米上院議員、ウクライナより台湾に支援優先を 中国の台湾侵攻に危機感

https://mb.epochtimes.jp/2022/12/127278.html

ジョシュ・ホーリー上院議員は6日、ブリンケン国務長官宛に書簡を送り、ロシアによる軍事侵攻を受けるウクライナへの支援よりも、中国からの軍事的威圧にさらされている台湾に武器を提供すべきだと主張した。もし中国の台湾侵攻が成功すれば、「米国の国家安全保障だけでなく、経済安全保障や行動の自由にも深刻な影響を与える」と危機感を示した。
現在、米国は「非対称兵器」に分類されるジャベリン対戦車兵器やスティンガー地対空ミサイルを優先的にウクライナに送っており、過去数年間で取り決めた台湾への武器売却の予定に大幅な遅れが生じている。米紙ウォールストリート・ジャーナルによれば、台湾に対する米国の兵器未納規模が一年前の140億ドルから187億ドルに膨れ上がっているという。










【感想】

アメリカ上院議員には、最もな正論を発言する人もいるものだ。ウクライナ戦争は事実上NATO対ロシアで最大の被害者はウクライナ国民であるが、もし台湾有事となれば、戦争初期段階では、中国vs台湾となるが、台湾軍がそこを必死に持ち堪えれば、中盤段階では事実上、中国vs米台日となり、人的被害とともに経済的被害も甚大となる。更には終盤段階では、様々な要因から色々な展開が考えられるため予想は困難である。だからウクライナ支援よりも台湾への武器輸出の方が抑止力になると主張している。しかしメディアはゼレンスキーを持ち上げ、タイム誌は年始の表紙にした。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

中国人権侵害を究明する超党派議連が設立 「臓器収奪にも取り組むべき」=議員

https://mb.epochtimes.jp/2022/12/127182.html

中国共産党政権による人権迫害の実態を究明し内外に発信するため、少数民族と人権に係わる4つの国会議員連盟が連携する超党派議連が5日、立ち上がった。発起人には高市早苗経済安全保障相や古屋圭司公安委員長が名を連ねる。
海外の人権侵害加担者に制裁を課す「マグニツキー法」の制定も検討するほか、米欧非政府組織(NGO)団体などと連携して弾圧の実態を告発する。参加する議員は、医療ビジネスとして今なお続く臓器収奪への対応も視野に入れるよう提言した。








【感想】

岸田内閣、国会議員、最近の動向は良いと思う。岸田は防衛費増額を明言し、高市氏や古屋氏らは中国の人権侵害を断罪した。これは米国の情報機関が台湾侵攻が近い確かな証拠を掴み、その際に尖閣や周辺諸島が戦場となるため、米軍兵士の犠牲を少なくするため、DSは岸田にエマニュエル駐日大使を通して、軍拡許可ではなく、軍拡命令を伝えたと見ている。そして親中派公明党の影響力を軽減させるため、国民民主を取り込もうかどうしようかと、公明党に揺さぶりを掛けている。とりわけ臓器収奪は、人間ならば誰でも身の毛もよだつ悪業なので、この問題に真正面から取り組む意義は大きい。まず習近平国賓来日は消え去る。防犯システムを強化して困る者は強盗だけである。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

米空軍、新型爆撃機「B-21」初披露 国防長官「米国の優位性の証」

https://mb.epochtimes.jp/2022/12/126859.html

米空軍は2日、最新鋭の戦略爆撃機B-21」を初めて公開した。核兵器搭載可能で高いステルス性も備え、無人飛行もできるよう設計された第6世代機だ。他の軍用機との連携を図る高度なネットワーク機能もあり、中露を念頭にした米軍の抑止力の一翼を担う。
除幕式は開発製造元であるノースロップ・グラマン社の製造工場があるカリフォルニア州パームデールで行われた。新型爆撃機の導入はB-2以来30年ぶりとなる。1機当たりの調達価格は7億ドル(約940億円)近くと見込まれ、100機の製造が予定されている。








【感想】

およそ爆撃機とは思えぬ機体形状と高価格で度肝を抜かれたが、ようやく披露された。ステルス性が重要な要素であり、敵に探知されないで中枢部まで侵入して爆撃できるとすれば、強力な抑止力になる。お披露目はされたが、初飛行は2023年、実戦配備は2025年以降となる。ステルス機の威力を思い知ったのは、1991年の湾岸戦争におけるF-117の活躍であった。大きな成果を挙げながら、全く被弾せず新時代の到来を予感した。B-21は空飛ぶエイのようでもあり、その不気味さは習近平を震え上がらせるだろう。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

中国共産党の人権侵害は「内政問題にとどまらない」 参院で決議

https://mb.epochtimes.jp/2022/12/127034.html

参議院は5日の本会議で、中国共産党が弾圧政策を続ける新疆ウイグル自治区チベット等の地域における人権状況に懸念を示す決議を採択した。信教の自由への侵害などは国際社会の正当な関心事項であるとし、内政問題にとどまらないと強調した。
自民党や国民民主党日本維新の会立憲民主党などの賛成多数で採択された。「深刻な人権状況に象徴される力による現状の変更」は国際社会に対する脅威であるとの認識を示した。








【感想】

かつてウイグル問題で国会は、中国非難決議案の採択に公明党など親中派が頑強に抵抗し、骨抜きにしていた。それを思うと隔世の感さえ感じる。国民民主党との連立が噂される中、公明党も不合理な主張はできなくなったのであろう。山口敬之氏によれば、岸田内閣は4人の主人に仕える忠実な犬であるという。優先度もあって、①アメリカ②中国③財務省④大手メディア、だということは、参院で決議するからには、アメリカから外圧が掛かったと見るのが自然である。場合によっては、台湾有事が近いという証拠が示されたのかもしれない。左寄りの政党まで反撃能力保有に関して前向きになっている。北京五輪閉幕直後にウクライナ紛争が起きたことを考えると、FIFAカタール大会決勝戦12/19直後も危険だと感じるが、私はお父様御聖和10周年の8/14から4ケ月目に当たる12/14も危険ではないかと思っている。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

イベルメクチンの真実:新型コロナ「奇跡」の治療薬?悪名高いデマ?

https://mb.epochtimes.jp/2022/12/126090.html

イベルメクチンは「驚異の薬」として歓迎されてきた。ユネスコの世界科学報告書によれば、「発展途上国でこれまでに行われた中で最も成功した公衆衛生キャンペーンの 1つ」として位置づけられてきた。
しかし、新型コロナウイルスの大流行が始まって以来、米国国立衛生研究所(NIH)と関連する保健当局は、イベルメクチンをウイルスに対する潜在的治療薬として推奨しない姿勢を示している。








【感想】

コロナもワクチンも酷いものだ。中国の武漢生物兵器研究所から漏洩したウイルスが世界に蔓延し、更に恐ろしい悪魔の物質ワクチンを人体に注入して、ワクチンパスポートで管理社会を作ろうとしている。最初に矛を売りつけ、その後で盾まで押し売りしようとしている。この様な状況でも救いの薬は登場するもので、ノーベル賞学者・大村智博士が開発したイベルメクチンはワクチンよりも数倍有効である。これを推奨しないどころか阻止しようとする保健組織は、人々を奈落の底に突き落とそうとする悪意すら感じる。さて鉄杖祝祭はサタンと戦う切り札であるが、ワクチンを打たされるくらいなら、鉄杖祝祭への参加を見送る苦渋の決断をされた二代王様の心情を重く受け止めたい。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

カナダ、中国「海外警察」めぐり大使を繰り返し召喚…「さらなる措置も」

https://mb.epochtimes.jp/2022/12/126578.html

カナダ国際関係省のウェルドン・エップ氏は11月29日、中国共産党当局が非公式に設置している海外警察署をめぐり、中国大使を召喚して懸念を伝えていることを明らかにした。中国側が適切な対応を取らない場合、さらなる措置を講じる用意があると述べた。
エップ氏は、カナダ議会下院のカナダ・中国委員会で「中国大使を繰り返し呼び出し、深い懸念を伝えてきた」「中国政府に対し、カナダ国内でのウィーン条約に違反するいかなる活動も、責任を取り中止させるよう正式に要求している」と述べた。







【感想】

中国共産党が海外に逃亡した裏切り者を取り締まり帰国させるために、勝手に海外警察署を設置した。国家主権を侵害する恐ろしい行為である。法律の域外適用は、日本に住んでいると想像もできない。警察と呼ぶと正義の味方のような響きがあるが、実際には中国本土に住む家族を人質にして海外にいる中共にとって気に食わない中国人を脅して帰国させ、締め上げて仲間の情報を吐かせる反社組織である。これが国際刑事警察機構ICPOとも繋がっていることも恐ろしい。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「1ミリでも…」サッカーワールドカップで命運分けたルールの〝境目〟 他競技では

https://www.sankei.com/article/20221202-UZGQSFMVNBCORBIGVIU33ZVV3E/?outputType=theme_qatar2022

「1ミリでもかかっていたら…」。サッカーのワールドカップ(W杯)で日本が決勝トーナメント進出を決めたスペイン戦の劇的な得点シーンが話題となっている。三笘選手が蹴ったクロスボールはゴールラインを割っていたのかどうか。ルールの「境目」が文字通り大勝負の命運を分けた格好だ。
問題のシーンは後半6分。攻める日本は、ペナルティーエリア左から三笘が折り返し、田中がゴールに押し込んだ。主審は三笘が蹴る前にボールがゴールラインを割ったと判断したものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)は、ボールの一部が約10センチの幅があるライン上にわずかにかかっていると判定。貴重な決勝点に結び付いた。

(以降、URL参照)








【感想】

ワールドカップサッカーは、私にとって単なる娯楽ではなく、国家的な運勢判断となっている。優勝4回のドイツと2010年優勝のスペインを撃破して、コスタリカに敗れる結果を誰が予想できたであろうか、次戦は前回準優勝のクロアチアとなった。アジア勢の最高順位は2002年の韓国のベスト4であるが、不正疑惑があって堂々と胸を張れない。今日の2点目はラインを割りそうなボールを三笘選手が諦めず紙一枚セーフでクロスを上げて押し込んだ。劇的なゴールであった。私は退屈なテレビ解説の音声を絞ってAbemaTVの本田圭佑氏の解説を聞いていた。聞きやすくて質の高い解説に将来の代表監督就任を予感した。クロアチア戦でも日本の国運を懸けて、全力で応援しようと思っている。




by ロード



クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村