露、ドネツク早期制圧は困難か 戦力消耗、米欧支援継続で

https://www.sankei.com/article/20220704-5AYFA7HSPBIP3BZB2OZUCTT4ME/

ロシアによるウクライナ侵攻は、東部ドンバス地域(ルガンスク、ドネツク両州)全域の制圧を主目標に掲げる露軍がルガンスク州全域を掌握し、新たな局面を迎えた。ロシアは残るドネツク州を制圧した上で停戦に持ち込み、新たな支配地域を確定させる思惑との見方が強い。ただ、同州ではウクライナ軍の防衛線が維持されており、露軍の戦闘能力はこれから減衰していくとの分析もある。少なくとも短期間での目標達成は困難な見通しだ。
プーチン露大統領は「特別軍事作戦」の開始を宣言した2月24日の演説で、2014年から親露派武装勢力ウクライナ軍の紛争が続いてきたドンバスの「解放」と「住民保護」が目標だと主張。6月29日にも「目標は変わっていない。作戦完了の期限は設けない」とし、ドンバス掌握が至上命題だとする認識を示した。

(以降、URL参照)








【感想】

ウクライナ戦争は長引きそうであるが、停戦後を睨んだ駆け引きも活発である。トルコは北欧諸国に恩を売り存在感が増した。中国はロシアを助けるポーズを取りながらも、訪露要請を断って、欧米からの制裁の道連れにはならないぞと示した。最も損をした国は、もちろんウクライナであり、国防政策で似ている日本は、もっと危機意識を持つべきであるが、参院選の主要争点になっておらず、今だに平和ボケである。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

米国、ウクライナに高性能防空システム供与へ 1千億円の追加軍事支援

https://www.sankei.com/article/20220702-FR7IR7OIWZNR3CZCFQAGYU7PMQ/

【ワシントン支局】米国防総省は1日、ウクライナに対し、高性能の防空ミサイルシステム2基を含む8億2千万ドル(約1110億円)の追加軍事支援を行うと発表した。米国とノルウェーが共同開発し、首都ワシントンの防空にも使用されている「国家高度地対空ミサイルシステム(NASAMS)」で、国防総省高官は、ウクライナの防空システムが「旧ソ連型から移行を始める」と強調した。
追加支援には、高機動ロケット砲システム「HIMARS=ハイマース」の弾体や、155ミリ榴弾(りゅうだん)砲の砲弾最大15万発、対砲レーダー4基が含まれる。ウクライナへの軍事支援は、ロシアの侵攻開始から累計69億ドル(約9330億円)になったという。

NASAMSは、中距離空対空ミサイルAMRAAMの地上発射型で、米CNNテレビ(電子版)によると、射程は160キロ以上。米メディアは供与までに「数週間から数カ月」かかり、さらに実戦配備までにウクライナ側の訓練が必要になるとしている。

同国のゼレンスキー大統領は6月29日、スペインで開かれた北大西洋条約機構NATO)首脳会議のオンライン演説で、「最新のミサイルと防空システム」の供与を訴えていた。








【感想】

長期化必至のウクライナ戦争で喜ぶ者は軍産複合体だけであろう。ロシアが東部地域を押さえた形で停戦する公算が高い。それまでに、武器を売って、配備しておきたい思惑が見える。ウクライナ戦争は地球の裏側であるが、一歩間違えば、第三次世界大戦を引き起こす可能性すらある。参院選での取り扱われ方が小さくて不満である。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

NPT条約「破滅的な核戦争のリスク制限」と米長官

https://www.sankei.com/article/20220702-RPOUSWGZWFMHFKRBB3IZ4WGMZU/

【ニューヨーク=平田雄介】米国のブリンケン国務長官は1日、核拡散防止条約(NPT)の署名が始まってから54年になるのに合わせて声明を発表し、「NPTは核兵器拡散という迫りくる脅威を食い止める国際的な取り組みに不可欠な基盤を提供し、破滅的な核戦争のリスクを制限してきた」と強調した。
ニューヨークの国連本部では8月にNPT再検討会議が開かれる。ブリンケン氏は会議での米国の立場について、「核兵器のない世界という最終目標」に向け、軍備管理の促進や原子力の平和利用など「世界の危険を減らす上でNPTが果たす不変の役割を強調するだろう」と説明した。

原子力の平和利用は「電力や医療、農業、工業など驚くほど多様な恩恵をもたらしている」と評価し、再検討会議で米国は「NPTの維持、強化のために全ての加盟国と協力する」と述べた。

NPTは米英とロシア、中国、フランスを「核兵器国」と定め、この5カ国以外への核兵器の拡散を防止する条約。また、締約国が誠実に核軍縮交渉を行うことを義務づけ、原子力の平和利用は締約国の「奪いえない権利」と定めている。









【感想】

NPTの理想が建前でなく、本当に機能しているのなら、ロシアが核で脅しをすることもなく、北朝鮮・インド・パキスタンイスラエルなど陰の核保有国が増えることもなかった。アメリカの核だけをターゲットにした平和反核運動の欺瞞には正直ウンザリする。共産主義国家が地上から消滅すれば、核兵器天一国平和軍のみが一元管理することを期待している。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

韓国、「脱中国」鮮明に 尹大統領のNATO訪欧 武器・原発セールス外交展開

https://www.sankei.com/article/20220701-N5UZG6J5CRMV3M7LXBPDWE2NZE/

【ソウル=時吉達也】韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は1日、スペインでの北大西洋条約機構NATO)首脳会議を終え帰国した。滞在中は欧州首脳らとの会談を通じ、武器・兵器や原子力発電の「セールス外交」を精力的に実施。ロシアによるウクライナ侵攻を受けた兵器特需などを狙うとともに、経済成長が鈍化した中国への依存から脱却し、欧州重視に切り替える姿勢を鮮明にした。
「過去20年間韓国が享受してきた、中国輸出を通じた好景気が終わりつつある。中国の『代案』となる市場が必要だ」。尹氏に同行した大統領府の崔相穆(チェ・サンモク)経済首席秘書官は、記者団に今回の訪欧目的が欧州市場の開拓にあると強調し、「脱中国」を宣言した。

尹氏の多国間外交デビューの場は、韓国輸出産業の主力である半導体に続く2つの「新産業」セールスの始まりと位置づけられた。
1つは、安保上の脅威にさらされる欧州で需要が高まる防衛産業だ。韓国は昨年、武器輸出が初めて輸入を超過。すでに世界有数の輸出国となっており、「今後5年で世界3、4位の防衛産業大国になる」(崔氏)ことを目標に掲げる。

(以降、URL参照)







【感想】

明らかに文在寅の時代よりも改善している。ミクロも激しい戦いがあり、日本も参院選一色である。韓国はファースト・レディーのファースト・インプレッションでだいぶ得をしていると思う。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

NATO新時代 安全保障で二つの脅威、二つの不安

https://www.sankei.com/article/20220630-5JU6QVFMLBPCJIMRBEKAPEKCGI/

欧州とインド太平洋が、安全保障の弧で結ばれた。29日に開幕した北大西洋条約機構NATO)首脳会議は、まさに「歴史的」と呼ぶのにふさわしい。
NATOが採択した戦略概念はロシアを脅威とみなし、中国についても「体制上の挑戦」を突き付けていると明記した。NATOには北欧のフィンランドスウェーデンの加盟が固まり、日本や韓国、オーストラリアなどアジア太平洋のパートナー国が寄り添う。地球儀を見れば、中露を大きく囲んでいるように見える。2陣営に分かれた世界を「新冷戦」と呼ぶ専門家もいる。

(以降、URL参照)








【感想】

トルコがNATO寄りの態度を取ったことが大きい。もしトルコがロシア・イラン寄りの行動を取り、イスラエルと対立するようになれば、ウクライナ戦争がエゼキエル戦争さらには核兵器使用までエスカレートする危険性を危惧していた。三大王権の勝利圏が、こうした分野でも影響力を及ぼし、トランプ大統領が再登板して解決してくれるまで時間稼ぎをしているように感じた。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

トルコがフィンランド、スウェーデンNATO加盟支持で合意 反対から一転

https://www.sankei.com/article/20220629-DZLHUW5BIZNZPKU3LJNXIRKXK4/

マドリード=板東和正】北大西洋条約機構NATO)のストルテンベルグ事務総長は28日、スペインのマドリードで記者会見し、トルコが北欧フィンランドスウェーデンの加盟を支持することで合意したと発表した。加盟に反対していたトルコが賛成に転じたことで、北欧2カ国の加盟の実現はほぼ確実となった。北欧2カ国の加盟により、NATOバルト海における防衛能力を飛躍的に高める見通しだ。
トルコのエルドアン大統領と北欧2カ国の首脳は28日に会談し、加盟をめぐる問題について協議。ストルテンベルグ氏は会談後の会見で「フィンランドスウェーデンNATO加盟への道を開く合意が成立した」と表明した。

ウクライナに侵攻したロシアの脅威が高まる中、軍事的中立を掲げてきた北欧2カ国は安全保障政策を見直し、5月にNATOの加盟を申請した。トルコは北欧2カ国がトルコの少数民族クルド人の非合法武装組織「クルド労働者党」(PKK)など「テロ組織」に資金・武器を供与しているなどとして加盟に反対。NATO加盟には、加盟30カ国全ての同意が必要なため、北欧2カ国の加盟に向けた手続きが停滞していた。
北欧2カ国のNATO入りに反対する他の加盟国はないことから、英BBC放送は「(トルコの合意によって)最大の障害が取り除かれた」と報道。加盟国は29日から実質的な議論が始まるNATO首脳会議で北欧2カ国の加盟を歓迎し、加盟承認に向けた手続きに移行するとみられる。

(以降、URL参照)








【感想】

外交と軍事は一体化している。戦争の前哨戦が外交交渉である。ロシアを抑え込もうとする勢力が、トルコ・フィンランドスウェーデンを合意させた。ヨーロッパが和平に向かえば、益々東アジアの注目が高まる。中国共産党は台湾侵攻をするために、始めに尖閣に上陸し、日本に最初の一発を撃たせて、台湾の要請で台湾と協力して、日本に対抗し、結果的に台湾を飲み込むシナリオを検討しているという。日本に具体的な対抗策はあるのだろうか。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ウイグル弾圧内部資料 習氏ら党中央の指示浮き彫り

https://www.sankei.com/article/20220627-CBSR4ZSQ3ZLGBIJAF4PMC3MO4U/

中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区の公安当局から大量流出した内部資料は、少数民族ウイグル族への過酷な弾圧の実態にとどまらず、弾圧が習近平総書記(国家主席)ら共産党中央の指示に基づく政策であることを、これまで以上に浮き彫りにした。
中でも注目されるのは、自治区トップの陳全国・党委員会書記と中国公安トップの趙克志・国務委員兼公安相(いずれも当時)の発言を記録した3つの資料。発言では「習総書記」「党中央」の言葉が多用された。

(以降、URL参照)








【感想】

ウイグル弾圧の内部資料が流出し、またひとつ証拠が積み重なった。強制収容所から奇跡的に生還し、命懸けで証言する方も少なくない。人工衛星からの収集データも膨大な量である。この期に及んで、ウイグル弾圧はフェイク情報だとほざく輩はサタンの手先である。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村