米最高裁判事、承認手続き進行中

最高裁判事手続き強行へ 上院は一時休会に

https://www.sankei.com/smp/world/news/201004/wor2010040008-s1.html

米上院の共和党トップ、マコネル院内総務は3日の声明で、トランプ大統領新型コロナウイルス感染判明後、同党上院議員の感染者が続いていることを受け、上院を18日まで休会とする方針を示した。民主党が反発する12日からの次期最高裁判事承認に向けた司法委員会は開催する。感染議員3人のうち2人は同委所属のため、強行開催に批判の声が出ている。

 9月26日にホワイトハウスで行われた最高裁判事指名のイベントなどでクラスター(感染者集団)が発生した疑いが濃厚になっている。トランプ氏が大統領選を1カ月後に控えた時期に、保守派バレット氏を最高裁判事に指名したことに対し、民主党候補バイデン前副大統領は大統領選の勝者が指名すべきだと訴えている。

上院の民主党トップ、シューマー院内総務はツイッターで委員会開催を「無謀で危険すぎる」と批判。マコネル氏はオンライン参加を交えて司法委を開催できるとした。(共同)




f:id:hamamatsu3000:20201006024802j:plain







【感想】

最高裁判事に欠員が生じれば、現職大統領が指名し、上院の承認を経て就任すると法律に定められている。「最高裁判事は、大統領選挙の勝者が指名すべき」とバイデン民主党は主張するが、法的な根拠はない。9月26日のバレット氏の最高裁判事指名イベントでトランプ大統領を始め政府要人が感染した。ここに中国工作員の関与の有無の調査が始まった。もし投票日前に、中絶反対・銃規制反対のバレット氏が就任すれば、トランプ大統領の大きな実績となり、揺れているキリスト教福音派が一枚岩となってトランプ支持を打ち出し、大統領選挙の大勢が決する。現在、米上院は共和党過半数を占め、上院トップのマコネル院内総務は、突如キーパーソンとなった。9月22日までに上院司法委員会を通すことができれば、バレット氏の就任に向けて視界良好となる。前回の最高裁判事に指名されたカバノー氏の際には、フェイクスキャンダルで承認までに3ケ月を要した。民主党中共ウイルス感染の危険性があると言って、司法委員会開催に抵抗しているが、マコネル氏は法に則ってオンライン参加を交えて、投票日前の就任を間に合わせる決意を示した。マスコミは法律に定められた手続きでも「強行だ」と主張する偏向報道で世論に印象操作を働きかけている。今や大統領選挙の主戦場は、最高裁判事の承認問題に移り、伸るか反るかの熾烈な闘いとなっている。





by ロード




クリックして応援してね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村