読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルペン氏とマクロン氏の決選投票

亨進二代王様はルペン氏を支持されています。

https://nqj17437.wordpress.com/2017/03/01/大統領候補マリーヌ・ルペンためにサンクチュア/

昨年、「ルペン氏はフランスにおけるトランプ型の人物である。」とも語られました。

このみ言を受け、5月7日のフランス大統領選の決選投票におけるルペン候補の当選を祈ります。

ところで、アメリカ大統領選挙前には、全ての報道、評論家はヒラリー候補の勝利を予想していました。

さて、フランスの決選投票に関して、私がいつもは信頼を寄せている評論家の予想を紹介します。

ーーーーー

【DHC】4/24(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】



開始後13分〜23分

・ルペン氏の負けだろう。
・ルペン氏の父親は差別主義者であり決選投票でシラクに敗北した。マリーヌ・ルペン氏は父親と決別して極右のレッテルを取り除こうとした。
・ルペン氏はEU離脱派であり、決選投票に進めなかった他の候補は皆、EU残留派のマクロン氏支持を表明している。そして世論調査では大きくマクロン氏がリードしている。
・EUの二大懸念事項は移民問題とドイツ問題である。

ーーーーー

馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第46回



開始後10分〜19分

・常識的に見れば、マクロン氏が当選するだろう。
・ルペン氏は極右でポピュリズム大衆迎合主義)だから反EUであり、マクロン氏は中道なのでEU支持である。とマスコミは報道しているが、この様なレッテル貼りは誤りである。
・ルペン氏は極右ではない。移民を全部排除せよと言っているのではなく、移民を制限せよと主張しているのである。

ーーーーー

ワイドショー的切り口の大衆向けマスコミでは、

25歳年上の妻を持つマクロン候補が、不倫略奪婚であるにもかかわらず、それを純愛だと美化する報道をしていて、驚きました。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

国際社会を愚弄する北朝鮮の愚行

緊迫する状況の中で、昨日、北朝鮮はミサイルを発射して失敗した。

何ということであろうか。

金正恩が理性ある人物であれば、勝ち目のないチキンレースを続けて自滅するよりも、核放棄して体制維持する手を模索しないかと少しは期待したが、多数の幹部を粛清した偉大な指導者様にとって、アメリカの圧力に屈する訳には行かない国内事情があったのであろうか。

安倍首相は13日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮について「(猛毒の)サリンを弾頭に付けて着弾させる能力をすでに保有している可能性がある」と述べた。

https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/politics/amp/170413/plt1704130035-a.html


ティラーソン米国務長官は28日の国連安全保障理事会で、北朝鮮による日本と韓国への核攻撃の脅威は「現実のものだ」と指摘した。

https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/world/amp/170429/wor1704290006-a.html


官房長官は29日朝、「厳重に抗議を行った」と述べたが、毎度お馴染みとなった厳重抗議に何の効力もない事は、誰の目にも明らかである。

もはや国際社会の包囲網を嘲弄する北朝鮮の挑発を、穏やかな話し合いで止めさせることは不可能である。

抜け道を許さない石油輸出の完全禁止、北朝鮮に関連する銀行口座に関わる国際決済の完全禁止、で締め上げて核放棄させなければ、核ミサイルが日本に飛来する確率が50%より高くなって行くと思います。

亨進二代王様のみ言は、日を追うごとに厳しさを増しています。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

米空母が母港に帰る日

武力衝突なく、4月15日の太陽節、4月25日の建軍節を越えましたが、緊張感は益々高まり、日々固唾を飲んで見守っています。

アメリカ西海岸に母港を持つ空母カールビンソンは、はるばる太平洋を横断しシンガポールを経由して朝鮮半島近海に到着しました。この空母打撃群ひとつだけで世界の、どの国の海軍力よりも強力な戦闘能力を持っています。アメリカは、そんな空母を10隻も保有しているので、軍事的には世界の海を支配していると言っても過言ではありません。空母には圧倒的な存在感があり、砲艦外交の切り札となっています。

このように威嚇を続けるカールビンソンが何の成果も残さず西海岸に戻ることは考えられません。核実験やICBM発射実験をしたら容赦しないぞと睨みを効かせながら、中国による説得の成り行きを見守っています。中国が抜け道を用意するなどして協力的でない場合にはアメリカ単独で問題を解決すると圧力をかけながら、全面石油禁輸を実施するか見ています。

もし原油が完全に止まれば、自暴自棄になって暴発することに注意を払いながら、白旗が上がるのを待てばいいのです。

中国は軍事パレードに招待された来賓も送らず、今回はアメリカと共同歩調を取ろうと腹をくくったように思えます。

4月末の米韓軍事演習終了、5月9日の韓国大統領選挙、と節目があり、張り詰めた日々が続きます。威容を誇るカールビンソンが母港に帰る日は北朝鮮問題の解決の道筋をつけた時だと思います。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

アメリカファーストについて

トランプ大統領のアメリカファーストを直訳すれば、「アメリカ第一」となり、マスコミの報道を鵜呑みにすると、自己中心的な国家エゴイズムとなり、孤立主義を目指す危険な考え方のように聞こえます。

しかし、トランプ大統領の言うところのアメリカファーストとは、決して独り善がりで自分勝手な考え方ではありません。日本に対しては日本におけるジャパンファーストを認めています。アメリカの価値観が最高だとに思い込んで押し付けようとはしません。そして、互いの国益がぶつかる時はディール(取り引き)しましょうと言うとてもフェアな考え方です。

アメリカファーストの理念に基づいて政策を推し進めて行くと、世界にとっても、日本にとっても、より良くなることは容易に想像できます。

例えば、歴代政権が解決できなかった北朝鮮の核ミサイルの問題はアメリカにとって最大の懸念事項であると見なして解決してくれたならば、世界にとっても、日本にとっても、大変喜ばしいことになります。

アメリカファーストは一種のナショナリズムですが、本質的には反グローバリズムです。グローバリストは、国際金融資本家、ネオコン軍産複合体、などと呼ばれることもあります。また、少数のエリートによって人類全体の支配を目指す点では、共産主義と根っこは同じと言えます。

トランプ大統領のアメリカファーストの政策が、様々な世界の難問題を解決すると信じています。トランプ大統領を心から支援します。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

天皇制を考える

天皇陛下が譲位についてのお気持ちを表明されてから、有識者会議が招集され、最終報告が提出されました。

https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/politics/amp/170421/plt1704210037-a.html


では、まず、初歩からの天皇制の入門編です。

・皇室に関する法律を皇室典範と言います。

日本国憲法 第1章 第1条は次のようです。
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて・・」

万世一系(ばんせいいっけい)とは、永久に一つの系統が続くことです。
大日本帝国憲法 第1条は次のようになっています。
大日本帝国万世一系天皇之ヲ統治ス」

女性天皇
天皇ご自身の性別が女性の天皇のことです。
女性天皇は過去に数人いました。

女系天皇
天皇ご自身の性別は関係ありません。
父親が皇族ではない天皇は、過去に前例がありません。
天皇と初代天皇である神武天皇を結ぶ系譜が全て男子なら男系天皇であり、1人でも女子が含まれると女系天皇となります。

(例)仮に、愛子様天皇に即位された場合、愛子様女性天皇であり男系天皇でもあります。そして、愛子様が一般庶民と結婚され、その子供が次の天皇に即位された場合、その天皇は男女に関わらず史上初の女系天皇となります。また、その天皇が男性であって、その天皇から男子(愛子様の孫)が誕生し、その方が次の天皇に即位しても、その天皇女系天皇となります。

国家元首
天皇のご身分と国家元首との関わりについて法制上の明記はありません。
ただ、外国に訪問された際には、国家元首の待遇で国賓として迎えられています。


以下は私見となります。

遠い将来に、天一国合衆国が創建され、そこに日本州として加盟したとします。そして、日本州が天皇制を引き継いだ場合に、天一国合衆国の王権と日本州の天皇制は全く矛盾しないと考えています。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

安倍首相の役割

長谷川幸洋ザ・ボイス そこまで言うか!2017年4月24日(月)



開始後5分〜13分

【内容】

今月だけで3度目の日米首脳電話会談が行われた。トランプ大統領は何かが起きたりヤマ場を迎えるたびに安倍首相に電話をして擦り合わせをしている。表面には、型通りのタテマエだけしか出ない。

アメリカから中国への北朝鮮向け原油禁輸の圧力は、実は安倍首相からトランプ大統領への指南であった。

米中首脳会談の晩餐会でトランプ大統領が習近平に突然シリア空爆の件を伝えた際に、習近平は目が泳いで何も反応できなかった。

これは、以前G20で安倍首相が習近平に突然挨拶した際に、習近平は何も言えなかった。という出来事をトランプ大統領に伝えた事が参考にされた。

各国首脳の中でも、新参者のトランプ大統領は、古参で情報が集まる安倍首相から手ほどきを受けている。プーチン習近平及び各国首脳への切り出し方や攻め方のアドバイザーとして頼りにされている。

ペンス副大統領訪日では安倍首相と、在日米軍を半島有事で使用するための日米地位協定に基づく事実上の事前協議が行われたようだ。

事務局レベルを越えて、トップ同士が頻繁に接触しているので、相当踏み込んだ所まで話は進んでいると思われる。

ーーーーー

【感想】

安倍首相とトランプ大統領の親密度は戦後最高となった。岸・アイゼンハワーの初ゴルフ、中曽根・レーガンのロンヤス関係、小泉・ブッシュのキャッチボールやプレスリー邸、これらの親密だった関係でも、アメリカ大統領から日本国首相に各国首脳の個人情報のアドバイスを頼られることはなかった。

トランプ氏が大統領に就任する前に、安倍首相は外務省から「オバマ現職大統領の在任中ではプロトコルに問題があります。」との忠告を振り切って、トランプ氏に会うため訪米した。ビジネスマンのトランプ氏は、この感覚を高く評価し、親しい関係を築く下地となった。

安倍首相の任期は最長2021年までとなり、2020東京オリンピックの日本の顔となる。日本の生存率50%と言われる艱難時代の大半の期間の舵取りを安倍首相に委ねることになりそうだ。自民党の支持率も高く安定政権となっており、若々しく見栄えのいい容姿は海外からも好印象を得ている。

安倍首相は、神様が立てたトランプ大統領に繋がる唯一の日本人政治家であり、日本が生き延びるための命綱だと思います。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

瞬時に終わる戦争とは

【DHC】4/24(月) 青山繁晴居島一平虎ノ門ニュース】



開始後61分〜63分

「トランプ大統領が戦争を決断する時は、一瞬にして終わることがシミュレーションによって確認できた時だけ。あっと言ったら、もう終わっていたと言う形態の戦争になる。」
この様に、米軍にも友人の多い青山氏は語った。

そこで、私なりに考えてみた。

1994年の半島危機の際、クリントン政権寧辺(ニョンビョン)核施設への空爆を検討したところ、韓国側の死傷者が50万人を超えるとの推計を受け、攻撃を断念した。

この犠牲者数予測は、高価で高度な核兵器・弾道ミサイルによるものよりも、安価で大量に配備しているロケット弾による死傷者数であった。ソウルがDMZ(非武装地帯)から40kmという近距離に位置することが弱点となった。

当時の作戦は、まず、巡航ミサイルとステルス機が、敵のレーダー網・通信網・司令部を叩き、次に軍事拠点を空爆すると言うものなので、敵はズタズタになりながらも山林に隠したロケット砲で都心部への反撃が可能であった。

この状況を打開するため、米軍は通常兵器として最大の破壊力を有するMOAB(モアブ、大規模爆風爆弾兵器)を開発した。放射能をまき散らす核兵器ほど国際社会から非難されることはない。

2017年4月13日、アフガニスタンのナンガルハール州アチン地区にあるISISのトンネル施設に対してMOABを投下したことは、北朝鮮への牽制とともに、実戦テストの意味合いも含まれる。

万一、米軍から開戦する場合、攻撃の第1波は巡航ミサイルとステルス機に加えMOABが含まれる。既にロケット砲が隠されている場所が判明しているDMZ付近の地点は開戦と同時に投下して周辺を一掃する。隠されている場所が分かっていないロケット砲は火を噴いた直後にMOABによって、その場所一帯が更地化する。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村