読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靖国神社について思うこと

ウィキペディア靖国神社
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/靖国神社

ウィキペディア靖国神社問題」
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/靖国神社問題


馬渕睦夫氏は、日本がジャパンファーストを掲げるならば、まず靖国神社を参拝しましょうと主張されていました。

ところで、なぜ、総理らが終戦記念日などに靖国神社を参拝すると、中国や韓国は異常なほど激しく反発するのでしょうか。

中国では、「先の大戦では日本帝国の軍部が天皇や日本国民をたぶらかし周辺国に多大なる迷惑を掛けた。軍部の中でもA級戦犯が首謀者であり日本国民も被害者となった。」と中国人民に教えている。A級戦犯が合祀されている靖国神社を国家の代表である総理や閣僚が参拝すれば、中国の国内向けの説明で辻褄が合わなくなり反発する理由となった。っと中国の友人から聞いたことがありました。

尊い命を国家のために捧げた戦没者に対し、国家の代表が尊崇の念を込めて慰霊することは諸外国においては当たり前の行為であり、外交問題となることはありません。

では、A級戦犯分祀してはどうか。政治色宗教色の薄い国立の戦没者慰霊施設を新たに建設してはどうか。など議論はありましたが、様々な問題もあり実現には至っておりません。


正直申しまして、靖国神社参拝の問題は難しいと感じております。どなたか、亨進様国進様への質疑応答で、「靖国神社へ参拝すべきでしょうか、参拝すべきではないのでしょうか。」と伺って頂けないかと思っております。エルダーさんのブログが休止中となっていることが残念です。

また、お父様をメシアと信じている方から、お父様は、靖国についてこのように語られました、その真意はこうでしたと教えていただきたいなと思っております。

ただ、参拝する国会議員には保守系の方が多く、左翼系の国会議員は参拝しない現状を考えると、靖国神社参拝することがみ旨寄りではなかろうか。と推測しています。

by ロード


クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村