最終TV討論会の分析評価、トランプ大統領の大勝利

開始後88分〜89分など


最初の3分間



開始後7分〜20分



「互角の勝負」最終盤で踏みとどまったトランプ氏 黒瀬悦成

https://special.sankei.com/a/international/article/20201023/0001.html

トランプ米大統領は命脈を保った。少なくとも、11月3日に控える大統領選の投開票日を前に再選の可能性を自ら封じる最悪の事態に陥るのは回避した。

 トランプ氏は、9月29日に実施された1回目の候補者討論会で、民主党候補のバイデン前副大統領や司会者の発言を何度もさえぎって一方的に持論を展開した「常識破り」の戦術が災いし、支持率を一気に数%も落とした。



f:id:hamamatsu3000:20201025010225j:plain







【抜粋及び感想】

バイデンこそフラフラになりながら、KOを免れて試合終了を回避し踏み止まったと言える。上念司氏と及川幸久氏は、下記のように分析した。フラッキングとは、シェールガス採掘技術であり、バイデンは環境への悪影響からフラッキングを禁止すると常々主張していた。ところが討論会で突然「フラッキングには反対していない」と発言した。トランプは「反対と言っていた動画を公表する」と言うとバイデンは「連邦の土地では・・」と歯切れが悪く、優柔不断な印象を残した。さて、バイデンから「パンデミックにプランがない」と突っ込まれるとトランプは「プランはあるよ、ひとつはワクチンだ。あなたこそ豚インフルエンザの対応は酷かった」と切り返した。そして「バイデンは副大統領として8年間もホワイトハウスにいたが、何の実績も出していない」と切り捨てた。それからバイデンから「大統領は『パンデミックで責任はない』と言った」と責められるとトランプは「私は全責任を負う。ただこれは中国の過ちである」と切り返した。またトランプは「バイデンはシャットダウンを強調するが、厳しくシャットダウンをした民主党の知事の州は、死者が増えた」と反撃した。極め付けにバイデンは「ジュリアーニはロシアの手先だ」と主張し、間接的に「ハンターのパソコン疑惑は、ロシアの選挙介入だから、皆さん騙されないでください」と訴えた。これに対してトランプは「あなたの家族こそロシアから金を貰っていた。私はロシアから金は貰ってない」と打ち返した。バイデンが納税疑惑を突くとトランプは「税金は前払いで払っている。ロシアゲートという魔女狩りを3年間して、FBI国税局が私の脱税疑惑の潔白を証明してくれた」と切り返した。そして本丸の外国からの賄賂ではトランプが「能力も経験もないハンターがウクライナのプリスマの役員となり、前金3億円・月収2千万円を貰った」と攻めるとバイデンは「多くの人が調べて、何の問題もなかった」と説得力のない返事をした。中国の賄賂についてトランプは「私は2015年に中国の事業をやめてから大統領選挙に出た。あなたが副大統領になってから、あなたの家族は中国ビジネスで儲けた」と主張した。結局、最終TV討論会は、客観的に見てトランプ大統領の大勝利に終わった。





by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

アメリカ大統領選挙、最終TV討論会直後

米大統領選・最終討論会】(完)バイデン、トランプ両氏が資質や汚職疑惑で攻撃

https://www.sankei.com/smp/world/news/201023/wor2010230023-s1.html

米大統領選(11月3日実施)に向けて22日に開かれた最後の候補者討論会で、共和党候補のトランプ大統領民主党候補のバイデン前副大統領は、人種差別問題に関する議論で応酬となり、同問題から話がそれて双方が資質や人格を非難し合う展開となった。

 バイデン氏は「皆さんは私が誰かを知っている。また、トランプ氏が誰であるかも知っている。私が誠実であることは知っていると思う」と語り、トランプ氏の人格を批判。この大統領選に「国の品格がかかっていると思って戦っている」と語った。

バイデン氏の息子をめぐる疑惑報道を取り上げたトランプ氏は、ロシアやウクライナに関する疑惑などが「本当だったとしたらバイデン氏は汚職の政治家だ」とあてこすった。

 両氏の個人攻撃が続くと司会者が討論テーマの「人種差別問題」に発言を戻すよう要請した。

 トランプ氏は、自身について、討論会場の中で最も人種差別的ではない人間だと訴えた。



f:id:hamamatsu3000:20201024021441j:plain






【感想】

最終TV討論会の大半を視聴した。結果はトランプ大統領の判定勝ちであり、期待していたバイデンを再起不能なKOで叩きのめすには至らなかった。「中国やウクライナから賄賂を受け取っただろ」と追及されると、バイデンは「外国からは1セントも貰っていない」と言い切って、逆にトランプ大統領の納税疑惑で反撃した。「外国から賄賂を受け取ったのは息子のハンターであって、自分は息子から巻き上げただけだ」とでも言いたいのかと突っ込みたくなるが、とにかくTV討論会ではパンチを受けたがダウンは免れた。万一バイデンが大統領になれば共和党から弾劾の格好のネタにされ、米国史上で最も惨めな大統領となるであろう。今回は、前回の司会者より上手く進行していた。4年前のヒラリーの話した内容までは覚えていないが、表情や余裕ある態度で巧みに立ち振る舞っていた印象があるが、バイデンは失言や認知症のボロを出さぬよう懸命であった。マスコミの支持率の報道に最も騙されている者はバイデンかもしれない。とにかく、全米の全有権者を対象とした支持率に何の意味もない。肝心なのは激戦州において投票する意思を示した者を対象とした州ごとの支持率である。この観点では既に逆転しており、地滑り状態になっていると思うが、ジュリアーニ氏の動向や中国の五中全会がどう影響するのか読めない点もあり、最後まで油断は禁物である。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

トランプ大統領は、歴史上のどの人物と同じ使命を担っているのか?

トランプ大統領、コロナ専門家を攻撃 「うんざり」

https://www.sankei.com/smp/world/news/201020/wor2010200017-s1.html

トランプ米大統領は19日、新型コロナウイルスの政権対策チームの一員で、感染防止策の徹底を呼び掛け国民の人気が高いファウチ国立アレルギー感染症研究所長を「大惨事」だと攻撃し「国民はファウチらあほ全員の話にうんざりしている」と述べた。

 約2週間後に迫る大統領選の陣営スタッフとの電話会合で発言した内容を米メディアが伝えた。

 選挙戦最終盤を劣勢で迎えたトランプ氏は、逆転を目指し各州で大規模集会を開いて熱気の演出に躍起となっている。

ファウチ氏は18日放送のCBSテレビの看板報道番組「60ミニッツ」で、トランプ氏の新型コロナ感染に「全く驚かなかった」と強調。感染場所の可能性がある9月下旬のホワイトハウスでの最高裁判事指名イベントについて「人との距離がなく密状態の中に、マスクを着けずにいた彼を見て心配した」と話した。(共同)



f:id:hamamatsu3000:20201023005423j:plain






【感想】

ミクロの代表が、早朝に出かけ、7時間待って、2時間の演説会で、9時間の立ちんぼをしたり、徹夜祈祷や長時間移動など苦しく涙ぐましい精誠を立てていると思いきや、皆さん弾ける笑顔で輝いていらっしゃり、頼もしく感じると共に心から感謝しております。さて、トランプ大統領が神様とお父様が選んだ傑出した大統領であることに異論を挟む余地はありません。では、歴史上のどの人物になぞらえるかと言う観点から考察する。キリスト教の流れを変えたコンスタンティノス帝や冷戦終結ソ連崩壊の道筋をつけたレーガン大統領と同じ使命を持つと言う見方もあるが、今後トランプ大統領がメシアに対する信仰を持つならば、彼らを凌駕することも考えられる。また、別の角度から眺めてみると、トランプ大統領はグロティウスの役割を発展させた形で担っているとも感じる。グロティウスとは、世界が血に飢えたライオンの群れだった17世紀に国際法を説きウェストファリア体制の礎を築いた天才法学者であり、蘇生期の主権国家体制を根付かせた中心人物と言える。その後、共産主義グローバリズムの浸透で世界が危機的状況となった際に、長生期の主権国家体制を確立する立役者がトランプ大統領である。同時にこの時、サンクチュアリの祝福家庭は、家庭次元で主権者としての責任を担って歩むことになった。そして将来、天一国合衆国が創建された際には、完成期の主権国家体制を目指すことになる。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

バイデンに大統領候補の資格なし、トランプ不戦勝にせよ








トランプ大統領、バイデン氏親子の疑惑捜査を要求

https://www.sankei.com/smp/world/news/201021/wor2010210018-s1.html

【ワシントン=黒瀬悦成】11月3日実施の米大統領選まで2週間となった20日、共和党トランプ大統領はFOXニュースの番組に出演し、米紙が先に報じた民主党候補のバイデン前副大統領と息子をめぐる疑惑に関し、バー司法長官に捜査を開始するよう求めると表明した。下院では共和党議員らが疑惑捜査に向けた特別検察官の任命をバー氏に求める一方、情報特別委員会のシフ委員長(民主党)は疑惑を「ロシアによる偽情報工作」と断じるなど、大統領選の投開票日を前に両党のせめぎ合いが激しさを増している。

トランプ氏は番組で「司法長官は迅速に行動する必要がある。誰かを(特別検察官に)任命すべきだ」と述べた。同氏はまた「これは大規模な汚職だ。投票日までに解明されなくてはならない」と強調した。

 米紙ニューヨーク・ポストの報道によると、バイデン氏の次男のハンター氏は2015年、当時副大統領だった父親を、汚職疑惑のあったウクライナ天然ガス会社「ブリスマ」の役員に紹介。このことを示す電子メールが、ハンター氏のノートパソコンから見つかったとされる。

FOXニュースはこれに加え、ハンター氏と父親が中国のエネルギー企業から取引をめぐる見返り報酬を得る取り決めがあったことを示唆する同氏のメールを入手したとしている。

 ポスト紙の報道を受け、共和党の下院議員11人は「偏向のない、独立した特別検察官」の任命をバー長官に要求。上院国土安全保障委員会のジョンソン委員長も、一連の報道の真偽を見極めつつ、調査を始める意向を明らかにした。

 また、米情報機関を統括するラットクリフ国家情報長官は19日、シフ下院情報特別委員長ら民主党勢力が疑惑を「ロシアの偽情報工作」と主張していることに関し、「ロシアの工作であることを裏付ける証拠はない」と全面否定した。

 一方、米メディアによると共和党主導の上院司法委員会は、ツイッターなどのソーシャルメディアが同紙の報道を拡散するのを制限する措置をとったことに対し、ツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)に加え、フェイスブックザッカーバーグCEOを召喚する方針を固めた。

一連の疑惑に関し、バイデン氏および陣営は「中傷攻撃だ」として黙殺する構えであるほか、社説でバイデン氏支持を表明した米主要各紙は抑制的な報道を維持している。




f:id:hamamatsu3000:20201022003828j:plain






【感想】

バイデンは息子のハンターが中共から巻き上げた賄賂の半分を上納金として喝上げして豪邸を購入した。つまりバイデンはアメリカの国益中共に売って私腹を肥した。ジュリアーニは水没したハンターのパソコンを入手する際に、違法行為を一切していない。勝手に超重要機密情報満載のパソコンが一方的にジュリアーニの手元に転がり込んできた。善に勝利圏が立てば悪が自滅してくる典型例である。以前バイデンは「息子の中国事業にはノータッチだ」と米国民に嘘をついていた。トランプ大統領はバー司法長官にバイデン親子の捜査を要求すると表明した。バイデン陣営が一連の疑惑を「中傷攻撃だ」と主張するならば、黙殺ではなく、テレビ討論会や上院公聴会でシッカリ弁明すべきである。既にジュリアーニやバノンはパソコンやメールの信憑性に対する裏どりを二重にも三重にも取っている。バイデンは中国国内のCIA諜報員30人(中国国籍か?)を見殺しにした。トランプ大統領はバイデン一家を「犯罪一家」と呼んでいる。全くその通りだ。バイデンは米国史上最悪の大統領候補であり副大統領であり中共の共同経営者であった。バイデンを、このまま大統領候補として選挙させることはアメリカの正義と良心にとり恥である。バイデン親子は証人喚問の後、逮捕し収監しなければならない。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

トランプ集会の熱気でバイデンを焼き尽くせ

コロナ拡大2州で熱気演出 トランプ氏、集会強行

https://www.sankei.com/smp/world/news/201018/wor2010180010-s1.html

米大統領選の共和党候補トランプ大統領は17日、中西部のミシガン州マスキーゴンとウィスコンシン州ジェーンズビルで支持者集会を開いた。激戦の両州では新型コロナウイルス感染者が再び増加中だが、トランプ氏は集会開催への批判を突っぱねて強行、劣勢挽回へ熱気の演出にこだわる姿勢を見せた。

 空港の滑走路脇で開かれたマスキーゴンでの集会には数千人が集まり「あと4年!」と声援を送った。多くがマスク未着用で、トランプ氏は報道陣に「カメラを回せ」と、多くの人が集まった様子を伝えるよう求めた。感染防止に気を配る様子はなく、劣勢をひっくり返した前回大統領選の再現を狙い「信じられないほどの熱気だ」と強調した。

だが米国では感染が再拡大し、新型コロナ対策に改めて焦点が当たっている。ウォールストリート・ジャーナル紙などが15日に発表した全米世論調査では、トランプ氏の対応を評価しない人は57%で、評価するとした41%を大きく上回った。(共同)






f:id:hamamatsu3000:20201021023516j:plain






【感想】

トランプ大統領の支持者集会は、どこも大盛況である。バイデンは支持者集会を行わず巣篭もりを決め込んでいる。いよいよ選挙戦も大詰めである。22日には最高裁判事候補のバレット氏の司法委員会の承認採決が行われ、26日には上院本会議で承認採決が予定されている。全米の全有権者を対象にして抽出した支持率には何の意味もない。激戦州で投票に行く意思のある者を対象にした支持率こそ実態を反映しており、その数字ではトランプが既に形勢逆転した。また、一両日中にジュリアーニ氏がバイデンを戦意喪失させる程の超特大級の暴露が予想されている。22日には最終テレビ討論会があり、敵国である中国やウクライナアメリカの国益を売って、私腹を肥やしてきたバイデンの正体が白日の下に晒される。それにより、投票先を決めかねていた中間層・浮遊層は雪崩を打ってトランプ支持に傾き、11月3日の投票日にはトランプ大統領が地滑り的勝利で再選を確実にする。バイデン陣営が悪あがきで、不正郵便投票に期待を込めて再集計請求をしても焼け石に水である。私は、こうした展開を予想している。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

バイデンはアメリカを敵国に売って私腹を肥やした




米大統領選】バイデン氏に軍配 テレビ対話集会の視聴者数

https://www.sankei.com/smp/world/news/201017/wor2010170004-s1.html

【ワシントン=黒瀬悦成】11月の米大統領選で再選を目指す共和党トランプ大統領民主党候補のバイデン前副大統領が別々に参加した15日のテレビ局主催の対話集会で、バイデン氏が出演した集会のテレビ視聴者数が約1390万人で、トランプ氏を約80万人上回った。調査会社ニールセンが暫定値として16日伝えた。メディア関係者の間では、トランプ氏の番組の方が多くの視聴者を引きつけると予想されていた。

 バイデン氏はABCテレビ、トランプ氏はNBCテレビ主催の対話集会に出演。いずれも米東部時間午後8時から全米に生中継された。トランプ氏の番組が1時間だったのに対し、バイデン氏の番組は1時間半だったため、トランプ氏の番組を見終えた視聴者がバイデン氏に流れた可能性もある。

バイデン氏の集会を放映したのはABCのみだったのに対し、トランプ氏はNBCに加え系列のMSNBCとCNBCも放映した。 トランプ陣営は、集会をパソコンやスマートフォンで視聴した有権者も多かったとして、それらの視聴者を勘案しないのは不公平だと主張している。

 対話集会は、15日に予定されていながらトランプ氏の新型コロナウイルス感染の影響で中止された2回目の候補者討論会の代わりに両候補が実施を決めた。両者が直接議論を交わす最後の討論会は22日、南部テネシー州ナッシュビルで予定されている。



f:id:hamamatsu3000:20201020015031j:plain






【感想】

トランプ大統領は、最初の妻との間に、長男トランプJr、長女イヴァンカ、次男エリック、2番目の妻との間に娘のティファニー、現在の妻メラニアとの間に息子のバロン、の5人の子供がいる。上記のトランプジュニア動画は迫力満点である。バイデンは「息子の海外事業に関わったことはない」とアメリカ国民に嘘をつき、不正蓄財して私腹を肥したことを隠蔽した。速攻でトランプ陣営は、この件をテレビCMにして流している。こんなバイデンに大統領候補の資格はなく、刑務所に収監すべき犯罪者であり売国奴である。トランプ大統領の顧問弁護士ジュリアーニ氏が公表したハンターバイデンのメールは、今回の大統領選挙のオクトーバーサプライズとなり衝撃を与えた。最初はツイッターフェースブックは検閲を掛けてバイデンを擁護しようとしたが、上院公聴会から圧力が掛かると、手のひらを返すようにバイデンを見捨てた。こうした状況でもテレビや新聞は、双方のテレビ対話集会に対して、バイデンに軍配と報じている。4年前も直前までヒラリー有利と報道されていた。先月の自民党総裁選でもマスコミは石破の大合唱であったが、結果は最下位となった。今回トランプ大統領が再選すれば、テレビ・新聞のオールドメディアの存在価値はなくなり、バイデンと共に沈んで行く運命となることを自覚すべきである。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

バイデン陣営、感染者相次ぐ

民主党、バイデン氏やハリス氏の周辺でコロナ感染者相次ぐ

https://www.sankei.com/smp/world/news/201016/wor2010160013-s1.html

【ワシントン=平田雄介】11月3日実施の米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領と、副大統領候補のハリス上院議員のスタッフら計3人に新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出た。バイデン陣営の幹部が15日発表した。トランプ政権の感染防止策を不十分と批判してきたバイデン氏らにとって痛手となりそうだ。

 発表によると、ハリス氏が乗った飛行機の客室添乗員とスタッフの計2人の感染が14日夜に判明。バイデン氏の飛行機に今週、同乗した人物1人の感染も確認された。

バイデン氏は同乗者の15メートル以内に近づいておらず、14日夜の検査の結果も陰性だったといい、今後も予定どおり選挙活動を続ける。

 一方のハリス氏は14、15両日の検査でいずれも陰性の結果が出たが、念のため18日までに予定していた長距離移動を伴う選挙活動をとりやめた。オンラインでの活動は続けるという。

 陣営幹部は「候補の検査結果を速やかに公表し、感染経路の追跡調査を実施している」と強調している。

 トランプ氏やその側近たちが感染した経過などに関する情報の開示が不足していると批判されたことを念頭に、政権側との差別化を図っている。



f:id:hamamatsu3000:20201019012753j:plain







【感想】

中国はトランプ再選阻止を狙っているので、少なくとも中国工作員による犯行ではない。この事件は、トランプ大統領の感染とコロナ対策を批判してきたバイデン陣営にとり、ブーメランとなった。コロナを言い訳にして、第3回テレビ討論会もキャンセルする作戦を取るかもしれない。ハンターバイデンのメール疑惑では情報統制により抑え込んでいると勘違いしている。バイデンは実際には劣勢なのに、マスコミによる支持率リードを信じて、頰かむりしたまま逃げ切りを計ろうとしても、そうは問屋が卸さない。4年前のヒラリーは投票日前日まで10ポイント以上リードしていたが逆転された。バイデンが数ポイントのリードならば、トランプ大統領の地滑り的勝利の公算が高い。4年前に悲壮な決意でトランプ当選を祈った重い霊界は既に吹き飛んでいる。今回は明るく楽しそうな応援団が、アメリカの霊界をイケイケルンルン気分に感化する起爆剤となっている。ただ最も感染対策に注意していたバイデン陣営ですら感染させてしまう程、中共ウイルスは、しつこくて感染力が強い。現地で奮闘されている勇士の皆さま、くれぐれも中共ウイルスにはご注意ください。




by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村