核保有国と戦争したことはなく、核ミサイルを持てば交渉してもらえると考えたが、トランプ大統領は、甘くはなかった。

2月から4月にかけて、アメリカ政府は、日米首脳会談、米中首脳会談、そして、立て続けに、マティス国防長官、ティラーソン国務長官、ペンス副大統領のアジア・ロシア歴訪がある。これは、戦争準備外交と見なす方が自然である。

では、アメリカによる北朝鮮への先制攻撃・斬首作戦が決行されるXデイは、いつであろうか。迎撃システムTHAADが実戦配備され、ペンス副大統領が訪問先から米国に帰国し、指導部の安全が確保された4月下旬の可能性が高いと思う。国連決議違反と自衛権行使を大義とした、アメリカ国民の生命と財産を守るため、究極的なアメリカファーストを実行すると思う。作戦の概要は、例えば、Xデイに突然、宣戦布告し、その直後にサイバー攻撃バンカーバスターで司令部を叩き、続いて巡行ミサイルトマホークを数百発撃ち込んで主要軍事拠点を壊滅させる、翌日、地上軍を投入し、1週間後には完全制圧する。

もし、この動きを察知した北朝鮮が、破れかぶれの先制攻撃を逆に4月上旬に仕掛けた場合、北朝鮮体制は米軍の反撃によって瞬殺されることになるが、ソウルの被害は甚大となる。特にダムを決壊させた場合の洪水被害が大きいと思われる。日本にも複数のミサイルが飛来し、迎撃で完封できなければ、着弾する。

仮に、戦争とならずに、5月の韓国大統領選挙を迎えた場合には、もっと悲惨な事態となる。左翼政権が誕生し、国民抵抗権が発動されれば、内戦必至となる。北朝鮮主導の連邦制となれば、指導部から見れば、財閥や宗教人は、真っ先に排除したい危険分子となる。突然、出国禁止となり、韓国国民は、事実上の人質となる。

アメリカによる先制攻撃が、最も可能性が高いと思うが、その場合、トランプ大統領は、世界中から非難されることになる。その時、トランプ大統領を支持する運動は、正念場を迎えることになる。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「お父様の聖霊と共に」動画を見て

「お父様の聖霊と共に」―夜の神様昼の神様が明かされるまでのお父様の激闘―

https://youtu.be/mQ-uE2C1YtQ

内容はあくまでも諸星くるとの主張であり、公認されているものではありません。すべてのご意見ご批判は諸星くるとが受けます。

ーーーーー
ここからは、私の感想です。
期待以上の内容に圧倒されました。
時間の感覚がなくなり、最後まで見ました。
これこそ、原理の真髄かと、直感しました。

かつて、1995年の水沢里(九里)修練所で男性修練会に参加したときのことを思い出しました。そこで、お父様は、日本語でタップリみ言を語ってくださいました。しかし、霊的に鈍く、知的に足らない私たちには、その内容が十分に理解できませんでした。その後、周藤氏が登壇し、「では、お父様のみ言を解説させていただきます。」と話された内容は、私たちにも相対できるレベルとなっていました。

1990年から20年間で、お父様が語られ、月刊誌に掲載されたみ言は、全て目を通していたはずですが、今回の動画を見て、何も理解していなかったことに気付かされました。

地上にいる間に、この動画を見ることができ、とても感謝しています。ありがとうございました。来月の続編も今から楽しみです。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「フリーメイスンの謎と正体」を読んで

コンビニで「フリーメイスンの謎と正体」宝島社
600円 著者 秘密結社の謎研究会 副題「マンガ 世界を操る秘密結社に潜入!」を購入して完読しました。

数年前なら、眉唾モノと見なして見向きもしませんでしたが、今回は興味深く読みました。その中でも、特にふたつの内容が印象に残りました。

ひとつは、「メイスンの黒い教皇」という異名を持つアルバート・パイクが1871年の書簡の中で、第一次世界大戦第二次世界大戦の勃発について予言しているばかりか、それらはフリーメイスンの目的を完遂するために意図的に引き起こされることになる。とほのめかし、実際にパイクの予言通りの筋書きを辿ることとなった。このくだりを読み、「これは予言というよりも、行動計画書や方針説明書に近いんじゃないか。」と感じました。

ふたつ目は、最後の項「イルミナティも予想だにしなかったトランプのアメリカ大統領選勝利」でした。この項目を読み、本全体の信憑性が向上しました。この項目の中で、大方の予想をひっくり返してトランプが勝利してしまった。これには多くの専門家も驚いた。なぜならクリントンはメイスンであったし、ロスチャイルドやロックフェラーから支援も受けていたはずである。まさか、非メイスンとされるトランプが勝てるなどとは誰ひとりとして予想していなかったのである。今、アメリカはとても危険な状態にあるのだ。

全体を通しての感想としましては、日本に関連する箇所を始め、比較的読み易い本だったと思いました。また、韓国情勢や再臨主に関する記述が全くなかったことには物足りなさを感じました。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

運命は神のみ手の中にあります(KR)

韓国憲法裁判所は10日、国会が弾劾訴追した朴槿恵(パク・クネ)大統領を罷免する決定を言い渡し大きなショックを受けました。大統領の罷免には、現在は8人体制の裁判官の中で6人以上の賛成が必要であり、保守系の裁判官もいたので、良い結果を予想していました。最近では、ろうそく集会を凌駕する太極旗集会の勢いもあり、楽天的に捉え過ぎていました。

やはり、人間的な判断は当てにできないし、危険でもあります。運命は神のみ手の中にあります。できる限りのことをして、結果は天に委ね、例え悪い結果が出たとしても善後策を講じて前進するに尽きます。

韓国聖殿食口は、今後の大変厳しい環境の中で戦わなければなりませんし、特に撤退時期における難しい判断を抱えた歩みとなることでしょう。韓国聖殿食口の安全を祈ります。くれぐれも逃げ遅れて国境封鎖されませんように。昔の生活を振り返って塩の柱となってしまいませんように。自由と責任の重みを噛み締めた歩みをなさってください。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

トランプ大統領を支持する国民運動のための第一歩

亨進二代王様は、この国民運動を「数百万の勢力」にしなさい。と指示されました。

凄まじい目標だな。と思っていると、「韓米同盟・国民運動本部」が280万人の集会を勝利されました。次の聖句を思い出して悔い改めました。

マタイ伝 17章
もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この山にむかって『ここからあそこに移れ』と言えば、移るであろう。このように、あなたがたにできない事は、何もないであろう。

政治状況も国民性も異なるとは言え、韓国の立てた基準を日本も相続すれば、いいわけです。

日本もガンバレ!

それ以外でも、いろいろ活動は始まっています。

https://www.youtube.com/watch?v=w9ywYqekTHg

まるで、国政選挙候補者の演説です。素晴らしい。

それから、

http://sanctuary-y.org/?page_id=45&mod=document&uid=79

さすが、山口聖殿!立派です。

サンクチュアリブログ村にも、優秀なブロガーが林立しています。

そこで、私も第一歩として、何かやってみよう。と思いました。

https://mobile.twitter.com/trump_nippon

そして、とりあえず、トランプ大統領のツイッターを読み始めました。

朝まで生テレビ」で田原総一朗氏が、金正恩第一書記との会談について、トランプ大統領が「もう遅すぎる(very late)」と言っていたことを思い出し、ツイッターの中を探してみましたがありません。

ブログ村を探してみると、狐狸庵さんの記事で、ロイター通信とのインタビューであったことが判りました。

by ロード

クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

映画「沈黙 サイレンス」の側面からの考察

実に四半世紀ぶりに奥さんと映画館に行きました。
信仰・命・魂・棄教という重いテーマを扱った映画です。今回は、本質的なテーマに正面から論評するのではなく、側面から背景を考察してみます。

映画では、宣教師・信徒を神側、幕府の役人をサタン側と捉えています。時代設定は島原の乱の後の1640年ごろで、最後の宣教師を主人公としています。では、この時代を含めて江戸時代を通して、なぜキリスト教を迫害したかと言えば、初代将軍家康公が禁教令を出したからです。家康公は東照大権現という神様として祭られたので、徳川幕府において家康公の方針を変更することは考えられませんでした。では、なぜ家康公は禁教令を出したのでしょうか。一般的には将軍を頂点とする士農工商の秩序と創造主の元に人間はみな平等を説くキリスト教の教えが相容れなかったとされていますが、そうでしょうか。ヨーロッパにも国王を戴くキリスト教国家はありました。日本でも将軍を中心とする武家社会と仏陀を信仰する仏教天皇家皇室とは共存してきました。どうしてキリスト教だけ目の敵にしたのでしょう。結論的には家康公がヨーロッパの軍事力を警戒したからだと思います。まず、長篠の合戦で戦国最強の武田騎馬軍団を足軽鉄砲隊が撃破する場面を目の当たりにして、欧州の軍事力を思い知りました。また、マカオなどに張り巡らせた家康情報網より、コルテス・ピサロ中南米征服の際には、先に宣教師が送り込まれ、次に軍隊が来襲して制圧し、民は奴隷となり、国土は植民地となったことを知りました。そして、伊達政宗支倉常長を遣欧使節団として送り、援軍要請をしたと感じた家康公は、不安の芽をつむため禁教令を出しました。よって、映画の中で悪役となっている幕府の役人も、日本が生き延びるためにとった政策の被害者に思えてきました。

なお、映画館の中では、2時間半、感情移入しまくって、本質的テーマを考え続けていました。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

韓国の状況とトランプ支持運動に関する私見

もし、左翼政権が樹立してしまうと、北主導での共産化統一は時間の問題となってしまいます。

では、天運の離れた韓国で、新たな保守政権となりうるでしょうか。仮に、保守政権が立っても、中国も巻き込んで、短期間に、北に核放棄させなければならない困難な課題に直面します。

アメリカとして絶対に避けたい状況は、ただ策なく1〜2年の時間が経過し、北が米本土に到達する核ミサイルを保持することです。トランプ大統領とマティス国防長官が、こうなるまで何の手も打たないとは考えられません。

先日の稲田防衛相とマティス国防長官との会談後の記者会見で防衛相は苦渋に満ちた表情をしていました。朝鮮半島有事の際の突っ込んだやり取りがあったと容易に推察できました。

今月になり、突然、金正男氏が暗殺されました。事実上かくまっていた中国は不快に感じ、アメリカが北に強硬策をとった場合に黙認する環境ができてきました。

万一、アメリカが、米韓軍事演習期間及び前後期間で先制攻撃(斬首作戦)を決行した場合には、計画通りに進んだとしても、邦人帰国や難民問題で大混乱となるでしょう。

もし、先制攻撃が、もたついてしまった場合には、最終的な米軍勝利は動かぬとしても、多数の死傷者が出て、アメリカは国際世論の中で非難の集中砲火を浴び、トランプ大統領は窮地に追い込まれます。日本にも確実にミサイルが撃ち込まれます。

仮に、アメリカが先制攻撃を仕掛けて、作戦が順調に進展し、世間が大混乱となった場合に、どれだけ日本国民の世論にトランプ大統領支持を訴え、アメリカ政府の政策を擁護し、先制攻撃が日本にとって最もリスクの低い選択だったと説明することができるか、それが、「トランプ大統領を支持する運動」の正念場になると思います。そのための準備となる理論武装こそ神の武具だと思います。

エペソ人への手紙 6章
「神の武具を身につけなさい。 すなわち、立って真理の帯を腰にしめ、正義の胸当を胸につけ、 平和の福音の備えを足にはき、 その上に、信仰のたてを手に取りなさい。それをもって、悪しき者の放つ火の矢を消すことができるであろう。 また、救のかぶとをかぶり、御霊の剣、すなわち、神の言を取りなさい。」

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村